【テニス】王座へ向け好発進!神院大寄せ付けず8-1で勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西大学対抗テニスリーグ戦第1節対神院大◇9月4日◇江坂テニスセンター◇

【ダブルス】
○D1 中村・矢多 6-1 6-2
○D2 染矢・林 6-1 6-4
○D3 島田・高村 4-6 6-3 6-3
【シングルス】
○S1 竹元 6(3)―7 6-1 6-3
●S2 染矢 6-3 5-7 2-6
○S3 柴野 6-2 7-6(9)
○S4 中村 6-2 6-1
○S5 加藤 6-2 2-6 6-1
○S6 矢多 6-4 6-2
【試合終了】関大8-1神院大

関西の王者として迎える今大会。王座の組み合わせにも影響するので1位通過は至上命題となる。

D1には中村・矢多が出場した。夏関王者の実力を存分に発揮。息の合ったプレーで相手を圧倒し、6-1で第一セットを先取する。第2セットも前半こそ一進一退の展開だったが後半調子を上げ6-4で快勝した。

IMG_0097

続いてD2の染矢・林ペアが出場。開始早々から2人の巧みなロブが冴え、相手にボレーをさせずブレークに成功する。その後は圧倒的な実力差を見せ6-2で第1セットを勝ち取る。第2セットでも相手を寄せ付けず一方的な展開で6-1と完勝した。

IMG_0006

D3で登場した1年生ペアの島田・高村。サーブで押され第1セットを落とすが、第2セット以降気合の入ったプレーで反撃に出る。共にブレークに成功し迎えた第3ゲーム。高村のボレーが決まりキープに成功しペースをつかんだ。第3セットは自らのミスで徐々に追い上げられるが、島田のサーブで流れを切るなどし、ダブルス全勝に花を添えた。

IMG_0273

IMG_0195

ダブルスで圧勝した矢多はS6でコートに入る。安定したストロークとフォアハンドを深いところに打ち込み相手のミスを誘う。勝負どころではネットプレーがさえ、気持ちのこもったガッツポーズも飛び出す。最後は追い上げられたものの6-4でものにする。第2セットはサーブで押し込み6-2で圧倒。着実に後続につないだ。

IMG_0421

S5の加藤はスライスやドロップなど多彩なショットを使い相手を翻弄(ほんろう)。第1セットを6-2で勝ち取る。第2セットを2-6で取られ迎えた第3セット。強烈なフォアハンドを軸に相手を振り回し勢いに乗る。そのまま押し切り6-1で勝利した。

IMG_0396

隣のコートではS4の中村が本日2回目の試合。しかし、疲労を感じさせない動きで終始優位に立つ。安定したストロークと時折見せるアプローチショットで相手を手玉に取る。6-2で第1セットを取ると第2セットも勢いそのままに最後は3連続ゲームで完勝した。

IMG_0332

S3の柴野は第1セット、安定したラリーを軸に第1セットを6-1で先取する。そのまま第2セットも取ると思われたが、相手の粘りの前に決めきることができず、タイブレークに突入する。互いに一歩も引かず、9-9としここから柴野のミスのないストロークで粘りのテニスを見せ、相手にまともなプレーをさせずそのまま11-9で勝利した。

IMG_0565

夏関はベスト8に終わり復調に期待がかかる染矢はS2で登場。相手を左右に振る正確なラリーで試合を優位に進める。磨きのかかったサーブでもポイントを重ね6-3で先取。第2セットに入り、しきりに足の状態を気にするようになった染矢。第2セットを逆転で落とすと、第3セット第3ゲーム終了後には右ふとももに頑丈なテーピングが施される。その後は、フットワークを生かすことができずに2-6で第3セットが終了。この日、関大唯一の敗戦となった。

IMG_0583

夏関王者の竹元は多くの大会で上位に名を連ねる前川との一戦。第1セット一進一退の攻防が続きタイブレークに突入する。開始4連続ポイントを許し勢いに押されそのまま第1セットを落とす。しかし、第2セットは本来の調子を取り戻し6-1で取り返すと第3セットも安定したラリーで優位に立つ。最後には相手のストロークがネットにかかり勝利した。【文:松浦 智/写真:嶋健太朗】

IMG_0640

IMG_0624

▼細川主将
「関大は関西の中では1番の立場なので9-0で勝たなくてはいけない。1つ落としてしまったのは今回の課題。それではないと王座では勝てないと思っている。王者として次の戦いも挑みたい。男女とも王座に出場して関東勢を倒し頂点になるための努力をこれからもしていきたい」