【サッカー】[REDGROW]関大SOLEOに4点差で勝利!次戦の相手も関大。ULTRAS撃破という「ジャイアントキリング」目指して駆け抜ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2016【関西】年間総合優勝チーム決定戦1回戦関大REDGROW対関大SOLEO◇10月15日◇関西大学千里山キャンパス中央グラウンド◇

 

【前   半】関大REDGROW 2-0 関大SOLEO

【後   半】関大REDGROW 3-1 関大SOLEO

【試合終了】関大REDGROW 5-1 関大SOLEO

 

トップチーム以外の選手の公式戦への出場機会を提供するために行われるⅠリーグ。今年度は6ブロック55チームが関西地区で参戦し熱い試合を繰り広げた。関大からはULTRAS(Cブロック)とREDGROW(Dブロック)、SOLEO(Eブロック)が出場し、3チーム全てがブロック2位以上となり年間総合優勝チーム決定戦(決勝トーナメント)への出場権を獲得した。トーナメント式のこの決定戦では初戦からREDGROWとSOLEOが激突。さらにこの勝者がULTRASと対戦するという組み合わせの不運にも見舞われた。しかし、各チームともに『全員サッカーで日本一』を目指し練習をしてきた。試合会場は関大中央グラウンド。敵味方、そして会場やスタンドも関大一色という異例の試合は夕暮れ時の千里山で始まった。

 

 

REDGROWにとってSOLEOはサッカー部内のカテゴリーでは格下。しかし、SOLEOは1年生主体のチームでパワーがある。どんなプレーをするかという怖さがある中でのキックオフを迎えた。

 

開始早々、MF小坂田が右サイドに回り込むも打てず。8分にはフリーキックでMF足立が放ったボールにFW平井が反応しペナルティエリアでシュート。これはゴール左へと流れ得点には繋がらない。立て続けにREDGROWは攻撃を続けSOLEO陣を翻ろう。20分にはフリーキックでFW西岡が直接ゴールを狙う。放ったボールはゴールへと弧を描くもキーパーの手中に。4分後にはMF田中がSOLEOからボールを奪い取り、そのままキーパーとの1対1に持ち込みゴール。先制点を奪った。その後、平井が相手DFを抜き追加点を決め、前半2点リードで折り返す。

 

 

後半0分、西岡が隙を突きたちまち3点目が決まる。13分にはDF陣のミスで相手に1点を献上するも、24分には右サイドから平井の華麗なロングシュートが決まり4-1。最後にはFW馬場もダメ押しの追加点を押し込み試合を終えた。

 

 

試合結果は5-1とREDGROWの完勝。「試合の結果、内容をともに満足」(東コーチ)の通り、最後までREDGROWが圧倒し続けた。次なる相手はULTRASだ。カテゴリー上では2つ上の相手にどういったプレーで勝機を作るのか。“ジャイアントキリング”を起こすことができるのか。1週間後の関大同士の対決に赤白の戦士たちはすでに目を向け勝つための準備を進める。【文:水野 真/写真:川﨑恵莉子・大島涼太郎】

 

▼東コーチ

「意識しなくても絶対に意識してしまう相手だった。SOLEOは後期で非常にいい勝ち方をしてトーナメントに出場してきている。今まで一番いい相手。最高の準備をしようということはみんなで話していた。結果は最後の最後まで粘り強く守備もできていた。そして、得点も最後まで狙いに行っていた。試合の結果、内容をともに満足している。次の相手はULTRAS。格上の相手の対戦になるが、ジャイアントキリングが起こせるようにしっかりと順をしていきたい」

 

▼GK大薄REDGROW主将(ゲームキャプテン)

「できればやりたくない気持ちがあったが、やるからには全力でぶつかるしかない。チームでやってきたことを全力でぶつけて、力を出して勝つしかないと思い、試合に臨んでしっかり勝てたので良かった。キャプテンということもあるし、声でチームをまとめようというのはずっと思ってきたし、相手がすごい大事な相手だったので、本当に全部、声も全力で出し切ろうと思ってやりました。(次も関大同士での試合となるが)決まってしまったことは仕方がないので、SOLEOの分も気持ちを背負って、全力でぶつかっていきたいと思う」

 

▼MF田中(1点目)

「いつもと変わらず課題の克服とSOLEOのビデオを見て分析してどうすれば勝てるのかを考えていた。得点は相手が細かいパスで繋いでくるのがわかっていた。横パスをかっさらおうと前からプレスをかけていた。それが狙い通りに奪うことができて、あとはキーパーと1対1。落ち着いて決めるだけだった。SOLEOは勢いがあるので守備をしっかりとしないといけなかった。意識は高めに持ってプレーするように心がけていた。失点したところは自分たちがミスしている。それは改善をしていかないといけない」

 

▼FW平井(2、4点目)

「自分たちが一緒に練習している4回生がこの試合で負けたら引退になる。それはもちろん引退してほしくない気持ちがあった。そして、同じ関大同士の対決で負けられないという気持ちで試合に臨んだ。2点目はチームとして狙っていた点。4点目はサッカーの動画を見たりして、後半の最初で同じようなシーンがあった。上に大きく外したので、それがあったから狙っていた得点。また、3点目は(FW西岡)武瑠くんと試合前から弱点として話し合っていたところ。2人が連携して決めることができてよかった」

 

▼FW西岡(3点目)

「みんなが複雑な気持ち。どちらのチームかの4回生が必ず引退する状況だったが、自分たちのチームの4回生に1分でも1秒でも長くやってもらいたい。SOLEOには申し訳ないが絶対に勝つという気持ちで試合に臨んだ。得点はFW平井と話していた。あのシーンはSOLEOがルーズになることがわかっていたので、それを狙ってシュートへと運んだ。全体的には身体を張れていて、リーグの終わり2戦は相手に飲まれていたが、今日はREDGROWが主でやれたと思う。失点はディフェンスとGKの連携がうまくいかなかったが、前線から蹴らせない状況を作っていかないと、と感じた。来週は絶対に今日よりも強い。4回生とどれだけやれるか、全国へも目指して、また相手は関大だが勝ちに行きたい」

 

▼FW馬場(5点目)

「関大同士というのもあった。やるからには勝負の気持ちを忘れずに練習や試合当日もやった。得点は杉本くんがクロスを絶対にあげてくれると信じて走りこんだ。最後はミートしなかったが決めきることができてよかった。途中出場という中で自分から声を出してチームの雰囲気づくり、盛り上げることができればと思った。次の試合も関大。だけど、僕らが決勝トーナメント優勝して全国へ行きたい」