【相撲】全日本インカレ団体戦、惜しくも2回戦敗退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第97回全国学生選手権大会◇団体戦◇11月3日◇堺市大浜公園相撲場◇

[Bクラストーナメント1回戦]
○先鋒 伊藤 不戦勝
○ニ陣 吉川 押し出し
○中堅 城 押し出し
○副将 山中 下手投げ
●大将 四宮 押し倒し

○関大4-1阪大

[Bクラストーナメント2回戦]
●先鋒 伊藤 寄り切り
○ニ陣 吉川 寄り切り
●中堅 城 突き落とし
○副将 山中 突き落とし
●大将 四宮 寄り切り

●関大2-3阪大

全日本インカレ2日目は団体戦が行われた。昨年の同大会では1回戦負け。その悔しさを胸に試合に臨んだ。

初戦の相手は、Cクラスで入賞しBクラスでの出場を果たした阪大だった。先鋒・伊藤瑠吾(経2)が相手方の棄権により不戦勝となり、関大が優勢に。その後、二陣・吉川慧(文3)、中堅・城裕貴(人2)、副将・山中新大(社1)が続けて白星を挙げた。大将・四宮瑠可(人4)は押し出しで敗北を喫してしまうも、4-1で勝利を収めた。


△城


△吉川


△山中


△四宮

続く2回戦は西日本選手権の決勝で対戦し、勝利を収めた金沢学院大と戦った。先鋒・伊藤が寄り切りで敗北し、先手を取られてしまう。続く二陣・吉川は立ち合いから一気に攻め込み勝利を収めた。しかし、中堅・城が敗北してしまい、後がない状況で副将・山中が土俵に上がる。土俵際まで追い詰められたが、なんとか踏みとどまり、突き落としで勝利を収めた。2勝2敗で勝負の行方は大将戦にもつれ込む。4年生の意地を見せたいところだったが、勢いよくぶつかってきた相手に耐えることが出来ず寄り切りで敗北。2勝3敗で関大の2回戦敗退がきまった。


△伊藤


△吉川


△城


△山中


△四宮

今回目標にしていたBクラスでの入賞は果たせなかった。だが、今年は41年ぶりに西日本選手権で優勝を果たすなど、強い関大の復活の兆しが見えつつある。古豪復活に向けまた新たな1年が始まった。【文/写真:遠藤菜美香】