【サッカー】[なでしこ]京都文教大から初勝利!Bブロック1位通過を決め、1部昇格への階段を駆け上がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西女子学生秋季リーグ2部Bブロック第3節対立命大◇10月23日◇立命館大学原谷グラウンド◇

 

【前  半】関大 1-0 京都文教大

【後  半】関大 0-0 京都文教大

【試合終了】関大 1-0 京都文教大

 

1部昇格を目標に掲げてきた関大なでしこ。今日の相手は1度も勝ったことのない京都文教大だが、上位リーグ進出、そして1部昇格を果たすためには勝たなくてはならない相手だ。

 

「もともと引き分け以上で1位通過ができる状況だったので、プレッシャーがなかったのも大きい」(足高監督)と語ったように選手達は、前半からボールを支配し、果敢にゴールを狙う。関大最初のシュートはMF橋本。DF岸本の左サイドからのパスにあわせるもゴールとはならない。開始11分過ぎ、相手の強いブロックにあい、橋本が負傷退場するアクシデント。苦しい状況が続く中で、好機は開始15分に訪れた。DF河崎の右サイドからのコーナーキック(CK)にMF吉田があわせ得点。その2分後、FWゴギ-がシュートを放つも、キーパーのスーパーセーブにあい得点とはならない。追加点が奪えない中で迎えた30分。ゴール前に選手達が集まり追加点が狙える状況を迎える。相手ディフェンスの隙を突き、キーパーがいないゴールに吉田が右サイドからシュートを放つも、左ゴールポストに弾かれ決定機を逃す。前半は、ボールの支配率が高く、シュートを打つも試合序盤の1点にとどまる。

 

 

1点リードで迎えた後半。相手に攻め込まれなかなか追加点を奪えない。しかし、その中でも「絶対勝つって気持ちがあって、集中して守り切れた」(村田女子主将)と相手に得点を与えることはなかった。後半のシュートはわずか4本に終わったものの、守り切り上位リーグ進出を決めた。「自分たちの出来ることはやれたかなと思う」と村田は満足げに語った。

 

 

「一度も勝てていない相手に勝てたことは自信になるけど、反省点が多い試合だと思う」と足高監督は、喜びはしなかった。1部昇格の目標に向け、関大なでしこは上位リーグへ立ち向かう。【文:奥井健太/写真:高橋良輔】

 

▼足高監督

 

「もっと点を取りたかった。前半は70%ぐらいボールを支配している中で、1点止まりに終わってしまった。そこは課題。でも、前半にけが人が出てアクシデントもあったけど、サブも出せて大きなミスもなくできた。もともと引き分け以上で1位通過ができる状況だったので、プレッシャーがなかったのも大きい。一度も勝てていない相手に勝てたことは自信になるけど、反省点が多い試合だと思う。春に(1部に)上がることができなくて勝つことだけを考えてここまで厳しくやってきた。このチャンスを生かせるようにしっかりと頑張りたい」

 

▼村田女子主将

「一回も勝ったことない相手に勝ち切れたのは良かった。自分たちは前からどんどんかけていって、ボールをつないでいく中で他が飛び出していくプレーを心掛けている。勝ったことがなかったからといって特にプレースタイルを変えることはなかったが、自分たちの出来ることはやれたかなと思う。セットプレーを試合前に意識していて、新しいセットプレーもあった。絶対勝つって気持ちがあって、集中して守り切れた。(次の試合に向けて)1回も勝ったことがない相手だと予想している。強い相手にもひるまないように、再来週の試合に向けて自分たちのプレーを見つめ直す」

 

▼吉田

 

「上位リーグに進むために、全勝で勝ちたかったからよかった。今日は、相手の背の高い2番のロングパスをつぶすことを意識した。(得点について)今までやってきた形で、自分自身コーナーで、(点を)とったことがなかったのでとれてよかった。声をかけてみんなで守り切れていた。次は、どちらであっても勝ったことがないので厳しく詰めていきたい」