【ホッケー】濱口の決勝ゴール!2部優勝を果たす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ順位決定戦◇対京大◇11月24日◇於・グリーンランドみずほ◇

[第1Q]関大0-0京大
[第2Q]関大0-0京大
[第3Q]関大0-0京大
[第4Q]関大4-0京大
[試合終了]関大4-0京大

第4クオーター(Q)怒涛の得点劇で2部優勝を成し遂げた!和歌山大との接戦をものにし、迎えた2部頂上決戦。相手は今季リーグ初戦で苦戦を強いられた京大だった。両チーム無得点で試合は進んだが、第4QでFB濱口達也(シス理4)がペナルティーコーナー(PC)で念願の先制点を奪うと、そこから連続3得点。最終Qで突き放し、歓喜に沸いた。

それまでの3Qは、得点に苦しんだ。前半だけで3回ものPCのチャンスを獲得し、すべて濱口がストレートでゴールを狙う。しかし、相手GKの好守にはばまれ続け、スコアボードには0が並んだ。第3Qでも得点はかなわない。MF森川大(人3)らが積極的にシュートを狙うが、ここでもGKにゴールを守られる。中盤にはFW笹木大聖(経3)とFW山田慧人(政策3)で速攻を狙うシーンも見られたが、ゴールは遠い。両チーム無得点のまま、最終Qに突入した。


△濱口


△森川


△笹木


△山田

念願の瞬間がついにやってくる。第4Q開始3分でPCを獲得。なんとしてもここで得点したいと力が入った。これまで通り濱口が直接シュートを打つことになったが、それまで下を狙っていたところを右上に変更。これが見事奏功する。ゴール枠にボールが収まったのを確認すると、濱口は大きくガッツポーズを見せた。だが、関大の勢いはこれでは終わらない。FW柳田昂輝(情2)が続けてPCを獲得すると、ここも濱口が押し込み2点目。さらに、残り時間6分でもPCから得点を挙げ、このQだけでPCで3得点を獲得する。さらに終盤、MF上田隆ノ介(文2)が自身大学初得点でダメ押しの4点目を挙げ、チームは勝利を確信。試合終了のホーンが鳴り響くと、歓喜の声が会場に響き渡った。


△濱口


△上田

最終Qでの勝利劇で、見事2部優勝を果たした関大。目標である1部昇格まであと1勝となった。「最後の最後で俺らのチームで1部に上がって、有終の美を飾ろう」。春の入れ替え戦敗戦後、近藤弘明主将(環都4)ら4年生が描いた姿は果たして現実となるのか。関大ホッケー部の今シーズン最後の戦いが、幕を開ける。【文・中西愛/写真・坂井瑠那】


△個人賞受賞選手。左からアシスト王の笹木、最優秀選手賞、得点王の濱口、ゴールキーパー王の若生知嵩(化生1)

▼近藤弘主将
「SOも考えたし、一歩間違えれば(点を)決められていたが、ディフェンスがよく頑張ってくれた。(0-0で何と声掛けを?)いつも通りマーク見ろよとか、逆サイドも注意しろよとか、しっかり走れとか。ただ、いつも通りの声掛けを。変わったことはしていない。今日はみんなインカレの法政大戦みたいに気持ちが入っていたから、動きは良かったし、あまり言うことはない。ただ、やはりフィールドゴールがあまりなかったというのが、決めきるべきところで決めきれてない。そこの課題は残ったので、次こそフィールドゴールでも点を決めれるように。あと、もっと早い段階で(点を取りたい)。今回も4Qからスイッチが入った。そこは本当に怖いところだから、もっと早く点を決めれるように、調整していく。(今季リーグ戦を振り返って)目標が圧倒して優勝することだったが、圧倒というほどでもなかった。前の京大戦も3-2だった。圧倒してたのは京産大戦しか記憶にない。ただ、強くはなったと思う。ドキドキはするが、あまり負ける気はしなくなった。安心感があるというか。秋リーグからやっている戦術がうまくはまったのかはわからないが、安心感のあるチームになった。インカレがいいきっかけになった。毎年のインカレ後に雰囲気が落ち込むという癖もなかった。いい意味で自信が付いた。やればできるという気持ちが、一番その安心感につながっていると思うし、みんなの体の動きとかにもつながっていると思う。(入れ替え戦に向けて)ぼこぼこにしたいと思う。次こそ圧勝できるように。春リーグの入れ替え戦で負けたとき、後味が悪かった。2部2位で、入れ替え戦も負けて。『今回あかんかったけど、逆に、最後の最後で俺らのチームで1部に上がって、有終の美を飾ろう。逆にそういうシナリオは手に入れることができたから』と。それはもう、思いっきりコート内で叫んで終わりたい」

