【卓球】開幕連敗スタート もう負けられない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ戦第2節対天理大◇9月8日◇横大路運動公園体育館◇

【試合結果】関大1―4天理大

開幕戦を大接戦の末に落とし、黒星スタートとなった関大。1部昇格に向け、田頭主将は「残りは全勝したい」と必死に前を向いた。連戦となる2戦目、天理大との戦いが幕を開ける。

春リーグでは天理大にストレート勝ちを収め、波に乗った。春の再現を秋でも成し遂げたい。その気持ちを体現するかのように、第1シングルス増田が第1セットから果敢に攻める。

img_7131w

積極的にスマッシュを放ち、得点。幸先よく第1セットを11―7でものにした。しかし、第2セット以降、互いに譲らないラリー戦が続く。粘って相手のコートに返すも、勝負どころで得点を挙げることができなかった。

img_7147w

最後も競り負け、1―3で第1シングルスを落とす。続く第2シングルス松本も、この流れを食い止めることができない。カットでラリーに持ち込みたいが、相手の強打に苦しむ。

img_7262w

果敢にスマッシュを打ち込む場面も見られたが、ストレート負け。0-2といきなり窮地に立たされた。

何としてでもこの流れを食い止めたい関大は、第3シングルスで北岡が登場。カットでラリー戦に持ち込み、持ち味を存分に発揮する。

img_7541tw

丁寧な安定したプレーから得点を重ね、ガッツポーズも何度も飛び出す。

img_7686w

劣勢な状況の中、1年生北岡がストレート勝ちで再び流れを引き戻す。「厳しい中、頑張ってくれた」と田頭も後輩の活躍に目を細めていた。この流れに乗りたいが、相手も簡単には引き下がらない。続く南木、北岡ペアのダブルスも奮闘するが、相手の方が一枚上だった。

img_7954w

幾度も南木が果敢にスマッシュを決めるも、わずかに及ばなかった。悔しいストレート負けで、王手をかけられる。

後がなくなった関大は、第5シングルスに南木が挑む。ダブルスのリベンジに燃えるが、劣勢。リーグ通算成績25勝3敗の相手のエースに苦しんだ。セットカウント0-2となり、勝機は逸したかに思われた。しかし、ここから南木の逆襲が始まる。持ち味の強気の攻めで応戦。第3セットでは5連続ポイントを挙げセットを奪うと、第4セットも11―2で圧倒した。

img_8063w

完全に息を吹き返し、相手のエース撃破に期待が高まる。運命の最終セット、しかし勝利を思う余り、勝ち急いで力が入ってしまった。相手に主導権を握られ、先にゲームポイントを取られる。最後まで粘り強く強気で攻め続けるも、勝負あり。7―11で落としてこの瞬間、関大の黒星が決まった。

敗戦となったものの、この日もベンチからの声かけ、一人ひとりが後ろにつなぐという思いが随所に見られた。

img_8068w

2敗目を喫し、スタートダッシュには失敗したが、勝負はこれから。春も同じ状況からリーグ2位の座をつかみ取った。次の試合まで1週間ほど日程が空く関大。もう一度、練習から見つめ直し、勝負の後半戦に望みをつなげる。【文:高橋良輔/写真:宮西美紅】

▼田頭主将
「悔しい。前半で2本取れると思っていたけど、想定した通りにはいかなかった。追い込まれてからのエース対決だったけど、南木が3セット目からよく盛り返してくれた。最後は勝ち急いで力が入ってしまったけど、いいゲームをしただけに悔しい。昨日はあのような展開で落としてみんな悔しがっていたので、ずるずる引きずらないようにと言って切り換えようと言っていたけど、なかなか勢いに乗れなかった。でも北岡が2本取られて厳しい場面でも頑張ってくれた。悪い流れの中、いつも通りできていたと思う。初戦と今日負けて、次の試合まで間が空く。しっかりと調整してあと3回勝てるようにしたい。春と同じ状況だが、チーム状態は今の方がいい。後は緊張した場面で一本取りきれるかどうか。明日から競った時にどういう形で一本を取りにいくのかというパターンを練習して、次からの試合に生かしたい」