【ボクシング】4選手が2日目へ駒を進める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019関西学生トーナメント1日目◇近畿大学クラブセンター

[BクラスL級]
○竹内雅哉(文2)

[AクラスLF級]
○上村帝尊(人1)

[AクラスL級]
●渡部夏志(社2)

[AクラスLW級]
○千葉拳大(法2)
○伊藤颯(法1)

[AクラスM級]
●長谷川慧人(政策2)

10月の大阪府オープンを経て、関西学生トーナメントが開幕。関大からは6選手が各階級に分かれて出場した。AクラスLW級の千葉がRSC勝ちを収めるなど、健闘を見せた。

この日最初に登場したのはBクラスL級の竹内。第1ラウンドから攻めの姿勢を崩さず、相手の隙を見計らい強烈なジャブを打ち、リズムを作る。仲間の「雅哉コール」にも後押しされ、竹内は最終ラウンドまで危なげない試合運び。流れを崩すことなく勝利を収めた。

AクラスLF級の上村は序盤から受け身になる局面が目立ち、劣勢に立たされる。それでも第2ラウンド以降立て直し、積極的な攻めでダウンを奪う。その後相手の反撃でダウンを2つ取られるも、第3ラウンドまで両者互角の戦いとなる。勝敗は判定にもつれたが、レフェリーは上村の手を上げ、白星を手にした。

AクラスL級には渡部が登場。だが試合開始から相手の速攻に苦しみ、なかなかチャンスを作れない。何とか巻き返そうと第2ラウンド以降はフックを仕掛け、必死に応戦するが、最後は力尽き判定負けとなった。

2人が出場したAクラスLW級。千葉が対戦したのはリーグ戦を制した大商大の選手だった。「1、2ラウンドは劣勢になる場面が多かった」と千葉。だが力強いジャブを軸にポイントを重ね、第3ラウンドでは相手からダウンを2つ奪う好プレーを見せる。そのまま押し切って見事RSC勝ちを収めた。負けじと伊藤も奮闘。第1ラウンドで残り1分を切ると、相手のボディにフックを決めるなど攻勢を強める。その後試合はノーガードの打ち合いとなるが、伊藤は優勢を保ち続け判定勝ち。試合後、仲間に笑顔で迎えられた。

この日最後に登場したのはAクラスM級の長谷川。こちらも序盤から激しい打ち合いとなり、一進一退の展開が続く。フックやジャブを軸にポイントを奪い、最後まで積極的に攻め込む。だが判定の末敗れ、惜しくも勝利を逃した。

明日は優勝が懸かった試合も行われる。さらに強敵との対戦も増え、厳しい戦いになることも予想されるが、来春のリーグ戦につなげるためにも、一人でも多くの選手が成績を残したいところだ。【文:長尾洋祐/写真:髙橋周】

▼千葉
「1、2ラウンドは劣勢になる場面が多かったですけど、第3ラウンドで盛り返せたので、良かったです。結構ガードの状態で打ち続けられたので、勝つにはしっかりダウンを取らないといけないと思って必死に取りに行きました。きれいにパンチが入ったし、レフェリーもダウンを取ってくれたので、良かったです(笑)。(仲間の応援は)試合前に大きな声でコールしてもらえて、すごくやる気になりました。自分はリーグの最初の方はケガで出られなくて、後半に復帰したので、来年は最初から出られるようにしたいです。(明日へ)優勝するために練習を積んできたつもりなので、優勝できたらいいなと思います」