【バレーボール】全員が持ち味を出した府学生大会1日目。Aチームが2日目進出を決める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度藤原慎一杯大阪府学生バレーボール男女選手権大会1日目◇2回戦・3回戦◇11月16日◇大阪国際大学松下町校地

【2回戦】
[第1セット]関大B 23-25大大谷大A
[第2セット]関大B 25-19大大谷大A
[第3セット]関大B 15-11大大谷大A
[セットカウント]関大B 2-1大大谷大A

[第1セット]関大A 25-17千里金蘭大C
[第2セット]関大A 25-14千里金蘭大C
[セットカウント]関大A 2-0千里金蘭大C

[第1セット]関大C 7-25千里金蘭大A
[第2セット]関大C 10-25千里金蘭大A
[セットカウント]関大C 0-2千里金蘭大A

【3回戦】
[第1セット]関大A 25-12大院大
[第2セット]関大A 25-22大院大
[セットカウント]関大A 2-0大院大

[第1セット]関大B 25-23大体大A
[第2セット]関大B 18-25大体大A
[第3セット]関大B 10-15大体大A
[セットカウント]関大B 1-2大体大A

今年も大阪府学生大会が行われ、関大からは3チームが出場した。普段リーグ戦に出ていなかった選手も試合で活躍を見せるなど、それぞれが持ち味を発揮した大会1日目となった。

最初に試合を行ったのは関大Bチーム。このチームには江口夏鈴(人3)、山下亜弓(人3)といったリーグ戦出場メンバーも所属する。対戦したのは大大谷大のAチーム。第1セットは、相手に連続ポイントを許すなど、調子が出ずに落とす。第2セット以降は江口と山下の活躍、更には春名映里(法2)の好レシーブで長いラリーにも対応し、主導権を握った。そのまま勝ち切り3回戦進出を決めた。


△山下


△江口


△春名


△山中陽葉(人4)

続いて登場したのはAチーム。リーグ戦メンバーで構成されたチームは安定した強さを見せる。特に目立っていたのは竹川瑞貴(情2)と小林瑞季(商2)の2年生コンビ。2人が勢いのある動きを見せ得点を量産し、勝利を決めた。


△竹川


△小林瑞

関大Cチームは千里金蘭大のAチームと対峙(たいじ)。リーグ戦の主力を擁する相手に要所で光ったプレーを見せるも、苦戦を強いられた。3回戦進出とはならず、ここで敗退となった。


△福田桃菜(政策3)


△西口愛矢(人2)

夕方からは3回戦がスタート。関大Aは大院大との一戦に。1戦目では温存されていたエース・原幸歩(文3)が躍動を見せた。セッターの川西花菜子(人4)が上げ続ける正確なトスから次々とスパイクを放つ。アタックだけではなく、ブロックでも点数を奪うなど、攻守にわたって圧巻のプレーでチームを引っ張った。原の活躍もあり、大院大にストレート勝ちで2日目進出を決めた。


△川西


△原

最終戦に登場したのは関大B。相手は今秋リーグ戦で1部を戦い抜いた主力の大半がいる大体大Aだ。第1セットは終盤まで相手に試合の主導権を握られる。それでも、伏兵・工藤実空(情3)のスパイクが冴えわたり、反撃の機をうかがう。すると何本も好レシーブで相手の猛攻を耐え抜いた関大は一気に攻勢に出て逆転に成功。そのままマッチポイントまで決めた。


△工藤


△清水睦香(人2)


△小林亜未(人4)

2セット目は逆に中盤までリードしていたが、ミスが相次ぎ落としてしまう。勝敗の行方は最終セットに持ち込まれた。序盤、スコアを動かしたのは関大、工藤の2連続ポイントで先制に成功する。しかし、相手も主力の意地を見せ、ブロックを固められ点数がなかなか奪えない。その間に得点を重ねられリードを許す。スタンドからは多くの声援が飛ばされたものの、あと一歩及ばなかった。

府学生大会1日目を終え、関大Aのみが2日目に進む。だが、Bチームではリーグ戦ではあまり出番がなかった選手が躍動するなど、改めて関大の層の厚さを感じさせるものとなった。全日本インカレ前の最後の大会である府学生大会。4年生にとっては最後の府学生大会で力を存分に発揮した。【文:北島大翔/写真:中西愛、瀧川千晴】