【テニス】リーグ初制覇へ、まずは格下の同大に対して完勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西大学対抗リーグ戦第1節対同大◇9月4日◇江坂テニスセンター◇

【ダブルス】
○D1 畑守・河内 6-1 6-2
○D2 田尻・筒井 6-2 6-1
【シングルス】
○S1 畑守    6-0 6-3
○S2 沈     6-4 7-5
○S3 筒井    6-2 6-3
【試合終了】
関大5-0同大

昨年はリーグ3位で王座進出を逃した関大。今年は経験豊富な4年生を中心に2年ぶりとなる王座出場、さらに創部初の優勝を狙う。田尻主将も「先輩の思いも胸に」と今年に懸ける思いは強い。まずは大事な初戦に挑んだ。

試合前

ダブルスには全員が4年生のメンバー。畑守・河内組はボレーで相手を翻弄(ほんろう)する。第3ゲームこそキープされるが、6-1とセットを先取。続くセットでも流れを渡さず、ストレート勝ちで下す。

河内ボレー

畑守ボレー

畑守・河内

田尻・筒井組も相手を圧倒。「キャプテンとして負けられない戦いだった」(田尻)。4年生コンビの息の良さで、徐々にリードを広げる。最後は田尻の力強いストロークで相手を押し込み、勝利をつかんだ。

田尻

田尻・筒井

筒井がダブルスに続いてシングルスでも登場。小柄な体を目いっぱいに使い、コートを駆け回る。セットを先行、第2セットもブレークで好スタートを切るが、連続でゲームを奪われてゲームカウント1-2と逆転を許す。しかし、強気な攻めで流れを引き寄せると最後はブレークで勝利を飾った。

筒井

筒井が試合をする横で2年生の沈(しん)が初めてのリーグ戦に挑んだ。夏関ではシングルスベスト4と一気に頭角を現した沈。ゲームカウント5-2とリードしながらもミスが重なり、追い上げられる。第10ゲームも0-3と完全に相手ペースだったが、ここでガットが切れてラケットを交換する。新たなラケットで流れを変えた沈。持ち込んだデュースも制し、第1セットをものにすると、セカンドセットも接戦を取りきり粘り勝った。

沈

最後はエース・畑守。相手を一切寄せ付けずファーストセットを取ると、第2セットも3ゲーム連取。ここから4-3まで追い上げを許すが、危なげない試合運びで完勝。シングルスでも全勝と圧倒した。

畑守

5-0と格下相手に勝利を収め、好調な滑り出しを見せた。「内容も良くて次につながる試合だった」と田尻主将。徐々に対戦相手のレベルも上がる。悲願の関西制覇に向けて、まだまだ戦いは始まったばかりだ。【文/写真:林 亮佑】

▼田尻主将
「関西制覇に届かなかった先輩の思いも胸に、リーグ優勝を狙っている。ダブルスはスコアで差をつけて勝てたのは良かった。内容も良くて次につながる試合だった。ガッツを見せて、キャプテンとして負けられない戦いだった。試合前は緊張していたが、硬くならずに応援もあったので楽しくできた。強気でいけた。4回生は1回生のときからリーグに出ていて経験豊富。沈は最近力をつけて勢いがある。その勢いを生かしていくという作戦がはまった。初めての団体戦で力を出し切れて勝てた。シングルスの4回生は経験で力の差を見せつけた。危なげない試合運びだった。初戦、こういう形で次につなげられたのは良かった。これから相手のレベルも上がる。これよりも上げないと勝っていけない。次は関西外大。力のある大学だが、それでも5-0をつけないといけない相手。5-0にこだわって1つも落とさずして、チーム一丸となって戦っていきたい」