【バドミントン】接戦ものにできず4連敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ戦大会4日目対大産大◇9月17日◇立命館大学大阪いばらきキャンパス◇

【男子(2部)】関大2-3大産大
S1 田中 2(21-16、21-14)0
S2 中嶋 0(26-28、12-21)2
D1 中村・上中 0(18-21、14-21)2
D2 中嶋・田中 0(19-21、11-21)2
S3 中村 2(21-8、21-13)0

リーグが始まって3連敗と苦しんでいる男子。1部昇格の可能性は閉ざされてしまったが、今日勝利を収めてなんとか一矢報いたいところだ。

第1シングルスには田中が登場。自分から攻撃をしていくスタイルで順調に得点を重ね、難なく第1ゲーム奪う。その勢いは第2ゲームになっても衰えず、終盤にも角度のついたスマッシュが決まるなど相手を圧倒。ストレート勝ちで第1試合をものにする。

img_0753

次に出場した中嶋は第1ゲーム、一進一退の攻防をみせる。しかし、デュースになってもなかなか自分から先制することができずゲームを落としてしまう。第2ゲームは簡単に取られてしまい敗北。これで1勝1敗のタイとなった。

img_0938

中村・上中組は相手ペアの間を突くショットで得点を重ねるも、相手ペアに徐々に盛り返されてゲームを失う。第2ゲームはリードする場面もあったものの、相手に11連続ポイントを許すなど敗戦。これで1勝2敗となり追い込まれてしまう。

img_1098

後がない状況で登場したのは中嶋・田中組。序盤から苦しい展開となった。後半から中嶋が相手を前におびき寄せ、相手の返球が緩くなったところを田中がスマッシュで決める場面が増えるも、要所でのプレーに精彩を欠き第1ゲームを落とす。第2ゲームは相手ペアの息のあったプレーに対応することができずゲームを奪われ、ストレート負けを喫する。これで1勝3敗となりリーグ4連敗が決まった。

img_1308

最後に登場した第3シングルスの中村は強烈なスマッシュを武器に攻める。第1ゲームは一桁得点しか与えず、第2ゲームも勢いそのままに押し切り、勝利をつかんだ。

img_1349

男子は秋季リーグで無念の4連敗。けがで戦線から離脱している山﨑主将も、「ベストオーダーではなかった」と振り返った。しかし、どの試合も大差のつかない接戦。なんとしても大会最終日の明日は勝ち切り、入れ替え戦で少しでも楽な展開にもっていきたい。【文:三木勇人/写真:谷 風花】

img_1491

▼山﨑主将
「今日は本当に勝負しないといけない日だったのでチーム一丸となって臨んだ。それでもコンディションが良くなく、けがをしている選手がいてベストオーダーではなく1回生にすべて任すことになり、すごくプレッシャーをかけてしまった。(最初のゲームは接戦を演じられても)第2ゲームをものにできなかったのはフィジカル面での差が大きい。明日負けてしまうと入れ替え戦で3部の1位のチームと当たることが確実なので気持ちを入れ替えて、明日も勝負の日と思い最終戦に臨みたい」