【野球】野口今季初ホームラン!関関戦を白星発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦最終節◇対関学大1回戦◇10月18日◇わかさスタジアム京都◇

関大021 020 100=6
関学002 000 010=3

(関大)森翔、香川、鷲尾昴―久保田拓
(関学)小田、金和、石丸、原暁、宮本―山田、佐藤海、板倉

1(中)安藤大
2(三)関本
3(一)上神
4(遊)野口
5(左)吉川
6(捕)久保田拓
7(右)倉川
8(二)坂之下
9(投)森翔

難なく初戦を勝ち取った。絶対に落とせない関学大との1戦目。失策なども絡み、一時は1点差まで詰め寄られるも、野口智哉(人2)の5回での2ランホームランなど、打線がしっかり援護して逃げ切る。強い雨の中の関関戦で先勝を収めた。

先発は、前回の近大2回戦で今季初勝利をつかんだ森翔平(商4)。先頭打者を空振り三振で斬ると、初回と2回を3人で封じる最高の立ち上がりを披露する。


△森翔

2回には、8番坂之下晴人(人2)と9番森翔の連続タイムリーで2点を先取。さらに3回表では関学投手・金和の暴投の隙に本塁を踏むなど、相手のミスに付け込みながら得点を重ねる。


△坂之下


△森翔

5回、2番関本英実(政策4)がヒットと犠打で二塁へ。このチャンスで打席には、4番野口。粘り続けた9球目をバットが折れるファウルとすると、新しいバットを握り直して打席に戻る。そして捉えた10球目。「詰まったかと思ったけど入って良かった」。右方向へと伸びたボールはそのまま柵を越えた。大学での本塁打はランニングホームランのみだった野口にとって、初めての柵越え本塁打。ダイヤモンドをゆっくりと1周したパワーヒッターを、ベンチの仲間たちが笑顔で祝福した。さらに7回には、再び野口の活躍。タイムリー内野安打でもう1点を追加。3安打3打点の活躍で打率を.429とし、首位打者に躍り出た。


△関本


△野口

しかし、この日は守備陣が躍動できない。3回裏、連打で許したランナーを、内野ゴロの間に1人返されると、さらに二塁手・坂之下のエラーで2人目がホームイン。さらに4回にも被安打で1死満塁のピンチを背負ったところで森翔は降板となった。

代わってマウンドに上がったのは、この日20歳の誕生日を迎えた香川麗爾(れいじ=文2)だった。満塁のピンチを連続三振で抑えると、6、7回には三振を混ぜながら関学打線を斬りまくる。しかし、そんな香川が異変を見せ始めたのは、終盤の8回のこと。「最初の方で飛ばしすぎた」。長打で得点圏に走者を背負うと、まさかの3者連続四球で押し出し。ここで香川も降板を余儀なくされた。

3人目のピッチャーは鷲尾昴哉(経1)。近大1回戦の好投で鮮烈デビューを果たしたルーキーは、続く満塁のピンチを2球で封じると、最終回もマウンドへ。ヒットこそ浴びるものの、最後はライトフライで抑え、ゲームを終わらせた。


△鷲尾昴(右)


△捕手・久保田拓真(社2)は好送球で守備を援護

ミスやエラーこそ目立ったものの、打線でカバーし、点を奪われても、ダメ押し打で逃げ切った。近大との優勝決定戦に向けて絶対に落とせないこの関関戦で、大きな1勝目を挙げた。悲願の神宮大会出場まで、最短であと3勝。この勝利におごることなく、気を引き締めて関学大2回戦に臨む。【文:松山奈央/写真:高木満里絵、小田沙貴】

▼早瀬万豊監督
「3番4番がチャンスを作ったり、返したり。これからもますますそういう状況を作りたいと思ってる。でもその前にランナーがいないことには、そういうチャンスも少なくなってくると思う。いいかたちでランナーを出しながらプレッシャーをかけてくれてるので、今日のような流れを作れたらと攻撃の方は思っている。守りの方はミスもあって修正を加えないと、どっちに転んでしまうかだけになってしまう。今日もひとつ間違えるところだったので。 選手たちには目の前のひとつをとらないことには次につながらないと言っている。この今の流れを止めないまま最後まで行きたいと思っている」

▼香川
「森さんが先発の時いつも後ろを任されているので、1回から投げる気で準備はしていた。予想は6、7回から登板だった。あまり緊張しないので、『試合に出てみればなんとかなる』と思ってブルペンでキャッチボールしただけだった。なんとかなった。雨の中で投げるのは得意。高校の時に土砂降りで投げたことがあって、それより上はないと思っているので。自分は投げていると体が熱くなるので、それで最後の方はガス欠になってしまって足に力が入らなかった。最初の方で飛ばしすぎた。4、5、6回でへばって最後まで投げれなかったのは自分の実力不足。(意識したことは)初球で振ってもらって、ファウルでもなんでも追い込んで三振を取るつもりでいったが、それが仇となった。プラスでもありマイナスにもなってしまった。チームが勝ったので良かった。(誰が先発だとしても)明日も総力戦になる。投手全員で抑えたい」

▼野口
「勝てて良かった。(ホームランの当たりは)ストレートで相手が攻めてきていた。打球もストレート。詰まったかと思ったけど入って良かった。(直前にバットが折れるアクシデント)普段からバットを大切にしているから神様が見ていてくれたのかもしれない。(現在リーグ首位打者)体幹を鍛えたりして軸を作っている。それがうまくいっていい結果につながっている。打つときはできるだけリラックスして。スイングスピードはあまりないが、対応力はある方だと思っている。(4番として)チャンスで回ってくることが多い。ランナーがいたら返して、いないならメークする気持ちで。(近大最終戦を残して今日臨んだが)この節を落としたら優勝はないので気持ちは強かった。やるかやられるかの勝負。残り少ないが、先輩と少しでも長く試合がしたい。優勝が懸かった近大戦が近づいて楽しみだし、ワクワクしている。今日勝って明日も勝って近大戦でベストを出せるようにやっていきたい」

▼坂之下
「(失策したときは)やってもうた・・・と。まだあと1点リードあったから、森さんなんとか耐えてくれって思っていたし、次の香川もいいピッチングをしてくれた。打撃で取り返そうと思ったら逆に力が入りすぎるから、意識している右方向だけを狙った。(2回先制打について)全部センターより右に打つつもりで、ファウルもいい感じに打ててた。意識はいい感じ。関関戦は特別なゲームなので、しょうもない試合はできない。落とせないゲーム。近大戦も大事だが、まずは目の前のゲームを1つ1つ勝って優勝につなげたい」