【テニス】全勝でリーグ3連覇達成!王座で悲願の日本一を狙う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西大学対抗テニスリーグ戦最終節対同大◇9月11日◇江坂テニスセンタ-◇

【ダブルス】
○D1 中村・矢多 7-6(3)4-6 7-6(3)
○D2 染矢・林 6-4 6-0
○D3 島田・高村 2-6 6-3 6-2
【シングルス】
○S1 竹元 6―4 3-6 6-2
○S2 染矢 6-4 6-3
○S3 柴野 6-3 5-7 7-5
○S4 中村 6-4 6-3
○S5 加藤 7-5 6-2
○S6 林 7-6(2) 6-0
【試合終了】関大9-0同大
【総合成績】優勝(4勝0敗)

関西王者として無敗での優勝は絶対条件。最終節も完全勝利を目指し、同大との一戦に挑んだ。

img_0142

D1には中村・矢多が出場。今年の夏関の準決勝で戦った相手と相まみえた。取ってとられての攻防で、フルセットのタイブレークにもつれ込むも、二人の積極的な前での攻撃に最後は相手のミスが増え、勝利。長く、厳しい試合をものにした。

img_0283

D2には夏関はまさかのベスト8に終わった染矢・林組が登場。同大ペアのサーブで始まった第1セットを幸先よくブレーク。その後もブレークを許さず6-4でセットを奪う。第2セットは1ゲームも奪わせない復調を感じさせる圧巻のプレーでストレート勝ちを収めた。

img_0212

D3へは1年生の島田・高村が出陣。相手ペアの好調なボレーに苦戦し第1セットを落とすと、さらに第2セットもいきなりのブレークを許し追う展開に。しかし、ここから相手のミスなども絡み5連続でゲームを奪う。そのまま第2セットを取るとその後は自分たちのペースを取り戻す。第3セットを6-2で奪い、ダブルス全勝を達成した。

img_0460

S6の林は第1セット、2度のブレークを奪うもうまく流れに乗れずタイブレークに突入。しかし、ここからサーブボレーともに冴えはじめ、相手選手を圧倒しセットを奪う。第2セットは勢いそのままに1度もゲームを奪わせない。ストレート勝ちを決めた。

img_0785

S5には加藤がコートに入る。相手の応援が大きく第1セットはその影響で苦しめられる場面も見られるがなんとか取る。しかし、第2セットに入り相手のパフォーマンスが落ちるとその後は力の差が歴然。2回ブレークし6-2で下し、夏関シングルスベスト4の意地を見せた。

img_0735

ダブルスで接戦を制した中村はS4でコートへ。第1セットはストロークが効き、2回のブレークを奪うも、サーブの調子が上がらず2度ともブレークバックを許してしまう。しかし、5-4で迎えた第10ゲーム。3度目のブレークに成功し、第1セットを先取する。第2セットも続いてブレークを奪うもブレークバックを許す嫌な展開に。だが、第4ゲームを4度のデュースを制し奪うと、その後はキープを繰り返し6-3。力の差を見せた。

img_0872

S3の柴野は第1セットは6―3で危なげなく取る。しかし、第2セットに入ると右足を気にし始める。そのせいかなかなかハードヒットできなく、相手に攻め込まれ落とす。第3セットでは気持ちのこもったプレーを展開。ポイントを取ると大きな声で叫んだ。最後は柴野の粘りに相手も屈し、フルセットまでもつれ込んだ試合を勝利で飾った。

img_1048

S2で出場した染矢は第1セットから安定したラリーを見せる。相手が緩急をつけてきたストロークに対してもリズムを狂わされることなく左右に打ち込む。サーブも大事な場面ではしっかりファーストサーブを入れキープ。第1セットを取ると第2セットも勢いは衰えず簡単に勝利を手にした。

img_0619

S1には竹元。序盤から相手が深く強いボールを打ってくるが、そのボールに対してもさらに速いボールで応戦し、試合を優位に進め第1セットを奪う。第2セットは2―6で落としたものの、第3セットに入ると再び圧巻のプレーを見せ、相手を圧倒。6-2で下し勝利。エースとして負けられない戦いを制した。

img_1058

 

img_1137

リーグ戦最終節を苦しい試合が多い中、9-0の完勝で締め、リーグ戦3連覇を果たした。関西の力を見せつけるため関西の絶対王者として、史上初の王座優勝までの道を駆け抜ける。【文/写真:多田知生・三木勇人】

img_1305

 

▼細川主将
「今回のリーグ戦は厳しい試合が多かった。しかし今のままでは王座で勝つのは厳しい。これから1か月の間に王座で勝つための道が絶対あるはずなのでそれを見つけたい。そのためには限界に挑戦というスローガンがあるのでそこを目指す。早稲田にも勝っているので(関大は)実力は持っているチーム。あとは優勝したいという気持ちをいかに持てるかだと思う。自分たちは1回も優勝していないが早稲田や明治は優勝の経験があって優勝の仕方を知っている。やってやるという気持ちだけちゃんと持ってやっていきたい。(今回の同大戦は)絶対9-0で勝つと思っていた。最後の試合もギリギリだったがチームで1つになって最後まで球を追って、全員が全力で応援できたところが相手とのちょっとした差になって勝ちに繋がったんじゃないか。ただ正直圧勝できる差はあった。リーグは甘くないと感じた。全員で優勝できたっていうのは1回生の頃に経験した優勝と比べて特別に感じた」

▼中村
「自分の持ち味はフォアとボレーのコンビネーション。サーブの調子があまり良くなかったので今日の試合はある程度ブレークされるだろうとは思っていた。シングルスとダブルスの連戦で疲れたけどそのなかでもやるべきことはやれた。王座までは自分が得意な面や苦手な面、主にサーブやボレーを見直していきたい。王座にでてくる関東の学校は打ってくる球も関西と全然違うし、何より勝ちへの執念が違う。自分達もそこを上回れるようにして日本一を狙う」

▼染矢
「個人戦とは違い、団体戦での一つのミスは大きい。その点で今日は粘りのテニスで少しは貢献できた部分もあるし新たな課題も見つかった。自分の持ち味である粘り強さから攻めの攻撃はできた。しかし、ただ攻めるだけになってしまっていろいろなコースに打ち込むことができていなかった。王座に向けてはもっと自分が思ったところにコントロールするように改善しなければいけない。体の状態については上向きなので王座までに万全な状態にして臨み、日本一を目指す」