【ソフトボール】投打に圧倒!今季2勝目挙げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ第4節対四天大◇10月22日◇サザンスタジアム◇

四天大 000 00 =0
関 大 304 1X =8

ようやく王者らしい試合が展開された。今秋から1部に昇格してきた四天大相手に、投打がしっかりとかみ合い圧倒。降格圏争いから一歩抜け出した。

先制したのは関大。初回、2死から3番・川添が四球で出塁。また、相手投手の暴投もあり二塁へ進む。ここで、4番の新宮がきっちりと右前にはじき返し先取点を奪取。続いて、この日先発登板の5番・松田が打席に入る。「上がりすぎたと思った」という打球は、風にも乗り左中間方向へグングンと伸びフェンスオーバー。まさに二刀流の活躍で自らに2点の追加点をプレゼントした。
img_6748

img_6773

img_6781

三回にも打線がつながる。先頭の1番・高城の中前打、さらに2番・黒田の左飛と思われた打球は相手がエラーし、無死二、三塁のチャンスが生まれた。ここで、前の試合で満塁の好機で凡退し名誉挽回に燃えていた川添が左翼線への2点適時三塁打を放つ。2死になるも、6番・黒木、7番・川村にも連続適時打が飛び出してこの回4点を奪った。
img_6935

img_6987

img_7000

続く、四回。黒田が豪快なスイングで右翼越え本塁打を叩き込みダメ押し。関大は、この試合7安打ながら、効果的に得点を重ね8得点を奪った。
img_7034

img_7056

先発の松田は緩急を生かしたピッチングで相手打線を寄せ付けない。散発4安打に抑え完封。今季初先発をさすがの内容で終え、チームに勝利をもたらした。
img_6622

四天大に完勝し今季2勝目。だが、まだダブルヘッダー2戦目の神院大の結果次第では入れ替え戦に回ってしまう可能性がある。関西の雄として、面目を保つため絶対に負けられない戦いが続く。【文/写真:嶋健太朗】
img_7157
※ダブルヘッダーのため、コメントは2試合目の記事に掲載いたします。