【テニス】園女大に昨年のリベンジを果たし、王座出場へ前進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西大学対抗リーグ戦第4節対園女大◇9月9日◇江坂テニスセンター◇

【ダブルス】
●D1 畑守・河内 6-4 2-6 3-6
○D2 田尻・越野 6-4 6-3
【シングルス】
●S1 畑守 4-6 0-6
○S2 沈  6-3 6-4
○S3 筒井 6-4 6-4

関大3―2園女大

前節では関学大に惜敗し、王座出場に黄色信号が灯った関大。今節の園女大は、昨年黒星を喫しリベンジに燃える相手だ。王座へ向け、負けられない戦いが始まった。

%e8%a9%a6%e5%90%88%e5%89%8d

畑守・河内組、田尻・越野組がどちらもファーストセットを奪い、関大に流れを呼び寄せる。畑守・河内組は、要所でダブル前衛となり相手にプレッシャーをかけた第1セットのようなテニスが影を潜め、セットカウント1-1と追いつかれる。ファイナルセットでも、相手のボレーに苦しめられて逆転負けとなった。

%e7%95%91%e5%ae%88%e3%83%bb%e6%b2%b3%e5%86%85

一方の田尻・越野組は、越野の思い切りのいいプレーに田尻がフォローする絶妙なコンビネーションで接戦ながらも先取する。セカンドセットは一気に3ゲームを連取し、主導権を握った。粘る相手を振り切り、ダブルスで1勝をつかんだ。

%e8%b6%8a%e9%87%8e

%e7%94%b0%e5%b0%bb

%e7%94%b0%e5%b0%bb%e3%83%bb%e8%b6%8a%e9%87%8e

シングルスでは筒井と沈がコートに入った。夏関でベスト4、リーグ戦でもここまでシングルスで3戦全勝と好調のルーキー・沈はエンジン全開。「好不調の差が激しい」(沈)という相手に対し、冷静に落ち着いたプレーを見せて6-3でセットを先取する。接戦となった第2セットは長いラリーが多くなる。その中でも、相手を焦らしてミスを誘った沈。試合終盤には応援、ベンチコーチに入った増岡にも励まされながら躍動した。「隣のコートで(筒井)八雪さんが頑張っていたのが大きかった」と、ともに戦う仲間からも力をもらい、園女大への勝利まであと1勝とした。

%e6%b2%88

%e6%b2%88%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba

筒井は、「今日の試合はめずらしく最初から最後までずっと緊張していた」と大一番になかなか自分のテニスをできず、3ゲーム連取した後に4ゲームを返され逆転を許す。しかし、第8ゲームをブレークすると流れを取り戻した。6-4でファーストセットをものにする。第2セットは、優位に試合を進める。ゲームカウント4-3の途中に隣のコートで沈が勝利。「沈が勝ったことで闘志に火がついた」(筒井)。5-4とリーチを懸け、第10ゲームもレシーブゲームながらマッチポイントを握る。デュースに持ち込まれたものの、再び得点してアドバンテージ。ベンチの田尻も「強気強気」と声を掛け、筒井を鼓舞した。その声に応えるように強気の攻めに相手が返せず。この瞬間、関大の勝利が確定。田尻と筒井が抱き合い、勝利をかみしめる。その目からはうれし涙があふれていた。筒井は「4回生の意地で勝ち切れた」と試合後、充実感に満ちていた。

%e7%ad%92%e4%ba%95

%e7%ad%92%e4%ba%95%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%ba

畑守は、左右に揺さぶり空いたスペースにショットを決めてくる相手にリズムをつかめず。ストレート負けを喫した。

%e7%95%91%e5%ae%88

見事にリベンジに成功。全員が団結してつかみ取った勝利に田尻主将は、「試合を重ねるごとに気持ちも高まって、一体感を増せた」とリーグ戦での成長も実感している。負けると王座への道が絶たれる一戦で1年生のフレッシュさと4年生の経験が融合し、2年ぶりの王座を近づけた。しかし、まだ決定したわけではない。後はしっかりと次節の立命大に勝ち切ることが重要だ。「5-0で勝利」と気持ちは一つ。うれし涙を拭った後に見えてくるのは王座出場しかない。【文/写真:林 亮佑】

