【バレーボール】府学開幕!Aチームがベスト8進出決めた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度藤原慎一杯大阪府学生男女選手権大会1日目◇11月16日◇大阪体育大学他◇
Aチーム
【2回戦】対大商大B
[第1セット]関大A25―21大商大B
[第2セット]関大A25―22大商大B
[セットカウント]関大A2―0大商大B
Bチーム
【1回戦】対大産大C
[第1セット]関大B25―19大産大C
[第2セット]関大B16―25大産大C
[第3セット]関大B15―11大産大C
[セットカウント]関大B2―1大産大C
【2回戦】対大商大A
[第1セット]関大B18―25大商大A
[第2セット]関大B20―25大商大A
[セットカウント]関大B0―2大商大A
Cチーム
【1回戦】対関大D
[第1セット]関大C25―18関大D
[第2セット]関大C25―20関大D
[セットカウント]関大C2―0関大D
【2回戦】対大体大A
[第1セット]関大C20―25大体大A
[第2セット]関大C20―25大体大A
[セットカウント]関大C0―2大体大A
Dチーム
【1回戦】対関大C
[第1セット]関大D18―25関大C
[第2セット]関大D20―25関大C
[セットカウント]関大D0―2関大C

本日から大阪府学生大会が開幕した。関大から4チームが出場。主力がそろうAチームがベスト8進出となった。

Bチームはベンチメンバー主体の編成。1回戦の相手は大産大Cだった。「1発目に入ったのがよかった。勢いに乗れた」と松野龍紀(環都2)が開始から絶好調。セッター・池田勇太郎(法1)のトスから次々にスパイクを叩き込んだ。主導権を渡すことなく、第1セットを奪った。第2セットを落とし、第3セット。相手リードの局面で、ゲームキャプテンを務める内田康太(政策2)の力強いサーブが冴え渡った。同点に追いつくと、松野、西元喬亮(経3)のポイント、岡田大雅(経1)のブロックと続き鮮やかな逆転勝ちとなった。

続く大商大Aとの2回戦では、「落ち着いていた。どっこいだった」(内田)と、食らいつくていく。結果としては、ストレートでの敗戦となったが手応えを感じる2試合になった。


△松野


△池田


△内田


△西元


△岡田


△田村幸大(情2)

Aチームは2回戦からの出場。「(試合開始までの)時間が長く、集中することが難しかった」(丸山洸祐=人4)と、シードならではの条件に苦しんだ。相手は、1回戦をフルセットで勝ち抜いてきた勢いに乗る大商大B。第2セットでは、5点差をひっくり返されヒヤリとする場面もあった。それでも、「1部で戦ってきた経験がある」(垂水唯人=経4)と大崩れすることはなかった。青木 佑介(社3)の絶妙なサーブや、3枚ブロックでのポイントなどで逃げ切り、ベスト8進出となった。


△垂水


△青木


△藤井徹太(社2)


△南本一成(商2)


△平城諒太(社4)

別会場では、CチームとDチームの関大対決が行われた。林拓磨主将(人4)ら4年生を中心としたDチームと、吉田和平(社3)がゲームキャプテンを務めたCチームの一戦は、Cチームに軍配。「Cチームは基本的なことができてたと思うし、雰囲気も良かったと思う。バレーボールは流れのスポーツなので、そこができていたのが彼らの力やと思います」と、主将は振り返った。また、Cチームは2回戦では大体大Aと対決。ストレートでの敗戦だったが、2セットともに20点を奪う肉薄した戦いだった。


△林


△岡田舜(人4)


△清水大翔(政策3)


△北尾(経4)


△ 野田訓康(経4)


△ 高山憧(人4)


△ 青谷一樹(安全1)


△ 文字直輝(商1)


△吉田

明日、関大Aは第2試合からの出場。相手は、大体大Bとなった。さらに、順当に勝ち進むと、決勝進出をかけ大産大Aと対峙する。大体大は先週関カレで敗れた相手、さらに、大産大は全日本インカレの2回戦で当たる可能性がある。絶好の相手との試合が予定されている。集大成の全日本インカレ前に勝利し、勢いをつけたいところだ。【文:松浦智/写真:松浦智・勝部真穂・北島大翔】

