【バレーボール】フルセット戦うも、ものにできず敗北

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2016年度関西大学連盟秋季リーグ戦第5節対佛教大◇10月9日◇神戸学院大学体育館◇
【第1セット】関大25―20佛教大
【第2セット】関大22―25佛教大
【第3セット】関大25―14佛教大
【第4セット】関大23―25佛教大
【第5セット】関大10―15佛教大
【セットカウント】関大2―3佛教大

リーグも残り3戦。前節はストレート勝ちを果たしたが、入れ替え戦へ確実に進めるよう、今日も確実に勝ち星を挙げたい。

img_8458

第1セットでは上田が連続でブロックとスパイクを成功させ、先制2得点。交互に追加点を重ねていき、大きくリードすることはなかったが、ミスを最小限に抑え佐藤が幾度も攻撃のチャンスを作る。それに応えるように、林、西澤らがスパイクを連発。中盤からじわじわと点差を広げ、21-16までリードする。その後連続して2失点するが、垂水がラインぎりぎりにボールを落とし込むなど、決して相手にリードを許さない。セットポイントを握ると続けて関大に点が入り、第1セットを先取した。

img_8638

img_8481

 

だが、第2セットでは相手のペースにのまれる部分が多く見られた。序盤こそ強気で攻撃していたものの、だんだんミスが増え相手につめられる。それでもボールに食らいつき、長く白熱したラリーの末、横山、垂水がブロックを成功させると観客から大きな拍手が起こった。互角に試合が進むが、14-14から一気に2点追加され、タイムアウトを要求するがその後も連続して2失点。一気に4点差をつけられてしまう。点差をひっくり返すことができず、16-21の場面で再びタイムアウトを取る。「点数を気にせずに、積極的にいこう」と監督からの言葉を受け、選手たちが奮起。横山が速攻を決め、それに上田、西澤も続く。1点差にまで迫るが、セットポイントを相手に握られる。垂水のスパイクがわずかにラインオーバーし、第2セットは相手に譲る結果となった。

img_8721

 

しかし、第3セットでは選手の仕掛ける攻撃が次々と成功し、終始関大のペースで試合が進む。「自分のバレーできていた」(上田)。垂水のドライブサーブも決まり、焦った相手のミスにうまく付け込む。ライン上に決まったスパイクボールが、判定の結果インとなるなど運にも恵まれた。10点差以上をつけ、このセットを取る。

img_8615

 

勢いで勝利したい第4セット。しかし、後がない相手の猛攻撃に防戦一方になる場面も多く、思うように攻撃できない。返球がラインオーバーすることも多く、4-7の場面でタイムアウトを要求する。その後は順調にラリーを続け、選手たちも粘りを見せるがなかなか点差をつめられない。「ミスをおそれたプレーになってしまった」(上田)。だが終盤、相手がセットポイントに近づくと一気に猛攻撃をしかける。横山が正面から鋭いスパイクを成功させ、相手のタッチネットもあり2点差にまで迫る。だが、第2セットと同じくセットポイントを握られ、そのまま勢いで相手の追加点を許してしまう。セットカウント2-2。勝敗の行方は第5セットに持ち込まれた。

img_8336

相手のミスで先制点が入ると、選手たちがコートを駆け回り喜び勝利へのモチベーションを高める。だが、その後連続して失点し、3点差をつけられてのが最後まで響く。コートチェンジ後、平城、門岡が好レシーブを連発し攻撃に転じるが、相手にスパイクを幾度も拾われそのたびに打ち込まれる。両者一歩も譲らない戦いに、応援席の声援もますます大きくなった。しかし、8―12の場面からもったいないミスが続き、とうとう相手セットポイント。西澤のスパイクが決まるが、次の攻撃で相手がスパイクを炸裂させる。ブロックで応戦するがはじかれ、大きく場外へ飛び出す。壁に激突した瞬間、相手がガッツポーズを挙げた。フルセットを戦い抜くも、勝利の女神は微笑んでくれなかった。

img_8405

悔しい敗北となったが、この試合で学んだことも多い。今日の結果を踏まえて、次戦は必ず勝利をつかむ。【文:三浦優泉/写真:三木勇人】

▼上田主将
「良い時と悪い時の差が激しい。第1セット、第3セットなど勝てているときは自分達のバレーができていたが、相手のリードを許すと途端に思い切ったプレーができなくなってしまう。タイムアウトでは、『点数を気にすると消極的になるから、気にせずにプレーしろ』と言われたが、ミスを恐れたプレーから脱却することはできなかった。特にブロック面など、思うようにやられてしまったと思う。サーブレシーブやレフト、ライトでスパイクを浴びた時の切り返しなどは安定していて、そこはよかったところ。けれどやはり、劣勢になったときにしっかり攻めきれなかった点を何とかしなければならない。残りリーグ2戦。ストレートで勝っても1部との入れ替え戦にいけるかどうかはわからないが、練習から試合の状況を意識してやっていきたい」