【卓球】昨季完敗の近大に善戦 実りの秋につなげる2勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生秋季リーグ戦第1節対近大◇9月7日◇横大路運動公園◇

【試合結果】関大2―5近大

春リーグで3勝を挙げ、4年ぶりの1部残留を決めた関大。毎年1部と2部を行き来する流れをついに食い止めた。中村主将は今季の意気込みを「優勝を目指してやっている」ときっぱり。さらなる進化を目指す秋の戦いが幕を開ける。

img_6625w

その先陣を切るのが1年生坂根だ。春リーグでの活躍に加え、6月に行われた関西学生選手権ではシングルスで優勝。実力と実績を兼ね備えた1年生エースが、この日もコートで躍動する。サーブをはじめ、強烈なスマッシュを次々と決め、終始安定した卓球を披露。

img_6926w

改めて強さを証明するストレート勝ちを収めた。春に0-7で敗れた近大からいきなり第1ゲームを奪う。勢いに乗りたい関大は、第2シングルスでも1年生各務を器用。強気に強打を放ち続けるプレーで相手に立ち向かった。

img_6770w

ミスもあったが、どんな状況でも果敢に攻め続けて勝負どころで一気に畳みかける強さが光る。しかし、フルセットにまでもつれる激闘を繰り広げるも、あと一歩及ばず。2-3と惜しくも第2シングルスを落とした。

1年生コンビが春リーグ3位の近大相手でも対等に渡り合えることを証明し、この流れに乗りたい。第3シングルスには主将の中村が登場した。「いい流れで回ってきたので、勝つだけだった」。その言葉通り、第1セットを11―4で奪い、気合の入った雄たけびが何度も会場に響いた。

img_6834w

粘り強くラリーに持ち込み、厳しい位置からのカウンターも随所に見られる。第2シングルスに続いてフルセットの攻防になったが、最後まで集中力は健在。勝利の瞬間、ガッツポーズで喜びを爆発させた。

前半を終わって、2-1とリード。互角以上の戦いを繰り広げ、勝利への期待が高まる。しかし、続く持田・坂根ペアのダブルスが1-3で落とすと、相手が巻き返す。

img_6922w

2面同時展開となった第5、6シングルスでも劣勢。吉見が巧みなサーブ、増田も強打で来る相手のスマッシュを返し続けるが、流れは変わらなかった。

img_6943w

悔しいストレート負けを喫し、この時点で関大の勝利が消えた。一時はリードを奪ったが、やはり1部上位の壁は厚かった。第7シングルスの持田も、打ち合いを制すなど持ち味を発揮するが、ストレート負け。相手のサーブに苦しみ、勝利とはならなかった。

img_7011w

2-5で開幕戦を落としたが、収穫も多かった今日のゲーム。特に目を引いたのが1年生の活躍だ。白星は坂根だけだったがそれに負けじと、各務、増田も自分の持ち味を存分に発揮。試合後の中村も「全員がラリーに持ち込めていたのは良かった」と前を向いていた。リーグ前半4試合を3日間で行う過密日程だけに気持ちの切り替えは必須。1部上位進出、そして悲願の優勝に向けて明日以降も激戦を繰り広げる。【文:高橋良輔/写真:西井奈帆】

▼中村主将
「関西個人を優勝した坂根がいるので、強い相手である近大でも戦える、勝負できると思って挑んだ。リーグ戦も優勝を目指してやっている。今日の試合は坂根が最初にストレート勝ちでリズムを作ってくれて、それに負けてしまったけど各務も続いていい流れで自分につなげてくれた。試合を通して悪い流れではなかったと思う。一人一人が課題を見つめて、特にサーブレーシーブ、1、2球目にこだわって練習してきた。ラリーに持ち込む展開も多かったし、そこは成長した部分だと思う。でも、負けが決まってからの戦い方は反省しないといけない。もっと雰囲気をつくってチームメイトを応援していきたい。最後のリーグ戦だが、チームが勝つことが一番。まだ1回負けただけだし、優勝という気持ちは変わらないので、一戦一戦残り全部勝つつもりで明日からも頑張りたい」