【サッカー】[ULTRAS]前期最終戦、4ゴールで快勝!後期でさらなる浮上を誓う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生連盟ⅠリーグCブロック前期第7節対追大◇7月10日◇関西大学千里山キャンパス中央グラウンド◇

【前  半】関大ULTRAS 2−0 追大
【後  半】関大ULTRAS 2−0 追大
【試合終了】関大ULTRAS 4−0 追大

Iリーグ前期最終戦となった今回の試合。後期に向け確実に勝利を奪い、前期を締めくくりたい。
前半7分、早速コーナーキックのチャンスを得ると、DF荒井がダイレクトにゴールを狙うが相手キーパーに弾かれてしまう。だがその直後、ヘディングでつながったボールを右サイドからFW長谷川がシュート。早々に先制点を決めた。ここからULTRASが流れを掴む。12分、FW宮村がコーナーキックからのセットプレーで枠を狙うも、これは相手キーパーの反応が早く入れられない。その直後にも、荒井がシュートを放つがバーに直撃。なかなか追加点とはならない。32分、チャンスが訪れる。MF牧野が素早く相手を切り抜けながら左サイドからペナルティエリア付近までボールを運び、MF金沢にパス。それを受けた金沢が右サイドから鋭い一撃で、ゴールネットを揺らした。追加点をあげ追大を引き離す。このまま無失点で前半を終えたい。しかし、前半終了間近に、フリーキックを与えてしまう。だが、これをGK田代が手中に収め、失点を許さない。2点リードのまま、後半へと進んだ。

※画像はクリックまたはタッチしていただきますと高画質で閲覧いただけます。

 

後半4分、前半でゴールを決めた金沢と長谷川に好機が訪れる。MF金沢がドリブルでペナルティエリアまでボールを運ぶと、それを受けたMF長谷川がゴールを狙う。だが、これはバーの上へ。そこから何度もゴール前へボールをつなげるも、相手DFに阻まれ得点には繋がらない。しかし、33分にはコーナーキックからのボールをFW宮村がシュート。3点目のゴールを決めた。その8分後、再びチャンスが訪れる。FW松山がDF酒井のアシストを受け、左サイドからボールを押し込む。4ー0の完勝で前期の幕を閉じた。

※画像はクリックまたはタッチしていただきますと高画質で閲覧いただけます。

 

前期を終え順位は3位と、関西のIリーグ年間総合優勝チーム決定戦への出場には必須条件である2位以内にはあと少しだ。そして、2位のびわこ大Ⅱとの勝ち点差は1点で十分にチャンスはある。

「自チームで何ができるのかということをよく考えて、夏休みの間にしっかりと成長していきたい」(長谷川)。ULTRASは関大サッカー部のセカンドチーム。上を目指す赤白の戦士たちが紫紺のユニフォームを身にまとい、活躍するその日を目指して、成長を誓う夏が始まる。【文:西井奈帆/写真:水野 真・大島涼太郎】

▼山下ゲームキャプテン
「今日の試合はそんなに集中が切れることもなく、まわりの声掛けなどで最後までプレーできた。これから暑い期間に入るが、声かけながらしんどい中でどれだけ走れるかが、後期につながっていくと思う。(前期を振り返って)初戦は大丈夫だろうと入ったが負けて、勝っても連勝できないのが続いてしまった。チームとしてもまだまだだというのが再認識できたので、そこからもう一度ひたむきにやっていこうとチーム内でなった。まだまだ改善するところはあるけどちょっとずつ良くなっていると思う。(REDGROWがIリーグ前期全勝したことについて)自分たちが形上は上にいるからしめしがつかない。僕らも後期勝っていい刺激を与えられるようにやっていきたい」
▼FW長谷川
「前期最終節で良い形で終えようとひたむきに1週間練習してきた。相手はリーグとしては下位のチームだが、そこにレベルが合わさった形で、自分たちのプレーというものを前に出すことはできなかった。(自身が決めた1点目について)早い時間帯に点を決めることがULTRASとしては、あまりないこと。逆に早い時間に失点をしてそのまま流れをつかまれるというのが最近の負けでは多かったので 良かったと思う。(4連勝という結果について)この試合で4連勝という形になったが、リーグ前半で連敗している。勝ち続ける難しさはわかっていた。この連勝は結果としてチームでやってきたことがフィールドで実現できたということだと思う。」
▼FW宮村
「点は取れたがもっと言えば前半で点を決めるチャンスがあったので、僕自身、今日1点しか取れてないということに関して満足はしてない。前半で3点は取れるチャンスがあったし、それを決めていればゲームも楽に終われたと思う。(リーグが中断期間になるが)ULTRASは一応2軍なのでトップチームに入って行けるように個人個人が中断期間でも練習を怠らずに、上を目指して頑張って、その状態で自然といい流れで後期に持っていけたらと思う。(個人的には)総理大臣杯がトップチームはあるので、それまでにアピールできる機会はたくさんあると思うのでそこでしっかりアピールしてメンバーに入れるように頑張りたい」