【ソフトテニス】優勝逃し、悔しい関西2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生春季リーグ戦◇5月2・3日◇マリンテニスパーク北村◇

 

【1戦目】関大3-0関学大

【2戦目】関大2-1神戸松蔭女子学院大

【3戦目】関大2-1千里金蘭大

【4戦目】関大2-1立命大

【5戦目】関大0-3天理大

 

【総合成績】1部2位(4勝1敗)

 

昨秋のリーグ戦は5位と悔しさを味わったソフトテニス部女子。目標の王座へ出場するためには優勝が必須条件だ。日差しが強く照り付ける中、戦いが始まった。

 

初戦の相手となるのは関学大。まずはダブルスで佐々木・岡田組が挑んだ。互いにゲームを取り合ってゲームカウント3-2とリードする。6ゲーム目は岡田のバックボレーが決まり先制すると相手のミスも重なり、最後は岡田がスマッシュを決め、ガッツポーズ。続いてはシングルスの内藤。ゲームカウント2-2からの5ゲーム目をデュースに持ち込み、そのまま相手の連続ミスで奪うと、6ゲーム目も取って勝利を手にした。最後に登場したダブルスの西岡・賀川組は相手を寄せ付けない。後衛の西岡がストロークで相手を圧倒すると、前衛の賀川は次々とボレーを決めていく。4ゲーム目こそ苦戦したが、しっかりと勝ち切ってストレート勝ち。初戦を3戦全勝と好スタートを切った。

 

岡田ボレー

次に対戦するのは昨秋リーグを制した神戸松蔭女子学院大。初戦と同じく最初に佐々木・岡田組が1番手で試合に挑んだ。相手のサービスゲームから始まった試合は5ゲーム目まですべてレシーブ側がゲームを取っていく。サーブではなかなか攻めきれず、互いに相手のミスからポイントを重ねていく展開。6ゲーム目は関大が連続でポイントを奪ったが、追いつかれカウント2-2に。しかし、相手前衛のチップでマッチポイントとすると、最後は岡田が決め、白星スタートとなった。2番手も初戦と同じくシングルスの内藤。2連勝で勝利を決めたいところだったが、1ゲーム目をデュースに持ち込まれて落としてしまう。2ゲーム目は関大のサービスゲーム。内藤はカットサーブをしっかりと入れていくが、レシーブでショートを多用されリズムを崩される。その後も悪い流れを止められず、この試合を落とし、1勝1敗とされる。勝利は3番手の西岡・賀川組に託された。2ゲーム連続で取ったが、3ゲーム連続で落とし、後がなくなる。6ゲーム目は賀川のボレーが決まって先攻すると、相手のミスもありゲームを奪いファイナルへと持ち込む。一進一退の攻防が続く中でカウント5-4と関大がリードする。続くポイントで相手後衛がストロークをネットに掛けると先にマッチポイントを関大が握る。そして最後は西岡がサービスライン付近から相手前衛を抜き、勝利をもたらした。

内藤

 

この日の最終戦となった3戦目の相手は千里金蘭大。ダブルス1本目からファイナルへと突入する試合となった。カウント4-4から連続でポイントを落とし、マッチポイントを取られる。しかし、ここから2連続で佐々木が得点を決め、デュースへと持ち込む。相手前衛がサービスダッシュで前にあがると佐々木のレシーブをバックハンドでボレー。これがアウトとなり、関大がマッチポイントを握る。この勢いで、最後は岡田がボレーを決め、4連続ポイントで試合を決めた。続いて挑んだシングルスの内藤は主導権をつかみ、1ゲーム目を4-0で取る。勢いそのままに次々と得点を奪っていく。最後はバックハンドのストロークが決まって完勝。最後の西岡・賀川組は3ゲーム連取したが、その後なかなか得点が決まらず逆転負けを喫す。しかし、通算で2勝し、千里金蘭大には勝ち越した。

西岡賀川

 

初日は3戦ともに白星で飾り、暫定の首位に立った。チームの雰囲気も良く、選手、ベンチともに一丸となって戦う姿が見れた。しかし、残す2試合はいずれも2勝しているチームとの対戦。決して油断は許されない。

 

勝負の2日目。残る試合はあと2つ。優勝へ向けて負けられない戦いとなった。

 

4戦目は立命大との一戦。佐々木・岡田組は相手を寄せ付けない。岡田がボレーを何度も決め、リズムをつかむ。2ゲーム目こそデュースまで及んだが、ゲームは落とさない。ゲームカウント3-0とリードし、迎えた関大のマッチポイント。後衛の佐々木が相手を逆クロスに押し込むと、返ってきたボールを前衛の岡田がスマッシュ。息の合ったプレーでロングラリーを制し、まずは先勝した。シングルスの内藤は幸先良く1ゲーム目を取ったが、その後は相手のショートに苦戦。リズムを崩し、逆転負けで1勝1敗となる。最後は西岡・賀川組。ゲームカウント1-2とリードされるが、そこから2ゲーム連取する。6ゲーム目は審判の微妙なジャッジもあり苦戦する。それでもデュースからマッチポイントを取ると、相手のミスで関大が勝利。勝ち越しを決め、選手もベンチも盛り上がる。

 

最終戦はここまで3勝1敗の天理大と対戦。勝った方が優勝という大一番となった。メンバーは代えず、選手を信じた。しかし、ここまで全勝の佐々木・岡田組がいきなり劣勢に立たされる。相手前衛に苦しみ、思うように得点を奪えない。最後まで嫌な流れを断ち切れず、まさかのストレート負け。後がなくなった関大。内藤はストロークでのミスが目立ち、2ゲーム連取される。だが、3ゲーム目を取り返し、反撃開始かと思われた。しかし、その後もミスが出て、ゲームカウント1-4で敗れた。最後の西岡・賀川組の試合は接戦となり、ファイナルゲームに突入。4連続でポイントを落とし相手ペースになると、最後はボレーを決められる。結局1勝もできずに完敗。悔しい敗戦となった。

 

あと一歩のところで優勝を逃してしまった。「優勝できるという自信があっただけに悔しさも大きい」と村上主将。目標達成はかなわなかった。しかし、7月には4連覇が懸かる西カレを控える。このリーグ戦での悔しさをばねに次は西日本4連覇を目指す。【林 亮佑】

 

 

▼村上主将

「(1日目)先輩も後輩もみんな仲がいい。逆にそれが裏目になって、違う方向への楽しみになっていたので勝負にこだわって本気で立ち向かっていく。そうすることでチームの団結につながるし、そういうチーム作りをしてきた。下級生がプレーしていることが多いが、出ていない人がアドバイスを送ることで選手も思い切れる。また、しんどい時にふんばれると選手同士の信頼も深まると思う。今日は競ったゲームが多かった。ファイナルまでいかなくてもいい試合も緊張から動きが硬くなっていた。目標はリーグ戦で優勝して王座に出場すること。今日の結果に満足せずに、どうしたらもっと良くなるのかを全員で考えて明日に臨みたい」「(2日目)悔しい。全員で優勝を目指していた。盛り上がって全員で戦おうと言っていたが相手にやられてしまった。学年に関係なく、調子の良い選手を出そうという感じだった。昨日出た3ペアが調子が良かったので今日もオーダーを変えず、ガチンコで勝負にいった。ダブルスはこの大会を通して安定していたが、天理大戦で初戦を落としたのは大きかった。優勝できるという自信があっただけに悔しさも大きい。ただ、7月に3連覇中の西カレがある。今回の負けを生かして、この悔しさをばねにして西日本で4連覇を目指したい」