【バレーボール】接戦も勝ち切れず リーグ最終節全員で勝利をつかむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2016年度関西大学連盟秋季リーグ戦2次リーグ第4節対神院大◇10月22日◇龍谷大学体育館◇

【第1セット】関大23―25神院大
【第2セット】関大19―25神院大
【第3セット】関大25―22神院大
【第4セット】関大18―25神院大
【セットカウント】関大1―3神院大

ここまで2次リーグ3戦を終えて1勝2敗。入替戦に回らないためにも残り2試合、勝つことだけが求められる。「絶対に勝ちたい」(植田)。強い思いをもって、選手がコートに立った。

img_6678w

今日の相手は同じく2次リーグ1勝2敗の神院大。レベルが均衡しているだけに、最初にリズムをつかみたい。第1セット、米倉がチーム初得点を奪うと、ここからいきなり5連続得点。

img_7039w

大事な序盤でリードし、幸先のいいスタートを切る。特にこの日はアタッカー陣が絶好調だった。ブロックでワンタッチをとり、スパイクで確実に加点。植田、関原がポイントゲッターとなり、チームをけん引する。

img_7022w

このまま第1セットを奪うかに思われたが、その後は粘り強くボールをつなげる相手に苦戦。ラリーを次々と落とし、最大6点あった点差を追いつかれた。最後もミスが響き、23―25で第1セットを奪われる。

悪い流れを第2セットでも断ち切れない。序盤に連続得点を許し、1-7。徐々に粘り強さを発揮してつなぐバレーを披露するも、立ち上がりに開いた点差はあまりにも大きかった。このセットも落とし、後がなくなる。しかし、この日の関大はこのままでは終わらない。ベンチ、応援席からは声が途切れることなく、チームメイトを後押し。

img_7431w

誰一人諦める選手はいなかった。コート上では関原の存在感が群を抜く。

img_6996w

勝負どころでのスパイクが光り、何度もチームを救った。第3セットでも先頭に立ってチームを引っ張り、これに奮起するかのように周りの選手も息を吹き返す。植田のスパイクに山田のフェイントも決まる。

img_6942w

チームの象徴である笑顔が自然とコートに広がり、勢いを加速させた。

img_6730w

最後は25―22でこのセットをものにし、反撃ののろしを上げる。

このまま逆転勝利に突き進みたいところだったが、逆襲もここまで。第4セットでは、ミスや勝負どころでのスパイクを決め切ることができなかった。セットカウント1-3で敗れ、2次リーグ3敗目を喫した。入替戦に回ることが濃厚になったが、明日はリーグ最終節。植田は「後悔しないように思い切って頑張りたい」と意気込んだ。負けたままでは終わらない。1部残留を勝ち取るためにも、まずは明日の最終戦、チーム全員で勝利をつかみ取る。【文:高橋良輔/写真:柴村直宏】

▼植田
「入替戦に回らないためにも絶対に勝ちたいと思っていた。でも、思うような形にいかなかった。最後OBの方も言っていたように、チーム競技だけど一人ひとりが強くならないといけない。大事なところで4回生が足を引っ張ってしまった。全員が負けたくないと思ってやっていたと思うけど、技術も相手とそんなに差がない中で、勝負どころでの気持ちの弱さが出てしまった。自分も思い切って打とうとやっていたけど、決め切れなかった。明日も試合がある。4年生には最後のリーグ戦だし、これまで先輩方が引き継いでくれて1部の舞台で戦うことができた。落ちたくないし、負けたくない。後悔しないように最後まで思いっ切り頑張りたい」