【応援団】感動の2日間!HELIOS POWER 2019が開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇HELIOS POWER 2019◇12月18・19日◇豊中市立文化芸術センター◇

「POWERFUL」を体現した2時間だった。応援団バトン・チアリーダ部HELIOSがこの代にとってラストステージとなる「HELIOS POWER」を開催。今年は2日間にわたって観客を魅了した。

第1部では、オープニングチャプターとカイザーズチャプター、計7つのステージを披露。
オープニングチャプターでは、リズミカルな曲調に合わせて華麗に空中を舞った。

次に行われたスタンツステージでは黒の衣装を身にまとい登場。JAPAN CUPで史上初の快挙を成し遂げるなど、応援活動以外でも活躍し続けた今年。アクロバットなステージをこのHELIOS POWERでは全員で作り上げ、大会以上にレベルの高さが光った。

その後の高等学校ステージ、OGステージが行われ、オープニングチャプターを締めくくった。

続いて始まったのがカイザーズチャプター。アメフトや野球、さまざまな部の応援に駆け付けたその風景を再現した。途中で行われたカイザーズステージには体育会員も参加。体育会とともに歩んできたHELIOSだからこそできるステージを披露した。

第2部が開演し、始めのダンスチャプターでは「Back to the Future」の世界観を作り上げた。ポップに、クールに、そしてリズミカルに、さまざまな場面へと観客を導く。最後には全員でクリスマスパーティーを再現し、一足早いクリスマスをプレゼントした。

ファイナルチャプターでは、HELIOSのこの1年間を振り返るムービーが流されたのち、ハーフタイムショー「FLASH」を披露。1年間、様々な場所で行ってきたこのショーを完成させた。

その後、このステージをもって引退する4回生の紹介が行われ、拍手に包まれながら花束が贈呈された。最後に、長尾彩香(社4)がマイクを握り、自身が部長を務めたこの1年間を振り返った。

最後にフィナーレステージとアンコールステージが行われ、笑顔で終幕。たくさんの観客に見守られながら、最後までステージ上で輝きを放った。

何事にも挑戦し、新たな歴史をつくったこの1年。そんな日々の中で、「みんながバラバラな方向を向いていると感じた」こともあった。だが、最後に気付いた「言葉にして伝え合うことの大切さ」。このメンバーで作り上げてきたからこそ得たものは計り知れない。苦楽をともにした仲間との日々は、何十年経っても輝き続ける。【文:中西愛/写真:松山奈央・坂井瑠那・中西愛】