【準硬式野球】打力の差見せつけられ、連敗喫す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西六大学春季リーグ第3節対同大2回戦◇4月4日◇同志社大学京田辺グラウンド◇

同大 002 210 000=5
関大 000 000 200=2

(同)山下、青木―松本憲
(関)駒谷、小川、吉田―瀧上

2回戦が行われる予定であった3日は雨が降っていながらも、試合は敢行されていた。前のカードとなる関学大対神大の試合が終わり、一塁側で試合に向け、キャッチボールを続けていたメンバーにアナウンスで今日の試合は中止であることが伝えられた。そして、翌日の今日、温かな日差しが差し込む同大グラウンドで試合が行われた。

関大の先発は駒谷。ボール球が先行する場面も見られたが、走者を出しながらも内野ゴロに仕留め、まずまずのスタートを切った。関大は2回に2死から6番・瀧上がこの試合初めての安打で出塁する。しかし、2回終了までの6人の打者に対しては少ない球数で打ち取られていた。
そして、3回、相手の1番打者を四球で歩かせると、次打者の初球に盗塁を決められた。2球目はバッテリーエラーで三進され、ピンチを背負う。ここで関大サイドは一旦間を置くも、中前打を放たれ、先制点を許す。さらに、二遊間を破る安打と足を使った攻撃でもう1点を追加されてしまう。2点は失ったものの、内野陣の落ち着いたプレーでひとつひとつアウトを確実に取り、それ以上の失点はさせなかった。
4回には先頭を中安打で出塁させるも、2死まで追い込む。ここで、駒谷から小川にスイッチ。迎えた1番・福井に左越2点本塁打を浴び、4点差とされてしまう。また、5回には1回戦の活躍から打順を一つあげた4番・岡本のソロ本塁打で0-5の劣勢に立たされる。

「相手投手はスライダーを低めに集めていた」(深井主将)。ワンバウンドの球に手が出てしまい、早い段階で2ストライクに追い込まれてしまう場面が目立った。6回までわずか2安打に抑え込まれ、相手投手に苦しんでいた。何とかして反撃の糸口をつかみたい関大は、終盤の7回に5番・木下が死球で出塁。6番・瀧上は二ゴロに倒れるも併殺はまぬがれた。2死となって、8番・酒井宏はしっかりボールを見極め四球で出塁。2死一、二塁の場面で代打・遠富を送り込む。1球目は見送るも、2球目に投じられたスライダーをレフト方向へ打ち返した。二塁走者の瀧上が生還し、1点を加えた。「初めての打席で結果を残せてうれしかった」と遠富。2塁に到達すると喜びをあらわにした。深井主将も「スタメンがあまり打てていない中でよく打ってくれた、あれでチームが勢いづいたと思う」と今季初打席初打点となった遠富を称えた。そして、打順は1番に返り、笹山。打った打球は三ゴロかに思われたが、相手三塁手の失策で出塁に成功し、2-5とした。2死一、三塁とさらにチャンスが続いたが、続く倉井はファールで粘るも最後は空振りの三振。悔しさをにじませた。
8回には、3番・笹峰が二塁打、4番・瀬川は振り逃げで無死一、三塁とし、逆転のチャンスを作り上げた。しかし、後続は内野ゴロに打ち取られ、スコアボードに0が表示された。

この後もスコアは変わらず2-5で試合終了。同大に対し、2連敗となった。試合後深井主将は、「逆転するチャンスは十分あった。今日の試合は打力の差を感じた」と口にした。これまで首位にいた関大だが、3節終了時点で立命大と同率の2位になった。春季リーグ戦も残すところあと2節。依然として負けられない戦いが続くが、一戦必勝でチーム一丸となって最高の結果をつかみにいきたい。【吉田佳奈】

▼深井主将
「昨日は今日の投手の対策であったり、雨が降っていて体を動かせない状況だったので、バットを振って準備をしていた。相手投手はスライダーを低めに集めていて打者はワンバウンドを振ってしまっているという印象だった。今日の試合は打力の差を感じた。相手はワンチャンスで安打を出してつないで複数得点を挙げられて、劣勢になった。今日は本塁打を2本打たれて圧倒的な差が出たかなと思う。先発の駒谷はあまり変化球が入っていなかった。そのためストレートを打ち損なわずに振ってきていた。甘い球は見逃さず打たれたのでそこが痛かったかなと思う。二番手の小川は球が走っていた。2死二塁と追い込んでいたが、高めに浮いた球を本塁打にされたのは反省点。吉田は今日一番良かったのではないかと思う。落ち着いて放れていたので守っていて安心した。7回は遠富が代打という難しい役割で出たのによく打ってくれた。スタメンがあまり打てていない中でよく打ってくれた、あれでチームが勢いづいたと思う。5点差ではあったが、逆転するチャンスは十分あった。8回も1死一、三塁の場面があったのに追い付けなかったのが課題。同大はワンチャンスをものにしていたので、そこの差が点数に出た。代打陣があまり打てていなかったので、今季初打席の遠富が代打でしっかり打ってくれたことが収穫だった。次節は負けられない状況。しかし、優勝の可能性は残されている。残りの2節集中して準備をして優勝を取りたいと思う」

▼遠富
「代打は前の打順の酒井宏でチャンスが広がればいくよと言われていた。準備はできていた。リーグ初打席だったので思い切りいきたいなと思っていた。相手は良い投手だったので、スライダーに絞っていた。初球から思い切り振ろうと思っていたが、思っていた球じゃなかったので我慢した。同志社グラウンドは狭いので高めには投げてこないかなと思っていたので意識としては低めを打ちたいなと思っていた。スタメンが低めのスライダーに苦しんでいるのを見ていたが、打ちやすそうなスライダーだったので打った。打った瞬間はあまり覚えていないが、初めての打席で結果を残せてうれしかった。自分がきっかけとなって、後の打者にはつないでくれという気持ちだった。自分が打ててもチームが勝たないとという気持ちはあるが、代打陣が過去にもあまり打てていなかったので、代打の面目を保てて良かったなと思う。(次節以降は)前打てたからとたるんでしまうのではなく、1球1球に集中し、気持ちを込めていきたい。そうすれば結果はついてくると思う」

IMG_3091k

IMG_3393sa

IMG_3364to

IMG_30893s

IMG_3442ssm