【バドミントン】リーグ戦初勝利!入れ替え戦に向けて弾みをつける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ戦大会最終日対天理大◇9月18日◇立命館大学大阪いばらきキャンパス◇

【男子(2部)】関大3―2天理大
S1 渡部 0(12-21、13-21)2
S2 中村 2(17-21、21-15、21-18)1
D1 中嶋・田中 2(21-11、21-13)0
D2 渡部・中村 1(21-19、14-21、13-21)2
S3 中嶋 2(21-17、17-21、21-16)1

リーグ戦ここまで全敗の4連敗を喫している関大。相手はここまでリーグ2勝を挙げている天理大だ。来週の入れ替え戦に回ることは確実だが、最終日を勝利し、良い形でリーグ戦を終えたい。

最終日に先陣を切ったのは4年生の渡部。幸先の良いスタートを切りたいところだが、肘の痛みの影響からか普段通りのプレーが出来ずにミスが増える。相手に押し込まれ、ストレート負けしてしまう。

img_1833

相手に先行される状況で出てきた1年生の中村は、最初のゲームを奪われる苦しい展開。しかし、粘りのプレーで地道にポイントを重ね、第2ゲームを奪う。第3ゲームも接戦にもつれ込んだが、勝利を挙げた。

img_1870

第1ダブルスに出場した中嶋・田中の1年生ペアは、序盤から圧倒し相手ペアに何もさせず。第1ゲームも第2ゲームも大差をつけてストレートでの勝利。関大に貴重な2勝目をもたらした。

img_2017

初勝利まであと一つ。渡部・中村組は第1ゲームを一進一退の攻防の末ものにする。しかし、第2ゲームに入ると相手の反撃を食らった。必死に粘るも、大事なポイントを取りきることが出来ずに敗戦。これで2勝2敗とする。

img_2121

初勝利を懸けた5戦目には、シングルスに続いてこの日2回目の登場となった中嶋。第1ゲームは、相手のスマッシュに対して即座の反応で返すなど、素晴らしいプレーもあり先取する。第2ゲームは落としたが、続く第3ゲーム。16-16のどちらも譲らぬ展開となったが、そこからは一気に5連続ポイントを奪って突き放し勝利。中嶋の活躍により関大にリーグ戦初勝利をもたらした。

img_2300

リーグ戦開幕4連敗したものの、最終日は白星で飾った関大。「1年生の力は大きかった」(山﨑)と話すように、今日は1年生が躍動した。結果的には最下位となったものの、この勝利を弾みにし、来週の入れ替え戦で2部残留に食い止めたい。【文/写真:三木勇人】

img_2336

▼山﨑主将
「(今日の一戦は)気持ちを切り替えて入れ替え戦に臨むためにも、今日勝って良い雰囲気で終わろうという気持ちでいった。このリーグを通して1年生の活躍がなかったら勝ててなかったと思うので1年生の力は大きかった。今日勝てた要因はオーダーが良かったのもあるが、一番の要因はチーム一丸となって最後みんなで一本取っていくぞという姿勢がでていたこと。入れ替え戦では勝てるだろうという慢心を持つのではなくひとりひとりが挑戦者の気持ちでいくようにし、隙のないようにしたい」