【なぎなた】悔しさつのる西日本インカレ。入賞者なしに終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第44回西日本学生選手権大会◇11月17日◇東大阪市立総合体育館

[演技競技]
仙波・岡組  3回戦敗退
麦谷・森組  1回戦敗退
南出・田中組 4位
松山・大村組 2回戦敗退
清水・村上組 2回戦敗退

[試合競技(団体の部)]
【1回戦】
●関大B(仙波、森、南出)1-2鹿屋体育大学B
●関大C(山田、麦谷、岡)0-1西九州大
【2回戦】
●関大A(清水、村上、田中)1-2福岡大C

[試合競技(女子個人の部)]
森  2回戦負け
田中 3回戦負け
南出 1回戦負け
村上 2回戦負け
清水 2回戦負け
仙波 ベスト8

[試合競技(男子個人の部)]
大村 2回戦負け
松山 3回戦負け

閉会式後、大村篤志主将(法4)は「自分の代で入賞者無しという結果に終わってしまったのは残念」と悔しさを露わにした。

開会式が終わってすぐに演技競技が開始する。それぞれが勇ましい声を出して力強い演技を見せる中、最も関大で目立ったのは南出成美(情3)、田中里彩(人3)組。息の合った乱れぬ動きで1回戦、2回戦、3回戦と着実に勝ち上がる。準決勝では惜しくも1点差で敗れ、迎えた3位決定戦でも勝利とはいかず、表彰台入りすることはかなわなかった。

試合競技は団体の部からスタート。関大Bは強豪・鹿屋体育大のBチームと対戦する。先鋒の仙波涼羽(社1)が鋭い攻めで流れを作る。一本を奪い先勝に成功。しかし、次鋒の森香純(人2)、大将の南出と共に攻めの姿勢を貫くも、なかなか相手の防御に阻まれ一本を奪えない。終盤には逆に相手に突かれ惜しくも1回戦敗退となった。

関大Cは山田理華(経1)、麦谷知加(化生2)、岡瑞稀(政策2)の3人で臨んだ。積極的に相手の隙を狙うが、うまく攻撃が入らない時間が続く。最後まで攻め手に欠き、勝利することは出来なかった。

関大Aは福岡大のCと対戦。実力者を要する相手に、苦戦を強いられた。大将の田中が一本取ったものの、相手に2本先に取られている状況で覆すことは難しかった。

団体戦の悔しさをぶつけて臨んだ個人戦。南出がまさかの1回戦負け、村上こと乃(社2)、清水愛莉(人1)が初戦で敗退するなど、波乱が起きる中、躍進を見せたのが1年生仙波。仙波は1回戦を一本勝ちで勝ちあがると、2回戦では延長戦に。延長でも集中力を切らさなかった仙波はここも勝ち上がる。3回戦も延長にもつれ込むが、仲間の声援を力に一本決めた。続く4回戦は相手の攻めに対応しきれず敗戦となったが、チーム一の結果を残した。

男子個人の部には2選手が出場。大村主将は1回戦を快勝し、迎えた2回戦は攻撃の仕掛けをことごとく封じられる。決め手がなかなか見つからず、最後まで一本を取ることはかなわなかった。松山力英(文1)は初戦、攻めてくる相手を上手くかわし、延長戦に持ち込む。延長戦では関大の他の選手全員の声援が送られる中、攻め気を見せ、徐々に相手を翻弄(ほんろう)。最後は判定勝ちとなり、3回戦進出となった。3回戦は相手が上回り、2本取られてしまい敗退となった。

昨年は男女ともに賞状を手にしただけに悔しい結果となった今大会。それぞれが課題の見つかる結果となった。また今大会で1年間、チームを引っ張ってきた大村主将が引退。悔しい思いが残ったが、後輩たちにその思いを託した。名門の重圧と戦い抜いた今年1年間。最後は結果が出なかったが、来年再び関大を名門にふさわしい位置へ、再び関大なぎなた部は歩み出す。【文:北島大翔/写真:森本明日香】