▼林主将
「もうちょっと頑張れたのかなというのが第一印象です。成長したと思っていたけど、まだまだ基礎が出来ていなかったり、レベルアップできる部分もたくさんあった。普段Bチームで試合に出てるけど、自分自身もただやってるだけやなと。改めてこのようなチームになった時にもっとチームを引っ張らないとあかんなと思いました。(Dは4年生中心のチームだったが)北尾もみんなも抜かずに頑張ってたし、最後できて良かった。終わりなので感慨深かったです。Cチームは基本的なことができてたと思うし、雰囲気も良かったと思う。バレーボールは流れのスポーツなので、そこができていたのが彼らの力やと思います。(全日本インカレに向けて)関カレも負けてしまったし、いよいよ最後。全日本で良いところまでいければ次のチームにも良い流れをつなげると思う。ちょっとでも上の舞台でやらしてあげれるように引っ張っていきたいと思います」

▼垂水
「朝11時にきて試合が19時なので、8時間空くことになってしまった。調整が難しかった。(今日の試合について)相手はBチームだが、自分たちとしては勝たなくてはいけない相手だった。気を抜くことなく戦うことができた。(第2セットで崩れずにできたのはどのような要因が?)1部のリーグで戦ってきた経験があるので、自分たちのレベルが上がっているのもあるのではと思う。調子は良くもなく、悪くなくという感じだった。(明日への意気込み)大体大Bに勝って大産大戦に流れをつけたい。大産大にはリーグで負けている。府学で勝ちたい。インカレにつながるように勝利したい」

▼丸山
「やはり待つ時間が長かったので、気持ちの作り方が難しかった。(個人として調子は?)まあまあ、ぼちぼちという感じだった。(2セット目持ちこたえた要因は?)青木のサーブが走っていて、そのあとからブロックが出たのが要因。(明日への意気込み)ここでしっかり大産大に勝っていい流れでインカレへ持っていきたいと思う」

▼平城
「(今日の試合について)相手としては勝たないといけない相手。内容としてはやり切ったという感じではなかった。予想していたよりもつれてしまった。相手のサイドの選手が良く、自分たちのブロックとレシーブが1セット目はあまり対策できないままになってしまった。(2セット目、踏ん張れた要因は?)相手のサーブミスが大きかったと思う。こちらのサーブが最後は攻めることができていたので、一歩出ることができたと思う。(明日の意気込み)全日本インカレで目標のベスト16に行くために、明日大体大Bに勝って、全日本インカレでも(2回戦)当たる可能性のある大産大に勝ちたいと思う」

▼内田
「大産大戦のときに結構あたふたしていた。でも、大商大戦のときは落ち着いていて途中までどっこいどっこいの戦いが出来ていたので良かった。内容としては絶対に大商大戦の方が良かった。(1回戦の第3セット、サーブでの得点について)あの時はびびって入れにいくより、攻めた方が良いと思って強気で攻めた。(インカレへの意気込み)途中交代で入ると思うが、どんな状況で入るかわからない。入ったらその状況の中でしっかり活躍したい」

▼吉田
「(1回戦について)練習中はほぼ互角の戦いだったんですけど、今日はみんなの力が引き出せてたのかなと思います。黙って試合をしていたら雰囲気が悪くなって良いゲームができないと思う。なので、声かけとか笑顔とかを意識的にするようにしてました。(大体大戦は)やっぱり1部やなと感じました。でも、いつも練習してることが出せた部分もあって、ようやく結果にもつながってきたのかなと感じました。府学生大会でいつもチームに出てない子たちが一歩また成長できたんじゃないのかなと思います」

▼西元
「(2試合を振り返って)みんなで楽しめることができたので良かった。個人としては1試合目の方が良い出来だった。(今日の良かったところは?)しんどい状況の所で決めることができたところだと思う。(今日の悪かったところは?)もう少しワンタッチしかブロックに絡むことができたらよかったなと思う」

▼松野
「1戦目は良かったが、2戦目は相手が強かった。今年の秋はベンチに入ったり入らなかったのが続いていた。(去年今大会にDチームとして出場。今年はBチームで活躍。成長の手ごたえは?)昔よりは感じている。(1回戦について)一発目に決められたので、勢いに乗ることができた。(インカレへの意気込み)チームに貢献できるように頑張る」