【ソフトボール】神院大から3季連続の勝ち星!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回秋季関西学生リーグ戦4戦目◇対神院大◇10月14日◇サザンスタジアム

関大031 10=5
神院100 01=2

1(遊)粟井
2(左)吉野
3(一)髙濱
4(捕)鈴木
5(右)尾崎
6(投)辰巳
7(中)忽那
8(三)藤井
9(二)吉田

(関)辰巳-鈴木
(神)井上、奥田-久田

リーグ最終日となるダブルヘッダーの1試合目は神院大と対峙(たいじ)。おととしの全日本インカレでは準々決勝でしのぎを削った因縁のライバルだが、ここ2季は関大に軍配が上がっている。

今シーズン、ここまでの全ての試合で先制点を奪えていない関大だが、この日も良いスタートを切ることができない。初回、先頭打者に初球を捕らえられると、打球は大きくライト方向へ。これがまさかの本塁打となり、開始5分も立たずして追いかける展開に。


△辰巳

あっという間にビハインドを背負い暗雲が立ち込めたかに思えたが、打線がそれを援護した。2回、この回の先頭打者・尾崎智康(安全3)が同じく本塁打を放ち応戦すると、続く辰巳大樹(情2)、藤井浩貴(経2)、吉田圭佑(社1)と下位打線が躍動。連続安打で3点を奪い、逆転に成功する。


△尾崎


△辰巳


△藤井


△吉田

さらに3回には4番鈴木隆弘(文3)のホームラン、4回には粟井朋弥(環都3)、髙濱友裕(情3)のヒットで2点を追加。流れを完全に引き寄せた。


△鈴木


△粟井


△髙濱

最終回、辰巳の制球が乱れ、押し出しで3点差に迫られるが、最後は二ゴロに打ち取り試合終了。神院大を完全に攻略し、安定感のあるゲームで勝利をつかみ取った。

前日の立命大戦で大敗を喫しただけに、関大にとっては安堵(あんど)の白星。連覇の可能性は潰えたものの、一つでも多くの勝利を得ることが今後のチーム成長の鍵を握るはずだ。【文/写真:高木満里絵】

※ダブルヘッダーのため、コメントは2戦目に記載しています。