【野球】石田が完封!打線もつながり先勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生春季リーグ戦第7節対関学大1回戦◇5月15日◇阪神甲子園球場◇

関 大 100 002 011=5
関学大 000 000 000=0

(関)石田―久米
(学)宇都宮、重田、佐藤―仲川、松下

甲子園での関学大との一戦。チアによるパフォーマンスも行われ、試合前の球場を盛り上げた。試合も白熱したものとなる。

チア

まずは初回。2死三塁から偵察メンバーとしてスタメンに名を連ねた石丸に代わり、平岡が打席に入る。初球にバッテリーエラーから三塁走者の多田が本塁に生還し、関大が先制する。

投げては先発の石田が安定したピッチングを見せる。2回に連打と犠打で1死二、三塁のピンチを迎えたが、後続をしっかりと断つ。見せ球のカーブも「有効に使えた」と石田。相手打線を次々と打ち取っていく。

平岡

スコアボードには0が並び、投手戦の様相を見せる。ふたたび試合が動いたのは6回だった。1死から連打で一、二塁とチャンスを作ると、4番・平岡に打順が回る。「思い切って振っていこうと思った」(平岡)。初球のストレートをきれいに弾き返すと打球はライトの前で弾む適時打となった。続く1死一、三塁の場面で5番の大西晃が犠飛を放ち、リードを広げる。

8回、そして9回にも1点ずつを加え、リードは5点に。6回以降もランナーを出しながらも要所を締め、相手に隙を与えぬピッチングを披露していた石田が9回もマウンドに上がる。石田には5点のリードは十分だった。安打と味方の失策でピンチを作るも、慌てることはなかった。最後は投ゴロに仕留め、ゲームセット。大事な初戦を完封勝利で飾った。

柿山

今日は打線の入れ替えがうまく的中した。途中出場の選手もうまく流れに乗り、早瀬監督は「代打で出た選手も含め、つながりが出てきた」と振り返る。代わった選手も結果を残し、さらに主将、副将が活躍して関学大に勝利。最高の流れを明日につなげ、連勝で春季リーグを終えたい。【林 亮佑】

湟打

▼早瀬監督
「膠着していたので思い切って打線を代えた。平岡は調子が良かった。前節くらいから使っていい状態だった。代打で出た選手も含め、つながりが出てきた。こういうゲームを望んでいるが、なかなかできなかった。明日もこの流れでいきたい。石田はランナーを出しながら抑える彼らしいピッチングだった。今日はカーブを混ぜていたのが良かった。これまではツーシームより遅い球を投げていなかったが、今日はある程度使えていた。全力で戦っているのを見てもらうことが学生にとっては大事だと思う。最後みたいなことをしているとやられるので、中身のあるゲームにしたい」

▼石丸主将
「前節から気持ちを切らさず戦うことを意識した。当日はみんなで勝ちにいこうとなれたので、それが勝ちにつながった。(自身の名前が電光掲示板に表示されたことについて)うれしい。全員の持っている力を出せて勝利できた。一球一球に集中した結果。打線も守備もかみ合い、石田はいつも通りのピッチングができていた」

▼石田
「粘り強いバッターが多い中で、カーブが有効に使えた。カーブは実践で使える手応えがあったので投げた。プレッシャーも少ない状況なので使っていこうとなった。形になってきている。遅い球を投げる怖さはない。割合が少なく、ボールになるように低めの見せ球として使っているので。カーブを打たれたのは1本だけ。初回はもらった1点だったので、0-0の意識でいけた。それが良い結果につながった」

▼平岡
「石丸が学生コーチなので、プレーで引っ張ることはできない。その分、自分が試合に出て、プレーで引っ張る選手になりたい。今日にかける思いが大きかった。準備はしていた。最近調子が上がっていたので試合にも冷静に入れた。(2回の場面は)思い切って振っていこうと思った。初球から狙っていた。勝負の場面でヒットが打てて良かった。今日は気持ちでチームを引っ張っていけた。継続していかないといけない。これからも1打席1打席、1球1球集中していきたい」