【準硬式野球】関学大に2連勝!最終戦を笑顔で飾った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ最終節◇対関学大2回戦◇10月17日◇わかさスタジアム京都◇

関学301 011 000=6
関大205 000 10X=8

(関学)上村―岡田、藤岡
(関大)清水、前川、池川―庄中

1(中)髙品
2(二)三川
3(遊)鈴木
4(指)松本航
5(左)東條
6(三)今井
7(一)東原
8(捕)庄中
9(右)吉田
先発投手 清水

[最終結果]5位 関大

[ベストナイン]外野手 髙品

[打率十傑]2位 髙品.428

[敢闘賞]増田紳吾(情1)

[最多犠打]三川

相性の悪さに何度も泣かされてきた関学大から2つの白星をもぎ取ると、3連勝。苦しかった秋リーグを笑顔で終えた。

今季の心強い打線を象徴する試合だった。初回、先発の清水亮佑(シス理)が3失点を喫するも、その裏に4番松本航太(安全2)と5番東條光希(安全2)の当たりで連続得点。2点を取り返す。


△清水


△松本航


△東條


△鈴木成大(安全2)

さらに3回、2番手で登板の前川一輝(人2)が1点を失うと、その直後には相手のミスに付け込みながら打線をつなぎ、なんと一挙5得点。逆転に成功し、投手陣の背中を押した。


△髙品吉弘(経3)


△今井怜央(人1)


△三川竜平(商3)


△松本航

「投げたゲームの中で一番球が良かった」。大きな援護をもらった前川は、ピンチを背負いながらもアウトを重ね、投打の息の合ったプレーを披露する。


△前川

さらに、6回からは投手リーダーの池川尚樹(法3)がマウンドへ。1点を奪われ、一時は1点差まで詰め寄られるものの、要所を抑えてそれ以上の失点は阻止。投手陣の力投で、なんとか逃げ切る。


△池川


△捕手・庄中亮太(政策3)

迎えた最終回、この回も池川がマウンドへ向かう。2点リードで、ここを抑えればリーグ戦を勝利で終える大事な場面。ヒットを浴びて2死一、二塁のピンチを背負ったが、最後は空振り三振でゲームセット。今季思うようなピッチングができずに苦しんだ池川も、思わずマウンドで吠えた。

開幕節を連続コールド負けと、最悪なスタートを切った関大準硬。ようやく4戦目で今季初白星を挙げたが、その後も楽に試合はできなかった。終わってみれば、4勝6敗で6校中の5位。昨季のリーグ王者としては決して納得のいく結果ではなかったが、学べることは多かった。「学ぶことしかなかった」と、三ツ野龍侍主将(経3)も振り返った。優勝した昨春は勝利が当たり前であった関大準硬にとって、今回の一番の学びは、勝利することの喜びを再確認できたことだろう。しかし、もちろんこの結果に満足している者は一人もいない。この悔しさは必ず次の春で晴らす。優勝という格別な味を、もう一度味わうために。【文:松山奈央/写真:松山奈央、金田侑香璃】

▼三ツ野主将
「10試合で5位で結果は悪い。最初連敗スタートで、最後3連勝できたのは次につながる。だが、春を勝つには最初から取らないと。同じことはできない。投手層など、実力的にはどのチームよりも劣っている。冬に気持ちの面も強化しないと、チーム力はまだまだ弱い。チームに『負けたらやばい』という危機感は植えつけられた。危機感を持ちながら練習していかないと。この秋は学ぶことしかなかった。春に信じて、という訳ではないが、どれだけ春までに成長できるか」

▼髙品
「自分的にはこのリーグは良かった。初回に出ることを一番意識していた。自分が出たら点を取れるパターンが多かったから、絶対出ようと。関学に自分は相性が良くて、いいイメージを持って気楽に打席に立てている。チームも結果勝って良かった。内容は、こっちのミスが点に絡んでいたから、もっと楽に勝てたはず。内容では負けていた。(ミスの原因は?)初回に準備ができていない。冬でどれだけ意識を高くやっていけるか」

▼前川
「登板は(清水が打者を)1巡したらと聞いていた。それなりに準備もしていた。投げたゲームの中で一番球が良かった。1点取られたが、取られ方もそんな悪くなかった。押せていけた。中継ぎは悪い流れを止めないといけないのが難しいところ。池川さんにもいい流れでつながなければいけない役目。難しい。(立命大2回戦で危険球の)トラウマもそんなになく、前の登板から思い切り投げれた。冬はしっかり投手陣を強化して、春は先発で長いイニングを投げれるくらいになりたい」

▼松本航
「調子がずっと悪くて思うようなバッティングはできなかった。今日は打点に絡めたのは大きい。(7回の三塁適時打について)スリーベースになったらいいなと思ったら結構飛んでくれた。池川さんも頑張ってくれていたし、なんとかもう1点取って助けてあげようと。調子が悪くても4番で使ってもらっている。自分なことよりチームが勝つために。チームの点を取れるようにしたい。自分の結果に手応えはまだあまりないが、今日はいいとこで回ってきてくれた。今季の自分は40点。もっと貢献できたかな。冬で甘さを詰めていかないといけない」