【野球】関関戦初戦、悔しい完封負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生春季リーグ第7節対関学大1回戦◇5月13日◇阪神甲子園球場◇

関 大 000 000 000=0
関学大 000 001 02x=3

(関)阪本大、濵田―久米
(学)中内洸―仲川

伝統の一戦が今春もやってきた。2年前のリーグ優勝時から、3季連続で関学大からは勝ち点を取っている関大。因縁のライバル相手に「絶対に負けられない」と選手たちは意気込む。

初回、早速関大に先制の好機が訪れる。1死から多田が右前安打で出塁。2死となるが、4番・古川が左前安打でチャンスを広げた。続く打席に立つのは主将の松山。しかし結果は三振を喫し、先制点を奪うことができなかった。

前半は投手戦が続く。関大の先発・阪本大は五回を投げて2安打と関学大打線を抑え込む。しかし、打撃陣が中内から点を取ることができない。

IMG_1163400

試合が動いたのは六回裏。阪本大は2、3番に連打を浴びピンチを迎える。4番が犠打を成功させ1死二、三塁。次の打者をフルカウントまで追い込むも、中堅への犠飛を打たれ、先制を許した。

IMG_1424400

七回は三者凡退に抑えた。しかし八回、2連打から犠打を決められ1死二、三塁とされる。4番に右犠飛を打たれ2点目を献上。六回と同じ展開で失点をした。続く5番には左翼線への二塁打を放たれ追加点を許す。阪本大は八回途中で悔しい降板となった。2番手として登場したのはサウスポーの濵田。打者1人を4球で三振にしとめ後続を断ち切り、攻撃につなげた。

IMG_1455400

迎えた九回。最低でも3点取らなければならない厳しい状況に立たされた関大だったが、先頭の永岡が右前安打で出塁する。ここから関大は代打攻勢が続く。しかし、西田は遊直。北川平と阪本将は三振に倒れ試合終了。6安打完封負けを喫した。

立命大戦から得点力不足に悩む関大。一人一人の工夫がなかなか実を結ばない結果が続いている。甲子園に逍遥歌を鳴り響かせるためにも、ここから2連勝で関学大から勝ち点を奪取したい。【文:新潟瑞葵/写真:吉見元太、奥井健太、西井奈帆】

▼早瀬監督
「まともにいってもつながらないから、いろいろ動いたりしたけどね。後半は打てると思ってたけど、要所要所で三振を取られた。阪本大もよく抑えてくれて、1点もやれない雰囲気だったんだけど、得点が所詮0では勝てない。もったいない試合が続いてる。今日勝つか負けるかで全然違った。前の近大戦と今日のゲームの大事さは選手たちもわかっている。3点以上取れるチームにならないと。1試合1試合勝つことだけを考えて。阪本大は本当に成長している。安定感あるピッチングを見せてくれている。吉川も昨年の秋が終わってからよくなっている。明日どういうピッチングをしてくれるか期待。チャンスがあったのにもったいない。なかなか抜け出せないのが続いてるね」

▼松山主将
「悔しいの一言。初回に自分がチャンスで回ってきたけど打てなかった。積極性が空回りしていた。得点に悩んでいたから、セーフティーバントやバスターエンドランの練習をしてきたけど、できなかった。リーグの最初の方は逆転して勝てるという自信があったけど、それがどんどん焦りに変わってきてダメな方に行ってしまっている。先制点は大事。(関学大の先発投手)中内は変化球、特にツーシームとスライダーが良かった。まっすぐの方が打てた。低めは捨てて、球種は絞らず甘い球を打とうとして、ニ、三回はいい感じだったけど、ランナーが出た時に打てなかった。チームの雰囲気は1敗もできないという硬さはなかったつもりだったけど、どこかにあったのかも。(阪本)大樹が頑張ってくれてるのに、点を取ってあげられない。五、六回あたりから「またか」という雰囲気になっていた。もうやるしかない。これだけたくさんの人に応援してもらっている。応援してくれる人、見てくれる人を満足させる試合をしないと。見ている人が楽しいと感じてもらえるようなプレーをする」