▼濱口
「ペナルティーコーナーも前半3本あって、フィールドゴールのチャンスも何本かあった中で点が決まらなかったのはもったいなかった。(そんな中で第4Qで3得点の要因は?)始めは下を狙っていて、入らなくて右上を狙ったら入り始めた。そこからは何をしても入った。コースが甘い部分はあったが…。最後の1本はコースが外めで結構良かったが、始めの2本は甘めだったので、そこは、入れ替え戦で改善しないといけないところ。(フィールドゴールでは無得点だが?)チャンスはあった。第3Qは回数も多かったと思うので、もったいなかった。ただ、シュートは打ててたことは良かった。いつも打てずに終わるので。そこを決めれるようにしたい。(入れ替え戦に向けて)勝つだけ。僕らの代で1部に上げて、後輩に引き継ぎたい。(受賞について)得点王は、予選から得点は決まっていて、選考に絡むのが順位決定戦からだったので、そこでしっかり決めれて、得点王になれたことは良かった。ペナルティーコーナー打たせてもらっているので決めないといけない。その中で得点率としては悪いかもしれないが、得点王をもらえてよかった。最優秀選手賞は、意外だった。点は取って、表面上活躍しているように見えるけど、記録に残らない部分で活躍している選手はもっといっぱいいる。ペナルティーコーナーをとってくれる選手もいるし、パスでつないでくれている選手もいる。そういう面では、自分じゃないという風に思っていた」

▼笹木
「(アシスト王獲得について)自分の力でアシスト王がとれたというよりかは、チームメイトが決めてくれて、アシスト王をいただいたという感じ。自分の意識的には、アシスト王より得点王のほうがほしかった。今度の入れ替え戦では点をとりたい。(今季は悔しそうな場面が目立つが?)昨日の試合だったら、1点とってから点が取れない時間が続いた。自分が決めなきゃいけないという気持ちがあったので、決めきれなかったことは悔しい。来年は濱口さんも引退されるので、自分がその代わりに得点王を目指したい」

▼上田
「大学初ゴール。チームの雰囲気が良かったのでいけた。流れに乗れた。僕が出場するのがQの半分からだったが、出る前に濱さん(濱口達也)が2点決めてくれたから、気分的にも余裕ができて、決めれた。笹木さんがえぐってきてくれて、そのラストパスを正岡さんが触ってそれがいい感じに僕のところに来たので決まった。めちゃくちゃ嬉しい。(入れ替え戦に向けて)大学で点がとれていない。僕の仕事はパスを回すことなので、僕のパスで試合を作りたい」

▼若生
「(ゴールキーパー王獲得について)秋季リーグはそんなに何もやっていない。何回かは止めたが、この賞はどちらかと言えばインカレの法政大戦のものかなと思っている。インカレで法政大に勝って、そこからいい調子で来て優勝できたので。一週間後の入れ替え戦も勝って、来季の1部復帰につなげられるようにあと2週間過ごしたい。(入れ替え戦に向けて)デイフェンス面が守れているところも多かったし、ミスも少なかったのでそのまま行けたらいいが、フォア―ド面では、今日も昨日も第4Qでようやく点が入り出して良くなったので、もっと入りからしっかり行けるように、2週間の間でしっかり調整していきたい」