【野球】近大初戦落とし、優勝に黄色信号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第7節◇対近大1回戦◇10月13日◇ほっともっとフィールド神戸◇

関大000 000 001=1
近大010 100 00X=2

(関)森翔、鷲尾昴、香川―久保田拓
(近)村西ー井町

1(中)安藤大
2(左)吉川
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(捕)久保田拓
7(三)松島恒
8(二)坂之下
9(投)森翔

0-2の2点ビハインドで迎えた最終回、2番吉川周佑(経3)が死球を受けて出塁。さらに、続く上神雄三(法1)がエラーを誘う当たりで二塁へ進み、1死二、三塁の一打同点のチャンス。


△吉川


△上神


△里泰成(情4)

第6節終了時点でリーグ首位打者の4番野口智哉(人2)が放ったショートへの当たりの間に1人が生還。ようやく待望の1点を手に入れ、ベンチとスタンドは沸く。流れをつかめそうな兆しは確かにあった。2死一塁で、打席には不調に苦しむ5番倉川竜之介(文4)。捉えた3球目は、むなしくも二塁手にさばかれ、その瞬間に相手ベンチが喜びの声を上げた。優勝を懸けた対決の初戦は、近大に軍配が上がった。


△野口

リーグも終盤の第7節では、昨年の神宮大会出場校・近大との対戦を迎えた。ここで勝てば首位に立ち、落とせば近大の優勝が決まる大一番。絶対に敗北は許されない緊張感がチームに漂っていた。

先発マウンドには、今季未だ勝利に恵まれていない森翔平(商3)。あまりに重要な先発登板の緊張からか、不安定な立ち上がりとなる。ボール先行のピッチングにより、先頭打者を四球で歩かせるものの、その後は守備に助けられて無失点で切り抜ける。

しかし直後の2回、近大が誇るパワーヒッター・佐藤に5球目を捉えられると被弾。右方向へのホームランで先制を許した。

それでも、徐々に制球を取り戻してきた森翔は、3回を2者連続三振の三者凡退で斬る。しかし4回、3連続ヒットで再び失点。2点差に広げられる。

6回からは、この日初ベンチ入りの鷲尾昴哉(経1)が登板。2イニングで3つの三振を奪うなど、ルーキーらしからぬ堂々とした姿を披露し、鮮烈なデビューを果たす。

さらに8回には、今季リリーフとして活躍の香川麗爾(文2)がマウンドに立った。ヒットを浴びながらも、コントロール良く投球を続け、失点を許さない。

今季の関大打線であれば、2点差など十分に射程圏内のはずだった。だがこの日はどうも波に乗れない。近大先発投手・村西のテンポの良いピッチングに足をつかまれる。関大の攻撃はすぐに終わり、8回終了時点でヒットはわずか3本。少ないチャンスも生かせず、もどかしい時間か続く。

そして、運命の9回表。1点を返したものの、逆転劇はかなわなかった。最後まで近大から流れを奪えないまま、痛すぎる敗北を喫した。

翌日の2回戦で勝利すれば3回戦へ、負ければその瞬間に近大のリーグ優勝が決まり、神宮への夢は途絶える。絶対に負けられない。何度もメークドラマをして感動を与えてきた関大は、こんなところでは終われない。【文:松山奈央/写真:松山奈央、坂井瑠那】

▼松島
「思い切りいって負けてしまった。もちろん悔しいが、最後だから切り替えるしかない。全部力を発揮できたらいいが、そう簡単にはいかない。高野がいないのは仕方ないし、どうしようもない。野手が助けられなかっただけ。近大村西がいいのは分かっていたが、ハマってしまった。あと一本が出なかった。確率的にも低いし難しいが、奇跡を起こして勝つしかない。もう本当に切り替えるしかない。明日負けたら本当に終わり。全員で切り替えていきます」