【アメリカンフットボール】初戦勝利も課題が見つかる試合に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生リーグ戦第1節対神大◇8月27日◇エキスポフラッシュフィールド◇
得 点   1Q 2Q 3Q 4Q 合計
関 大    7  0  7  8  22
神 大    0  3  3  0   6

関 大 1Q-04:03 #5松下 8yds RUN(K-G #3地村)
神 大 2Q-12:00 #19田中 24yds FG
関 大 3Q-0:17 #3地村98yds KO Return(K-G #3地村)
神 大 3Q-05:52 #19田中39yds FG
関 大 4Q-08:29 Safty
関 大 4Q-12:00 #10小阪田60yds Int Return(K-G #3地村)

5年連続リーグ3位にとどまっている関大。関学大、立命大と強豪ひしめくリーグで6年ぶりの優勝へ向けた戦いが幕を開けた。

迎えた開幕戦、相手は昨季5位の神大だ。試合は関大のキックオフでスタート。しかし、直後のプレーでアクシデントが起こる。タックルにいったLB前野が負傷、交代を余儀なくされた。それでもDL阿島がタックルで好プレーを見せ、神大に自由に攻撃をさせない。すると、神大のスナップがそれ、ファンブルロスト。すかさずRB松下がボールを確保し、そのままラン。見事タッチダウン(TD)を奪い関大が先制に成功した。キックもK/RB地村が落ち着いて決め、7-0とする。攻撃陣はQB大内を中心にパス、ランを織り交ぜチャンスを伺うが攻め手を欠き第1Qを終えた。
第2Qは神大にフィールドゴール(FG)を決められ、3点を奪われるが、LB佐竹のロスタックルなど好守もあり大きなゲインは許さない。奮闘する守備陣にTDで応えたい攻撃陣だが思うような攻めができず、7-4のまま前半を終了した。

tmp_19152-IMG_0879-1818040586tmp_19152-IMG_0498316090296tmp_19152-IMG_0743-376489426tmp_19152-IMG_0879-1689757323

後半、最初にビッグプレーを見せる。相手がキックオフしたボールを地村がキャッチ。ランを開始するとブロッカー陣が相手ディフェンスをうまくガードしながらスペースをあける。空いたスペースに地村が走り、98ydsランのキックオフリターンTDを決める。同じく地村がキックも決め14-6とリードを広げる。一方のオフェンスはRB畑中がランで攻め込むなどいいプレーも出るが得点まではいかず歯がゆい展開が続く。
第4Q、相手のセーフティで2点を追加し、さらに点差を広げる。そして迎えたラストプレー。小阪田がインターセプトをすると60ydsを走り切りTDを決める。昨季インターセプト回数リーグ1位の実力を見せつけた。

tmp_19152-IMG_0904-16268662tmp_19152-IMG_09841076387365tmp_19152-IMG_10171531331292

このまま試合は終了し、22-6の大差で開幕戦勝利を決めた。点差だけを見れば大勝だがオフェンス陣から生まれた得点は0という残念な結果に終わった。次節は開幕戦で京大を破り勢いに乗る龍大だ。大内を中心とした攻撃陣の爆発に期待がかかる【文:大島涼太郎/写真:笠井奈緒】

▼板井監督
「プレーしている選手にいい選手はいるが使いきれていないのが現状。いい選手にいいプレーをさせたいと思っているがなかなかできていない。今日は神戸大からすればプレーしやすい土俵で戦ってしまったかなと思う。点差はもっともつれると思っていた。神戸大は関大ディフェンスの弱い部分をずっと突いてきて、関大としては弱いところを突かれても何とか耐えて、こういう試合になるのは選手にも伝えていた。ディフェンスが点を取ってくれたり、キックで点が取れたので良かったが本当なら接戦になってもおかしくなかった。それでも練習量だけは一番こなしてきたという自信はあると思うので慌てることなく誇りを持って試合ができたと思う」

▼地村主将
「夏合宿を終えてリーグが始まったということでみんな気が入って全力を出そうと思っていたが空回りというか自分たちのプレーができないまま試合が進んでしまった。実力自体あるわけではないが自分たちのしたいことができなかったのが問題かなと思う。タッチダウンは味方のブロックが良くて、仲間のおかげでできたプレー。日本一を目指しているので、皆さんの応援がなければやっていきないので、皆さんに勇気と感動を与えられるプレーができるように頑張るので応援よろしくお願いします」

▼小阪田
「今年は最後のシーズンでこれまでずっと3位できているので今年こそはという思いで地村を筆頭にやってきたので今年にかけている。自分たちの弱いところを攻められて、初戦ということで動きも固かった。コミュニケーションもまだまだ取れていなくて改善点がいっぱい出たが、これが初戦で逆に良かったのかなと思う。これを改善できれば、関学大、立命大相手にもいい勝負ができると思うので改善していきたい。インターセプトはスカウティング通りQBを見ていたらこっちに来るなと思っていたらボールが来て狙いが当たったのでよかった」