【テニス】筑波大に敗北も、創部初王座準優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本大学対抗王座決定試合◇決勝◇対筑波大◇10月13日◇愛媛県総合運動公園◇

○D1大野菜・鈴木2(6-2,6-3)0千村・草野
●D2中塚・中村天1(7-5,5-7,3-6)2我那覇・阿部
●S3大野菜1(4-6,6-1,1-6)2千村
○S2鎌田2(6-4,6(7)-7,6-1)1岩井
●S1沈1(7-6(4),3-6,3-6)2阿部

史上初の決勝進出を決めた関大は、優勝を懸け筑波大と対戦。全員が心を一つにし勝利を信じ、戦い抜いた。しかし、大接戦を制することができず、優勝にはあと一歩届かなかった。創部初の準優勝という結果にも涙を流し、悔しさをかみ締めた。

D1の大野菜々子(社3)・鈴木理子(文2)組は、この日も息の合ったプレーを見せる。相手の攻めにも動じず、2人でカバーし合いながら試合を進めていく。サーブで崩し、ボレーで得点を奪い、相手を圧倒。6-2、6-3で危なげなく勝利を収め、関大に勢いをもたらした。

D2の中塚桃子(人3)・中村天音(文1)組は第1セットを先取すると、第2セットも5-3とリードを奪う。しかし、勝利を目前に控えたところでプレーに硬さが出てしまう。そこを相手に突かれ、ブレークを許すと、流れが変わり始めた。山本哲弘コーチがベンチに駆け寄りアドバイスをするも、リズムを取り戻すことができなかった。4ゲームを連取され、第2セットを落としてしまう。最終セット、なんとか立て直したいところではあったが、相手の強気なプレーに押され、3時間半を越える試合は相手に軍配が上がった。

1勝1敗でシングルスを迎え、まず初めにS2とS3の試合が行われた。

S3は大野菜。ミスが多くなってしまい第1セットを奪われるが、うまく切り替え、第2セットは強気な姿勢で鋭いショットを打ち込み、試合を振り出しに戻す。しかし、最終セットでは1段階ギアを上げてきた相手に、ラリーで左右に動かされ先にミスが出てしまう。相手に終始主導権を握られ、敗北を喫した。

あとがなくなった関大だったが、S2鎌田琴衣女子主将(社4)が勝利をもぎ取った。セットを先取し迎えた第2セットでは5-3から追い上げられタイブレークの末、相手にセットを奪われてしまう。だが、これまで怪我やイップスなどさまざまな苦労を経験した主将は、決して崩れることはなかった。気持ちをしっかりと切り替え、臨んだ最終セット。全員の思いを背負い、強気でプレーし続けた。仲間からの応援が鎌田の力になり、相手を寄せ付けることなく、セットをものにした。2勝2敗に持ち込み、勝利への望みをつなげた。

勝敗の行方はS1対決に持ち越された。

S1を任されたのは沈清河(法4)。試合は序盤から激しいストローク戦に。第1セットは5-2から追いつかれ、タイブレークにもつれ込んだが、なんとか沈がものにした。第2セットは相手に終始リードを許し、3-6で相手に奪われてしまう。最終セットはブレークのし合いが続く。ダブルスを戦った相手よりも沈のほうが格段にフットワークは軽かった。だが、相手はどんな球にも食らいつき返してきた。第8ゲームをキープされ、迎えた沈のサービスゲームは惜しくもミスが重なり、相手にブレークを許してしまう。3-6となり試合終了。わずかに及ばず、準優勝で今年度の王座を終えた。

整列し、試合終了のあいさつをする選手たちは全員が涙を浮かべていた。優勝が目の前に見えていただけに、嬉しさよりも悔しさがまさっていた。しかし、この悔しさがチームをより強くするはずだ。来年の「王座優勝」に向け、今大会後から新体制が始動する。関大テニス部女子はまだまだ輝き続ける。【文:遠藤菜美香/写真:竹中杏有果】