【準硬式野球】クリーンアップに連打許し、今季初黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西六大学春季リーグ第3節対同大1回戦◇4月2日◇皇子山球場◇

関大 010 000 100=2
同大 012 020 00X=5

(関)能塚、吉田―瀧上
(同)下田―松本憲

開幕から緊迫したゲームが続き、逆境をはねのけてきた関大。現在4連勝と優勝戦線をリードしている。今節は、1勝差で2位の同大が相手だ。このカードは昨夏、全日出場を懸けた第5代表決定戦で対戦し、後一歩のところで勝利を逃し、涙をのんだ因縁の相手でもある。今季はコールド勝ちを収めるなど「打」の印象が強いが、4季ぶりのリーグ制覇を成し遂げるためには負けられない大事な一戦となる。

関大の攻撃は2回、5番・木下が安打で出塁すると、続く瀧上が犠打で木下を二塁へ送る。7番・深井主将は三振に倒れるも、笹山が中安打で好機を拡大。2死一、三塁の場面で先発の能塚が打席に立つ。「やってやろうという気持ちだった」(能塚)。打ち返した打球は一塁手強襲の内野安打となり、自らのバットで先制点を挙げた。

IMG_2424nb

△先制打を放った能塚

しかし、点をあげた直後の2回裏、先頭打者となる5番・岡本に投じた初球を完全にとらえられてしまう。打球はぐんぐん伸びていき本塁打となり、一瞬にして試合は振り出しに戻る。続く3回にも1死から失策と右前打で岡本の前に走者を出してしまう。岡本に対して追い込むも、中越適時二塁打を浴び、2点を失う。得点シーンに岡本が全て絡み、5回にも2点を追加され1-5と突き放される。

一方の関大は、2回の先制以降三者凡退に抑えられ、チャンスすら作り出せずにいた。そして、7回、1死をとられた後に深井主将が右安打で出塁に成功すると、エンドランがかかった場面で笹山も中安打で続き、反撃ののろしを上げる。そして、9番・能塚のところに代打・出口が送り込まれた。「代打の中で信頼を置いている」(深井主将)。スタンドも出口の登場に盛り上がるも、遊ゴロに打ち取られ、相手は併殺体勢に入る。笹山は二塁でアウトになるも、出口は一塁セーフ。併殺崩れの間に深井主将がホームに返り、1点をもぎ取った。さらに、連打が生まれ、2死満塁のチャンスを作るが、3点目のホームは踏ませてもらえなかった。

IMG_2698d

△代打で打点を挙げた出口

8回からは吉田が登板し、走者を出しながらも粘りのピッチングを見せた。これまで劣勢に立たされながらも逆転勝利を収めていた関大ナインだったが、今回は3点の差が重くのしかかり、今季初の黒星を喫した。「負けはしたが、ベンチの雰囲気は良いままできていた」(深井主将)。気持ちを切り替え、明日同大2回戦を迎える。【吉田佳奈】

▼深井主将
「神大戦の一試合目の入りが良くなかったので、今回はかなりアップを大事にして準備をした。相手は打つチームと思っていたので、クリーンアップの前に走者を出さずにやっていけるかという話をしていた。5番・岡本にやられてしまった。また、自分の失策から岡本につなげ、そこで走者をかえしてしまって無駄な失点につながったかなと思う。相手投手はコントロールが良くて、3ボールになっても際どいところをついてきていた。際どいところでも振っていこうとしたが、チャンスが作れなかった。(7回は)自分が出て、笹山がしっかりエンドランを決めてくれて、良い感じでチャンスを作れた。代打の出口は代打の中で信頼を置いている選手。打ってくれると信じていた。結果は内野ゴロだったが、最低限の仕事をしてくれた。そこからさらに満塁までいったが、あと1本が出なかった。クリーンアップで走者を進めてしまったことが課題。5番・岡本に対しての配球が甘く入りすぎたのかなと思う。今日の試合負けはしたが、ベンチの雰囲気は良いままできていたので、明日は切り替えてみんなで一丸となって勝ちにいきたい。同大に対して1勝1敗でもっていけたら優勝も見えてくると思う」

▼能塚
「相手は自分の研究をしてきていると思ったので、今までとどれだけ違った攻め方が出来るかと話していた。徹底していたつもりだったが、大事なところでいつも通りのピッチングをして打たれてしまった。(2回の場面では)自分はチャンスが得意なので、気持ちがあがってやってやろうという気持ちだった。3ボールだったので、次はストライクを入れにくるだろうと思い、入ってきた球を打った。2回裏は直前まで走者として出ていたので、準備が出来ていなかった。慎重にならずにいつも通り攻めたところを打たれてしまった。この本塁打は気にしないという形にしていたが、次の打者に四球を出してしまったのは反省したいと思う。(5番・岡本に)3本ヒットを打たれてしまった。狙われると打たれるということが分かった。また、クリーンアップでの配球がつかめた。次に向けて良い勉強になったと思う。キャッチャーと話して合って直していきたい。明日は投球機会があれば、相手に点を取らせずに抑えていきたい」