関大スポーツ編集局

21 ~ 30件 / 38 件

新たな自分へ

2016年4月。私は期待と不安を胸に、関西大学に入学。当初はカンスポのことなど知らなかった。小中高続けてきたソフトテニスを大学でもしたいと思い、ソフトテニスサークルに入ろうと思っていた。 入学式の次の日。どんなサークルが …

もっと見る

カンスポに出会って

高校3年生の春。私はなんとかテニス部を最後までやり遂げ引退した。日曜日も朝早くから日が暮れるまでコートに立ち、真っ黒に焼けるまでテニスに打ち込んだ。戦績を残すことはできなかったが、高校生活の中で最も大きな思い出だ。しかし …

もっと見る

KAISERSとともに

 カンスポとの出会い。私は関大の付属高校に通っていたこともあり、同期の誰よりも早くカンスポを目にしていたはずだ。自ら何かを作り、それを人に発信する。そんなことを将来仕事にできたらな、と思っていた私にはぴったりだった。しか …

もっと見る

私とスポーツとカンスポ

「柴ちゃん(私のあだ名)正直、部活やめると思ってた」。これは中学の頃にテニス部で共に過ごした、幼馴染の言葉だ。テニス部に入部した理由としては、小学生の頃にテニススクールに通っていたからということと、友達が入部したこと。そ …

もっと見る

1ショットに思いを込めて

関大スポーツにはたくさんのカメラがある。重さや大きさなど様々で、取材には欠かせないものだ。 関スポに入部して、初めて一眼レフカメラを触った。もちろん明るさや色の設定などなに一つわからない。その日撮った写真に使えるものはほ …

もっと見る

カンスポという新たな出会い

桜の花も見ごろを迎え、春の選抜高校野球も今日、奈良の智弁学園が延長戦の末に初優勝という形で幕を閉じた。プロ野球も開幕し、白熱した戦いに一喜一憂する日々を過ごしている。明日からは4月となりいよいよ春本番。関大では入学式が行 …

もっと見る

新たなスポーツライフ

私のスポーツ人生は、いつも中途半端だった。   大泣きして、スクール初日で辞めた水泳。同級生とそりが合わず1年で辞めたバスケ。3年も続けたにも関わらず、段位を取らずに引退した剣道。メンバーが揃わず、入部すら諦め …

もっと見る

周囲への感謝

 小学生のときに立て続けに妹弟が生まれ、中学生になると、共働きの両親に代わって家事をすることがぐんと増えた。高校では、料理の勉強と受験勉強、合間に友達と過ごす時間を組み込むだけで1日が終わってしまう。気付けば小中高通して …

もっと見る

今日もスポーツと共に

2013年8月19日。高校に居場所を失った私は、甲子園球場のバックネット裏にいた。学校という存在に嫌気がさし、制服を脱ぐ決意をした高校2年の夏。小学1年から続けた野球も辞め、行くあてのなかった私を救ったのは、夢舞台で全力 …

もっと見る