【ソフトボール】関西最強の証!2季連続全勝優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生春季リーグ第最終節対立命大◇5月23日◇万博記念公園◇

関 大 400 53=12
立命大 020 00=2(時間規定により5回で終了)

(関)松田―黒田
(立)中原、岸―三谷

快挙達成まであと1勝。昨秋に続き、リーグ全勝優勝を目指す関大は最終節で立命大と対戦した。立命大はこれまで3勝1分け。両チームとも勝てば優勝の大一番を迎えた。

先攻は関大。4戦全勝で首位を走るにふさわしい勢いがあった。初回、1番・川添が中前打で出塁すると、2番に打順を挙げた黒田が初球できっちりと犠打を決める。その後、満塁となり5番・那須が打席に向かう。「ピッチャーに先制点をあげたい」(那須)。思い通りに左翼線への2点適時打を放ち、先制に成功した。2死となった後に再び満塁のチャンスを作ると、8番・穂束が右中間にはじき返し2点を追加。幸先よく4点を奪った。
IMG_6801

IMG_6827

先発を託されたのは2年生右腕・松田。手首のけがで本調子ではなかったが「この試合だけはどうしても抑えたい」(松田)。エースの自覚と優勝への強い気持ちを胸にマウンドに上がる。

初回から力のある速球を軸に投球を組み立てる。要所で多彩な変化球を織り交ぜ、相手打線に的を絞らせない。2回に2者連続で中越え本塁打を浴びたものの、許した安打はその2本のみ。3回以降は1人の走者も出さない圧巻の内容だった。
IMG_7161

打線は4回に再び爆発する。先頭の川添が三塁打で好機を演出すると、黒田、那須、穂束に適時打が飛び出し、相手を突き放す。5回にも7番・安部の適時打などで3点を追加。今季最多の12得点を挙げ、立命大に引導を渡した。

IMG_7011

IMG_7031

2季連続全勝優勝の快挙達成にも、選手たちは派手に喜ぶことはない。彼らが見据えるのは全国優勝。松田は「打たれたのは甘い球だったので、一から鍛え直していく」と反省を忘れない。大柿主将は「この結果に満足せず、8月の西カレ、インカレで頂点に立てるチームを作っていきたい」と話し、勝ってかぶとの緒を締めた。【吉見元太】

IMG_7171

IMG_7272

▼大柿主将
「やってきたことが全部出た。勝ってきた中でも毎試合課題を見つけて、それをつぶすために全員で意識してやってきたことが優勝につながったと思う。4月の試合はなかなか得点できず、接戦が多かった。先制できても中盤、終盤で得点できないことが課題で、練習のうちから意識して取り組んできた。5月の同志社戦と今日の立命戦では中盤、終盤に点を取って、圧勝できた。そこが一番の成長。昨日のミーティングで関大らしさを大事にしていこうと話した。これだけ人数がいて、みんなが楽しく、いい雰囲気の中で試合ができるのが関大らしさ。それを忘れず、元気を出して試合に臨もうと思っていた。(リーグを通して)打者では川添が良かった。(1番打者として)ヒットを打ってくれて、チームが勢い乗ることができた。ピッチャーの松田、石澤の二人が抑えてくれたからこそ、攻撃につながったと思う。目標は全国優勝。この結果に満足せず、一つ一つ試合を重ねて、その中で課題を見つけて、西カレ、インカレで頂点に立てるチームを作っていきたい」

▼松田
「けがをしてチームに迷惑をかけているという思いがあったので、エースとしてこの試合だけはどうしても抑えたいと思っていた。すごく緊張したけど、ベンチや周りからの声に助けられながら、一球一球丁寧に投げることができた。流れを意識して投げていた。チームに流れを持ってくることができたと思う。リーグ戦は90分ゲームなので力で押した。打たれたのは甘い球だったので、一から鍛え直していく。西カレ、インカレではエースとして、チームが勝つことを最優先に考えて一球一球投げたい」

▼那須
「みんながつないでくれて、いい流れで回ってきた。ピッチャーに先制点をあげたいと思って打席に入った。追い込まれたけど、なんとか打てた。先輩からも『決めてやれ』と言われていた。2点を嫌な形で取られて、2,3回と追加点がなかった中で、前のバッターがフォアボールで出てくれた。相手ピッチャーは初球でストライクを取りにくると思ったので、初球を振ることを考えていた。チャンスだったし、追加点を取ってチームを勢いづけたかった。リーグは全勝優勝を目標にしていたが、開幕前は打線の状態が良くない時もあった。自分はしっかり打率を残して、勝利に貢献しようと思ってやってきた結果、当たりは良くないことが多かったけど、打率も打点も残せたと思う。西カレ、インカレではきれいな当たりが出るようにしたい。西カレ、インカレは強いところしか集まらないし、先輩たちとできるのも残り少ない。両方とも優勝を狙って、個人的にも勝利につながる打撃、守備をして存在感を出していきたい」

▼穂束
「全勝優勝が懸かっていて、多少緊張したけど自分のプレーをしたら勝てると思っていた。平常心で『絶対このランナーを返してやる』という気持ちで、しっかりと逆らわずに打つことができた。自分はホームランを打てるバッターじゃないので、単打でつなぐというのを意識していた。満塁だったので、1点でもいいから取ろうと思っていた。今季は打てない時が多かったけど、徐々に当たってきて、最終戦のいいところで打てたのはすごく強みになった。西カレ、インカレにもつながると思う。守備ではノーエラーだったので、自信を持てる。個人的に西カレ、インカレは出るのが初めて。緊張すると思うが、自分に自信をもって練習することで緊張も和らぐと思う。不得意をなくして、得意を伸ばして西カレ、インカレを迎えたい」

▼川添
「先攻だったので、いつもに増して何としても塁に出ようと思っていた。ファーストストライクから思い切って振っていけたのが結果につながったと思う。初回は打てたが、その後にチャンスで2回凡退したので、西カレ、インカレに向けて詰めていきたい」