【ソフトボール】大久保が1失点完投!高城が殊勲打を放ち、今季初勝利をつかむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ第2節対同大◇10月15日◇サザンスタジアム◇

同 大 100 000 =1
関 大 000 200 =2

開幕節の立命大戦で敗れた関大。リーグ5連覇の偉業達成にはもう1つも落とすことができない。春に引き分けた同大に対し、大久保がリーグ戦初先発。オーダーも立命大戦とはガラリと変更し、総力を結集し今季初勝利を狙った。
img_2644

先発の大久保は序盤、初先発の緊張からか制球に苦しんだ。初回、四球と安打で2死一、三塁のピンチを招く。次打者の当たりは打ち取った当たりだったが、大久保が送球を焦り、捕球ミス。自らの失策で先制点を献上した。
img_2569

打線は、三回まで同大先発の大濱の前に3番・川添の左前打1本に抑えられ反撃の糸口を見いだせない。
img_2595
しかし、四回。川添が四球で出塁すると4番・新宮が中前打で続く。1死一、三塁のチャンスを作り、5番・黒木が打席に入った場面。一塁走者の新宮が二盗を試みると、同大の捕手が送球エラー。この間に三塁走者の川添が生還し同点に追いつく。黒木は二邪飛に倒れたが、6番・高城が大仕事をやってのけた。「うしろにつなぐ気持ちだった」(高城)。2死二塁から高めのボールを叩き右前に運ぶ。新宮が一気に三塁を蹴ると、クロスプレーを見事にかわし勝ち越しのホームを踏んだ。
img_2857

img_2868

img_2876

大久保は尻上がりに調子を上げると、四回からの3イニングを無安打に抑えて同大の追い上げを許さない。すると、六回裏の関大の攻撃中にタイムアップを迎え試合終了。ロースコアのゲームを逆転で制した。
img_2531

img_2663

img_2620
「要所を抑えて投げられた」と大久保。6イニング中4イニングで得点圏に走者を置いたが、粘りのピッチングで1失点完投。リーグ戦初発を見事に飾った。明日の京産大戦はエース・松田の先発が期待され、関大必勝態勢で優勝への望みをつなぐ。川添主将も「まだまだ5連覇の可能性がある」と次戦以降も全力プレーを誓う。新チームの公式戦初勝利をつかんだ絶対王者が偉業達成に歩み出した。【文/写真:嶋健太朗】
img_3121

img_2839
▼川添主将
「ホッとしている。試合前のシートノックからばたばたしていて、ミーティングでリセットしようと話をしたが、できないままに1点を取られてしまった。ズルズルいきかけたところで、ようやく自分たちの形を出せた。大久保のピッチングは良かったと思う。毎年、固定メンバーで戦っていて、夏に層の薄さを感じていた。秋は唯一試せる時だと思うので、全員を使おうと思っている。(勝ち越しの場面は)打った高城を褒めるしかない。あの1点が大きかった。まだまだ5連覇の可能性がある。ひとりひとりがそこに向かって戦っていきたい」

▼高城
「(勝ち越し打について)1点相手のエラーで取っていたので、もう1点取りたかった。当たりはベストではなかったけど、点が入ってよかった。立命戦は調子が良かったが、そこから調子を落としていて、最低限後ろにつなぐという気持ちが結果になったと思う。守備はあまり得意ではないが、当たり前のプレーをして、打ち取った当たりをしっかり守れた。試合に出るからには、チームに勢いがつくバッティングをしていきたい」

▼大久保
「リーグ戦初先発で緊張した。先頭を取れてちょっと楽に投げられた。四球もあったが、要所を抑えて投げられたと思う。勝ち越してからは気持ち的にプレッシャーもあったが、チームの盛り上がりに乗っていけた。自分たちの六回の攻撃中にタイムアップになりそうだったが、気持ちを切らないように次の回のマウンドに上がる準備をしていた。自分にとってもチームにとっても大きい1勝だと思う。優勝に近づけるよう、自分の投球をしていきたい」