【テニス】全国3位の座を死守!来年こそ日本一へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度全日本大学対抗王座決定試合3位決定戦対近大◇10月16日◇有明テニスの森公園◇
【ダブルス】
○ D1 染矢・林 6−1 3−6 6−4
○ D2 中村・矢多 4−6 6−3 6−3
○ D3 高村・島田 7−6(7) 6−1
【シングルス】
○ S1 竹元 6−4 6−3
○ S2 染矢 6−1 6−2
○ S3 中村 6−2 6−0
● S4 加藤 6−2 2−6 1−6
● S5 林 3−6 2−6
● S6 工藤 4−6 6(3)−7

関大 6−3 近大

【総合成績】
3位

準決勝では王者・早大を追い詰めるも無念の敗戦。「昨日の敗戦でみんな落ち込んでいた」と細川主将が言うように日本一を目指してきただけにショックも大きい。しかし、3位に向け相手はリーグ戦で苦しめられた近大。「絶対9-0でいこうと言っていた」(細川主将)。完全勝利を目指し、同じ関西勢との戦いに臨んだ。

img_9992

昨日の試合でも良い流れを作ったダブルスはこの日も健在。染矢・林組は最初のセットを簡単に取る。次のセットを取られるも、ファイナルセットは林のサーブも冴え、ものにする。中村・矢多組も第1セットこそ落とし、後手に回ったが、その後はいつも通りの息の合ったプレーをみせ、圧倒した。高村・島田組はタイブレークで4-6とマッチポイントを握られたが、粘りのプレーで挽回。その勢いでセカンドセットも取りストレート勝利。リーグ戦で負けた近大にリベンジを果たした。ダブルスは3勝し、目標の9-0での勝利に1歩近づいた。

img_9838

img_9987

img_9867

img_9897

img_9793

img_9929

シングルスはS6、S4、S3の選手達がまずコートに入った。S3に出場した中村は1セット目を6-2で取り、快調な滑り出しを見せると第2セットも相手の頭を越すロブショットを決めるなど翻弄(ほんろう)し早々に試合を片づけた。団体戦初出場の2年生・工藤は果敢に攻めていく。キレのあるボールを放ち、得点を重ねる一方で、勝負所でのミスや打つコースを相手に読まれる場面もみられ敗戦。関大が初黒星を喫した。加藤も第1セットを取り、順調に見えたが、セカンドセット以降ペースを上げてきた相手に合わすことが出来ず、力尽きた。シングルスは1勝2敗で折り返す。

img_0079

img_0133

img_0206

続いて登場したS5の林も必死に声を出し、相手に食らい付くも悪い流れを変えることが出来ずストレート負け。これで4勝3敗と追い上げられる。しかし、重苦しい空気を今大会単複全勝で大車輪の活躍を見せる染矢が変えた。相手に付け入る隙を与えないプレーで格の違いをみせつけ、完勝。関大の勝利を決めた。S1の竹元は深く、強いボールを相手に打たれても、打ち負けず自分から仕掛けていく。ラリーで勝機を見いだせない相手はネットにかける場面も増えた。試合を支配した竹元が勝利を勝ち取り、昨日の敗戦の無念を晴らした。

img_0250

img_0314

img_0430

試合前に掲げた9-0での勝利にはならなかった。それでも、3年連続全国3位となり、関西王者としての面目は保った。「全員気持ちを出してやってくれて、最高の形で終われた」と細川主将も目を細める。「次は後輩に日本一になってほしい」と引退する4回生は口をそろえた。この悔しさを糧とし、先輩が成し遂げられなかった王座優勝という大きな目標を後輩が達成してくれるはずだ。【文/写真:三木勇人】

img_5660

img_0491

img_0528

▼細川主将
「昨日の敗戦でみんな落ち込んでいた。出来としては正直良くなかったがこのチームで最後の試合ということで全員気持ちを出してやってくれて、最高の形で終われた。このチームでやってきて、本当に良かった。今日は絶対9-0でいこうと言っていた。来年は後輩が日本一になってほしい。昨日負けた時点でコーチ陣からも来年の王座はもう始まっているといわれていた。(3位の結果は)優勝を狙っていたので正直悔しい。優勝へはそんなに遠くないと思う。1年前、『限界への挑戦』というスローガンをたてて、それがまだ限界にまだ達していなかったんだと思う。後輩たちがもう1回その限界に挑戦してほしい。キャプテンという立場は正直苦しい場面が多かったが、今日この日ためだけにやってきて最後はチームで一つになって良い形で終われたので、このチームで良かったと思う。(後輩たちは)ちょっとした気持ちの部分がまだ足りないと思う。みんな王座が近づいたら王座に向けて集中して負けたことはすぐ忘れてしまうので、その気持ちを忘れずに練習に取り組んでほしい。そうすれば絶対日本一になれると思う」

▼染矢
「インカレ、夏関、リーグと足のけいれんが怖くて、自分の実力を出せずプレーできないところがあった。だから王座までの約1ヵ月間ずっとトレーニングを積んでけいれんが起きない体作りをリーグが終わってから本当に毎日、毎日意識してきた。早稲田の単複戦でしっかり結果を出せていたので、この1ヵ月は無駄ではなかったと思う。3位ということで試合に出場したメンバーはしっかりやってくれたと思う。後輩たちは今回できなかった部分を直して、絶対決勝にいけるチームだと思うので来年日本一になってほしい。結果には満足したかしていないかと言えば満足していない。自分以外にも勝てるようにリーグが終わってから1日の練習のなかで後輩達に本気で指導してきたつもりだけど、ちょっと足りなかったのかなと思う。1、2年の時は早稲田、慶応の選手に自分の実力を出しても壁を感じていた。自分も関西にいるけど関東のトップの人と渡りあえるよう練習してきたので、4年目に早稲田から2勝することができ、それが証明できたのかなと思う。この2年間ダブルスを組んできた林には特に頑張ってほしい。自分より全然テクニックもあるし、うまい。だからこそもう少しテニスに本気で取り組めばもっともっと伸びるので、頑張ってもらいたい」

▼中村
「今日の試合、ダブルスの出だしは良くなかった。日本一を目指していただけに昨日の試合を引きずっていた部分もあるし、近大なので絶対に負けられないと思ってしまい、少し硬くなっていた。王座を優勝するにはなにかが足りなかった。技術面ではコーチの方々からも負けていないと言われていた。自分が思うに勝負所の集中力や気持ちの部分で向こうの方が1枚上手だったと思う。後輩たちは技術はあるし、もちろん日本一になってほしいがテニスを楽しみたいという気持ちが強く、もっと集中する時はしっかり自分を追い込んでやってほしいと思う。今までペアを組んできた矢多には1番頑張ってほしい」