▼田尻主将
「昨年負けていて、リベンジできて良かった。昨日関学に負けて、この大事な一戦で勝てたことは素直にうれしいし、ほっとしている。あきらめずに優勝を見て、もう一回一致団結しようと話していた。人数が少ないがために、1人1人への存在が大事になる。その中で、それぞれの役割をわかっている。試合を重ねるごとに気持ちも高まって、一体感を増せた。今日はダブルスが大事になってくる。プレッシャーもあったが、キャプテンとして負けられない。それを強みにして、メンタルをコントロールできた。越野が良いプレーをしてくれている。後輩なので引っ張らないとという気持ちだった。声を掛けて、思いっきりプレーさせてあげられるか。(シングルスでは)ベンチで緊張したが、筒井ならやってくれると信じ続けていた。自分はベンチで冷静に分析して自分のやれることをやろうとした。主将と副将で、2人で1勝できた。それも、この勝利でチームの勝ちが決められて特別。隣で沈が気にしすぎてプレッシャーにならないようにしようと心掛けた。逆にこっちも、勝っても負けても自分のプレーに集中しようとしていた。王座に近づけてほっとしている。まだまだ気持ちを引き締めて、5-0にこだわって、一つも落とさず気持ちを切り替えてやっていきたい」

▼越野
「最初は緊張していたが、このチームで挑むリーグは最初で最後だと思って、思い切ってプレーした。(ペアの田尻主将が)気を使ってくれていて、のびのびとプレーできている。2人が調子良くなるために、より自分を生かしてくれるペア。昨日負けたので、力になれなかったのが残念。1勝取ろうと思ったので、今日勝てて感謝の気持ちでいっぱい。1ポイント1ポイント重みがあった。絶対取りたいという思いが強かった。相手に対する怖さはなかった。いけるという思いが強かった。気持ちでこの試合も勝てた。今日の勝ちは大きいが、次も勝たないと意味がない。5-0で勝って、王座に近づいてチームみんなで笑って終わりたい」

▼沈
「関西制覇を目標に、それに向かって毎日練習したことを出せるように、任された試合に勝つことを考えている。ここで勝たないと王座が見えてこない。厳しい戦いになるのは予想していた。相手は調子が良い時と悪い時の差が激しい。調子が悪い時に取って、良い時はミスをしないようにした。大事な時に攻めることも頭に置いてやった。相手の集中力を落とすために粘り強いテニスをするようにした。今日は長いラリーでポイントを取れた。隣のコートで(筒井)八雪さんが頑張っていたのが大きかった。勝つ想像ができていなかった。競ったけど取れて、1勝をつかめたのは嬉しかった。次につながる試合になったし、昨年のリベンジができてうれしかった。今日勝ったのをばねに、次負けたら分からなくなるので、自分の役割をしっかりと果たしたい」

▼筒井
「沈が頑張っていたのを見て、頑張らないとと思った。沈が勝ったことで闘志に火がついた。今日の試合はめずらしく最初から最後までずっと緊張していた。その分自分のプレーができないこともあったけど、最後は攻めきれたので良かった。D2は取ってくれると思っていた。D1がファーストセットを取ったことで、チームの雰囲気が良くなったので、良いイメージで試合に入れた。相性は悪い相手だった。緊張していたが、4回生の意地で勝ち切れた。大事なポイントを打ち切れた。ベンチコーチもずっと一緒で、チーム力と自分を信じられたことが勝ちにつながった。4回生としてやるべきことをできた。ここ(次節)で5-0をつけないと王座があやしくなる。気を引き締めて、もう一回気合を入れなおしていきたい」