【卓球】1年生コンビが勢いもたらす! ストレート勝ちで今季初白星!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ戦第3節対佛教大◇9月14日◇ベイコム体育館◇

【試合結果】関大4―0佛教大

開幕連敗スタートとなり、1部昇格へあとが無くなった関大。今日から秋季リーグ後半戦が始まる。「流れを変える意味でも、メンバーを変えていった」(田頭主将)。今季初白星を懸けた、勝負の一戦が幕を開ける。

先陣を切るのは1年生鈴木。立ち上がりからカットマン相手でも落ち着いたプレーを披露する。終始相手を寄せ付けず、11―6で第1ゲームをものにした。この日の鈴木は辛抱強く耐え、確実に相手コートに返してラリーに持ち込む。

img_1529w

時より見せるスマッシュも健在でガッツポーズが何度も飛び出した。後半戦に懸けるチームの思いを、第1シングルスから存分に見せつける。

img_1485w

3―1で奪うと、第2シングルス北岡も続いた。自分の持ち味を存分に生かし、立ち上がりからラリーに持ち込む。

img_1594w

ピンに回転をかけて相手のミスを誘い、長いラリーを勝ち切った。また、チャンスがあれば果敢に強打も炸裂。若き1年生コンビが随所に思い切りのいいプレーを見せ、大きく流れを引き寄せる。田頭も「期待の1年生が2勝して、流れに乗れた」と躍動した2人を称えた。

img_2114w

この日の関大はそれだけでは終わらない。第3シングルスに登場した増田も終始相手を圧倒。勝負どころできちんとポイントを奪い、最後はバックハンドで相手のコートに叩き込んだ。ストレート勝ちを収め、今季初白星に王手をかける。

img_1900w

続くは、この日メンバーを入れ替えたダブルス戦。南木、増田の3年生コンビがコートに立つ。立ち上がりから南木のスマッシュが決まって幸先よくゲームを奪うが、互いに譲らず一進一退の攻防。

img_2037w

勝負はファイナルゲームまでもつれ込んだ。手に汗握る攻防となるが、息の合ったプレーが光る。

img_1994w

激しいラリーを次々とものにし、粘り勝つシーンが続いた。最後は3連続得点で勝負あり。この瞬間、待ちに待った秋季リーグ初勝利が決まった。

img_2103w
1年生コンビの躍動に、3年生の意地も見られた今日の試合。巻き返しを期す関大にとって、内容も伴う価値あるストレート勝ちだった。「最後まで全員で一丸となって戦いたい」(田頭)。夢に見る1部の舞台へ、明日以降も試合が続く。可能性がある限り、選手たちは諦めない。勝ち続けることで、悲願達成を手繰り寄せる。【文:高橋良輔/写真:三木勇人】

▼田頭主将
「ダブルスが取れていなかったので、流れを変える意味でもメンバーを変えていった。鈴木が乗っているので、最初に起用してその通りの活躍を見せてくれた。期待の1年生が2勝してくれて、思い切ってやってくれたことが大きかったと思う。ダブルスも春リーグが終わって練習をしていて、色々と話し合ってやってきた。出だしは良くて、練習の成果を出せていたと思う。苦しんだところもあったけど、立て直して3年生の意地も見せてくれた。連敗して、絶対に勝ちたいと思っていたので、次につながるストレート勝ちだと思う。残り2戦も勝って終わりたい。最後のリーグ戦、自分に回ってきたら勝ちたいし、初戦は緊張して力が出せなかった分、あまり硬くならず思い切ってプレーしたい。最後までチーム力をあげて、全員で一丸となって戦っていきたい」