【準硬式野球】「増田を勝たせてあげたい」粘り見せた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ最終節◇対関学大1回戦◇10月16日◇わかさスタジアム京都◇

関大201 000 000=3
関学000 001 001=2

(関大)増田、土居、池川―庄中
(関学)田中駿、稲益―岡田康、藤岡

1(中)髙品
2(二)三川
3(遊)鈴木
4(指)松本航
5(左)東條
6(三)田中
7(一)東原
8(捕)庄中
9(右)今井
先発投手 増田

今季、何度も力投でチームを支えながら、いまだ勝利投手に恵まれてこなかった増田紳吾(情1)を「勝たせてあげたい」と、ナインが奮起。相性の悪い関学大から先制点を奪うと、徐々に追い上げられながらもリリーフが逃げ切り辛勝。この秋3つ目の白星を手に入れた。

初回からいきなり先制に成功する。先頭打者の髙品吉弘(経3)がこの日も冴え渡ったバッティングを披露。いきなり左中間へのヒットで二塁へ進むと、打線がつながり1死一、三塁に。4番松本航太(安全2)のタイムリーエラーを誘う当たりでまずは1点。さらに、5番東條光希(安全2)の犠牲フライで2点目を挙げた。

さらに3回には、3番鈴木成大(安全2)がセンター前ヒットで出塁すると、盗塁で得点圏へ。そして、この日既に打点を挙げている東條がセンターへとタイムリーを放ち、点を追加する。

3点のリードをもらった先発の増田は、この日こそ勝利を目指してマウンドへ向かった。「守備が良かったから打たせれば何とかなると思って」。調子のいい守備陣に全幅の信頼を置き、打たせて取るピッチングで関学打線を封じ込む。制球に苦しむ様子も見せるが、どれだけランナーを出しても本塁は踏ませず、5回無失点の上々なピッチングで打線に応えた。

6回からは土居凛月(政策3)が登板。長打で1点を奪われると、代わって池川尚樹(法3)がマウンドに上がる。最終回にはバッテリーのミスが重なりさらに失点すると、わずか1点差に。それでも、最後は三振で関学打線を抑え、なんとか逃げ切った。

3勝6敗で最終戦の関学2回戦に臨む。ここまで味わってきた悔しさを全てぶつけ、最後こそ笑顔で終わらせたい。関大準硬の秋の集大成を遺憾なく発揮する。【文/写真:松山奈央】

▼増田
「出場してるメンバーが『勝たせたる』と言ってくれて、とりあえず1勝できてうれしい。審判のストライクゾーンが今日は狭かったが、大事なところは三振で抑えて、あとは打たせればなんとかなるかなと思って投げていた。前の試合で打たれた悔しさがあるから、とりあえず試合を作ることだけを意識して、相手が関学とかは気にせずにいった」

▼東條
「増田が先発のゲームでエラーをよくしていたから、なんとか1勝させてあげたかった。無失策が一番流れに乗れる。今季は全然打てず、エラーもして迷惑ばかりかけていた。それでも出させてもらって、今日でチームに少しは貢献できたかな。関学は粘り強くて、追いつかれて逆転されるイメージがある。最後1点取られたときは嫌な雰囲気があったが、守ってて空気は悪くなかったし、しっかり抑えられて良かった。ようやく増田に勝利させてあげれた。今日のことは今日で切り替えて、明日もしっかりチームに貢献できるように。今季はプレーで全然引っ張れなかったので、これから引っ張っていくつもりでやっていきたい」

▼池川
「最終回に1点を取られるのは自分の甘さなので、反省して課題にしたい。(投手リーダーとして)抑えようという気持ちも、ピッチャーの気持ちもすべて背負う立場で今回はやっている。ピンチな時は助けてあげたいし、どう励ますか。他のピッチャーのためにももっと頑張らないといけない」