【卓球】武庫女大との大接戦を制し2連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇ 平成 28 年度関西学生秋季リーグ戦第4節対武庫女大 ◇ 9月 15 日 ◇ ベイコム総合 体育館 ◇

【試合結果】関大4 ― 2武庫女大

第3節で佛教大にストレート勝ちを収め、待望の初勝利を挙げた関大。残りの2試合で勝利すれば、1部との入れ替え戦も見えてくる。絶対に負けられない一戦だ。

「強気のオーダーでいった」(田頭主将)。言葉通り、第1試合はエース・南木に託される。第1ゲームは点の取り合いとなるが、要所で多彩なサーブが光った。 13 - 11 でこのゲームを奪うと、第2ゲーム以降も積極的な攻めで相手を圧倒。主導権を握り続け、ストレートで下す。

img_3052

次はカットマンの北岡。序盤はラリーに持ち込み、相手のミスで得点を重ねる。しかし、相手が緩急をつけたプレーに変更。随所に打ち込まれる強打に対応できず、第2、3ゲームを取り返される。ファイナルゲームまで持ち込んだが、気持ちの焦りも見え5-11で落とした。

img_3125

再び流れを引き寄せたのは、第3シングルスの鈴木。2ゲーム先取から追いつかれるが、ミスが続いていたレシーブを修正し粘りを見せた。タイムアウト直後のサービスエースで7-7の同点に追いつくと、勢いそのままにゲームポイントを握る。最後も相手のレシーブがアウトとなり、接戦をものにした。

img_3157

2勝1敗とし、南木・増田の3年生ペアがダブルス戦に挑んだ。一進一退の攻防が続く中、レシーブミスが続く増田。南木が強烈なスマッシュとサーブでミスを補うが、この試合もファイナルゲームに持ち込まれる。最終ゲームも2-9でリードされ、勝負はついたかと思われた。しかし、勝ち急いだのか相手がミスを連発。怒涛(どとう)の9連続ポイントで劇的な勝利を挙げ、残り1勝とする。

img_3297

img_3243

ここから2面同時に行われ、池永とダブルスに続き増田が登場した。池永は第1、2ゲームともにデュースで粘るが、相手の勝負をかけたスマッシュを返せずゲームカウント0-2とされる。第3ゲームも3-11で落とし、ストレート負けを喫した。

img_3322

一方、ダブルス戦から息を吹き返した増田。第2ゲームを取られるが、キレのあるレシーブで相手のミスを誘いゲームカウント2-1とする。次のゲームも強打が次々と決まり、11-8で試合終了。4勝2敗で激闘を制した。

img_3325

フルゲームの試合が多かったが、「粘り強く勝ってくれた」と田頭。いよいよ最終戦を迎え、相手は全勝中の芦屋大。4年生にとってはリーグ戦最後の試合となる。勝利で終え、1部昇格に望みをつなげたい。【文:川﨑恵莉子/写真:三木勇人】

▼田頭主将

「武庫女大も昨日勝って勢いに乗っている。こっちも強気のオーダーで、最初の南木に勢いをつけてもらおうと思った。今日は接戦が多くて、どれも取られてもおかしくなかった。最後まで一人一人あきらめずに、勝つという意識を持てた。粘り強く勝ってくれて、本当にうれしい。特にダブルスは根性と粘りで勝ってくれた。競った時に自分から打ち急いでしまうことがあったのは課題。自分からミスするのではなく、相手よりも一本多くコートに返す意識でやっていきたい。明日は最後なので絶対に勝ちます」