【卓球】リーグ2位に輝く!1部昇格まであと1勝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生春季リーグ戦最終節対佛教大◇5月8日◇近畿大学記念会館◇

【試合結果】関大4-1佛教大

1部昇格を目標に掲げる関大。入替戦に挑むには今日の勝利が不可欠だ。全員一丸となって必ずや勝利を手繰り寄せる。

第1シングルスに登場したのは増田。激しい打ち合いでファイナルセットまでもつれ込む。最初はリードするが直後に連続4ポイントを奪われタイムアウトを要求。

増田1

すると、流れが変わりスマッシュが決まり始める。「増田の1勝が大きくて、いい流れであとの試合も勝つことができた」と田頭主将。最後は怒涛の7連続ポイントでフルセットの攻防を制した。

続いて鈴木は伸びるサーブで相手を崩し、第1セットでは4ポイントしか奪わせない。最終セットでは一気に7-1までいくが、タイムアウト後は相手の流れになってしまう。今度は鈴木がタイムアウトを取ると、安定した返しで完全に流れを引き戻し、勝利となった。

無題

第3シングルスは北岡。バックハンドでの粘りのラリーで相手のミスを誘う。随所でスマッシュを混ぜ、上手い具合に翻弄(ほんろう)。

IMG_8783 - コピー

応援の後押しもあり、見事なストレート勝ちを収めた。

応援

ゲームカウント3-0と良い流れで登場したのは南木・北岡ペア。北岡のラリーと南木のスマッシュで息の合ったプレーを披露する。2セットを先取しストレート勝利かと思われたが、レシーブがネットにかかるなどミスが続いた。第4セットではあと一歩のところでデュースに持ち込まれ、二人に焦りが見え始める。15-17まで粘るもこのセットを落とし、最終セットへ。

6

初めは北岡が調子を取り戻し、5連続ポイント。しかし、相手もスマッシュで追い上げを見せる。南木の調子がなかなか戻らず、レシーブアウトが相次ぎ、惜しくも敗戦となった。

それでもゲームカウントは3-1。あと1勝で関大の勝ちが決まる。ここからは2面同時展開となり、大一番のシングルスで登場したのが南木と田頭だ。

田頭は序盤、ラリーで粘り6連続得点。しかし、相手の鋭いスマッシュに苦戦し第1セットを落とす。続く2セット目はサービスエースを決め、連続ポイントを奪う。しかし、相手に追い上げられ均衡した展開に。デュースにもつれ込む接戦をものにできず、セットカウント0-2となった。(南木が先に勝ったため、途中で終了)

7

隣の面では南木が奮闘。ダブルスの不調からは切り替え、バックハンドも使いながら次々とポイントを奪っていく。大差で2セットを先取し迎えた第3セット。南木の勢いは止まらない。1ポイントだけを許し、最後は南木のスマッシュが相手コートに刺さる。ゲームカウント4-1、関大の勝利が決まった。

南木3

今日の勝利で2部2位という結果に輝いた女子卓球部。14日には1部との入替戦が行われる。念願の舞台へ、1部昇格は目の前だ。【文/写真:谷満梨奈】

▼田頭主将

「最終戦だったので、みんな勝ちたいという思いが強かった。初戦にでた増田は昨日とは違って、思い切って試合をしてくれた。増田の1勝が大きくて、いい流れであとの試合も勝つことができた。みんな最後の一球まで諦めず、頑張れていたと思う。(個人として)今日はデュースになったのにセットを取りきれなかった。もったいないなと思うので、次の試合ではしっかりと取れるようにしたい。入替戦が決定したので、1部に上がれるように頑張ります」