【サッカー】関福大に3点快勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第97回関西学生後期リーグ第7節◇対関福大◇10月27日◇J-GREEN堺天然芝フィールド ◇

【前半】関大2ー0関福大
【後半】関大1ー0関福大
【試合終了】関大3ー0関福大

後期リーグも折り返しを迎えた。今節の関福大では、前半に2点リードし、後半の追加点に加え無失点で勝利を収めた。

試合の立ち上がりから、右サイドからMF松本歩夢(文3)が積極的に攻撃を仕掛けていく。9分にはDF松尾勇佑(人1)のクロスにFW矢野龍斗(法3)が合わせるも大きく上にそれてしまう。その後も、FW矢野にボールが集められ得点を狙った。そして、18分。MF牧野寛太主将(経4)からのパスをFW矢野がゴール左隅に流し込み先制点を挙げた。


△MF松本歩


△DF松尾

30分頃には相手のセットプレーが続いたが、守備陣の堅守で耐え抜いた。その後、FW高橋晃平(情4)が起点となり攻撃を展開。39分にはFW高橋からのボールから、MF牧野の見事なシュートで追加点を奪った。前半終盤は相手に攻め込まれる場面も見られた。それでも、背後のボールにGK鴨川優斗(政策4)がヘディングで対処。何とか攻撃を凌いで2-0で試合を折り返す。


△FW高橋

後半に入ると、FW陣がゴールに迫る。DF黒川圭介(法4)も持ち前のドリブルからクロスを供給。さらに、MF草刈龍星(法2)は落ち着いて中盤でボールをさばいていく。そして31分。FW高橋からフリーのMF松本歩へとボールが渡ると、そのままGKとの1対1を制し3点目を挙げた。途中出場のMF澤嵩明(人3)やFW沼田駿也(政策2)もシュートを放ち追加点を狙う。最後まで3点を守り抜き、びわこ大戦以来の完封勝利となった。


△DF黒川


△MF草刈


△MF澤


△FW沼田

次節は2位の関学大と対峙(たいじ)する。残る試合数は4戦という中で、関大は現在6位につけている。インカレ出場のためには一敗も許されない状況だが、粘り強く勝ち点3を重ねていき、上位4校にくい込みたい。【文:野村沙永/写真:小田沙貴】

▼前田雅文監督
「今日はうまく最初のところで点が入って、試合運び的にはやることをはっきりした。後ろがゼロで抑えながらチャンスを作っていけた。負けるわけにはいかなかったので、そういう意味ではバランスよく先に点を取れて良かった。(得点シーンは)FW高橋が起点になったりして、得点のところまで攻撃の起点になってくれて、ボールをうまく供給してくれたのが得点につながってよかった。(FW矢野は)相手のDFラインに高さがないということで、FW矢野の高さやフィジカルを考えての起用だったので、全体的に見るとうまくやってくれてよかった。FW沼田やFW矢野はもうちょっと得点チャンスあったけど、取りきれなかった。次は関学とか簡単に取らせてもらえる相手ではないので、決め切るところは決め切りたい」

▼MF牧野主将
「相手は攻撃がうまいっていうのはわかっていたので、前半苦しめられた中で、得点できたのは良かった。ここ最近キャプテンとしてチームを救うことができてなかったので、それをゴールっていう結果でチームを勝たせれたのは良かったし、あのゴールシーンは自分の得意な形なので、そういう形で決めれて良かった。(前半に2点取れたが)得点を取ることで勢いもつくし、チームとして試合を楽に運べたので先制点を取ることはやっぱり大事だと思った。(得点について)リーグ戦の中で得失点差があとあとつながってくるので、決め切るところであったり、途中出場の選手が決めるであったり、得点力はまだまだ出していかないといけないと思った。(課題は)決定力。守備は失点をゼロで抑えてくれるので、点を取って勝たせるっていうのは、全員でやることだけど特に前線の選手は意識してやっていきたい」

▼FW矢野
「(後期初スタメンでしたが)久しぶりだったんで、気持ち入れて。チームも厳しい状況なので、ゴールでチームの勝利に貢献できるようにという思いでピッチに立った。(得点シーンは)フリーになって、あそこで気持ちあって、ゴールが入ったと思っている。(試合は)チャンスはたくさんあって、ディフェンスがしっかり守ってくれたので、もっと前線で体張ったりボールを引き出したりとか、前線がもっとボールを押し込むことができたらもっと楽に試合を進めれた。でも3点取れたことは次につながると思う。(今日の自分のプレーは)もっとボールを要求して、ボールを収めてゴールに迫ること。守備の部分はDFラインから指示があるので、もっと的確に動くように。まだまだ全然なので、次はもっとよくなれるようにしたい。(現状について)インカレに向けて勝たなきゃいけない状況なので、チームとしてみんなが一戦一戦勝ちにいこうってなっている中で、自分は勝たせるっていう思いで今日もピッチに立った。来週は関学なのでやるしかない。またチャンスがあれば、その期待に応えられるように頑張りたい。(FWの競争率は高いが)いいFWがたくさんいて刺激になるけど、自分の特徴は他のFWに負けてないと思っているので、強さや高さは試合で生かしていきたい。他のFWはスピードやシュートがうまかったりするので、その選手たちに負けないように頑張りたい」