【卓球】全勝中の芦屋大に劇的勝利!4年生有終の美飾る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇ 平成 28 年度関西学生秋季リーグ戦最終節対芦屋大 ◇ 9月 16 日 ◇ ベイコム総合体育館 ◇

【試合結果】関大4 ― 3芦屋大

秋季リーグもついに最終節を迎えた。2連勝と勢いに乗る関大は、全勝中の芦屋大に挑む。この日が最後となる4年生のためにも、必ず勝利をつかみたい。

第1シングルは、前節に引き続き南木が登場した。この日はレシーブミスが続く。持ち前のバックハンドが決まらず、相手の強烈なスマッシュにも反応できない。いつも以上に気迫のこもったプレーを見せたが、ストレート負けを喫した。

img_4171w

初戦を落とし、第2シングルスはこのリーグ4戦全勝中の鈴木。第1ゲームは 11 -4で圧倒する。第2、3ゲームもサービスエースで流れをつかみ、相手の強打も粘り強く返した。

img_4261w

期待の1年生のストレート勝ちで、試合を振り出しに戻す。

img_4287w

田頭主将が「1番の山場」と振り返った第3シングルスは、カットマン対決。

img_4321w

開始から我慢強いカットのラリーが続く。随所でスマッシュを打ち込むが、ミスの少ない相手に第1ゲームを先取された。それでも、緩急をつけたプレーが功を奏す。第2ゲームを 13 - 11 で取り返すと、その後もミスが続いていた強打で得点を重ねる。

img_4364w

ゲームカウント3-1で勝利し、ダブルス戦を迎えた。

ここで勝利に王手をかけたい。しかし、南木も増田もミスが目立ち、第1シングルスで対戦した相手の強打にも再び苦しんだ。南木のバックハンドが徐々に決まり第3ゲームを取り返したが、第4ゲームは再びミスが続き5- 11 で落とす。

img_4388w

第5シングルスの池永は相手のスマッシュに反応できない場面が続く。どのゲームもリードを許し、悔しいストレート負けとなった。

img_4472w

2勝3敗と跡がなくなり、ここから2面同時展開になった。どちらかが負けたら敗北が決まる緊張の場面。第7シングルの増田は2ゲームを先取されるが、決してあきらめなかった。ファイナルゲームに持ち込むと、最終ゲームも積極的な強打で相手のミスを誘う。

img_4723w

最後は11- 8 で制し、勝利の行方は同時に行われていた第6シングルに委ねられる。

img_4699w

今日が最後の試合となる田頭。第1ゲームを取られるが、「思い切って振っていった」と強気に攻めた。息をのむラリー戦も何度も制し、ゲームカウント2-1。第4ゲームも一進一退の攻防を繰り広げ、仲間たちの応援も最高潮に達する。

img_4636w

幸運も生かし、先にマッチポイントを握ると、最後は相手のレシーブミスで試合終了。勝利の瞬間、見守っていたベンチと田頭主将の目には涙があふれた。

img_4790w

img_4811w

通算3勝2敗で惜しくも入替戦に進むことはできなかったが、劇的勝利で有終の美を飾った。この試合をもって4年生は引退となる。「卓球部での4年間は人に恵まれていた」。田頭主将は、唯一の同期である松本、3年生、2年生、1年生それぞれに感謝の言葉を口にした。人数は決して多くないが、チーム力で最後まで戦い抜いた関大。「1部昇格」の夢は後輩たちに託された。【文:川﨑恵莉子/写真:高橋良輔】

img_4829w

▼田頭主将
「今日は私と松本が最後だったので、全員で絶対勝とうと意識を高めて挑んだ。1番の山場は第3シングルスだったと思う。北岡はカットマン対決だと個人戦でもあまり勝てていないが、今日は根性を出して勝ってくれた。最後も増田が勝ってくれて、自分も絶対に勝とうと思った。1セット取られたけど、4年間で最後の試合だったので思い切って振っていった。勝った時はほっとした。卓球部での4年間は人に恵まれていた。唯一の同期である松本は、自分がしんどい時にいつも話も聞いてくれてなぐさめてくれた。3年生は何かあった時は相談してくれて、たくさん頼ってくれた。1、2年生は先輩たちの姿を見て、いつもチームのために頑張ろうと思ってくれた。最後に勝てて本当によかった。1部昇格の目標は、次の主将である南木が叶えてくれると思う。期待している」