【準硬式野球】同大2回戦、投打で勝利つかんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ第3節◇対同大2回戦◇10月11日◇南港中央野球場◇

関大000 000 501=6
同大000 100 300=4

(関)清水、土居、前川、池川―谷村
(同)佐伯、小崎、鈴木―善田、池田

1(中)髙品
2(二)三川
3(遊)東條
4(指)鈴木
5(左)松本航
6(三)今井
7(一)東原
8(捕)谷村
9(右)吉田
先発投手 清水

試合後、選手たちの顔には屈託のない笑顔が浮かぶ。勝つことの大切さ、難しさ、そして喜び。すべてが詰まった、待望の2勝目だった。

第2節の阪大2回戦以来、勝ち星から遠ざかっていた関大準硬。先発ピッチャーやスタメンなど試行錯誤しながら臨むも、苦しいゲームが続いていた。同大に7点差の大敗を喫してから一夜、この日は初先発出場となるバッテリーをオーダーに据え、同大へのリベンジを誓った。

先発投手として名前を呼ばれたのは、清水亮佑(シス理2)。今季初めてマウンドに立った2年生投手に、ついに先発という大仕事が与えられた。


△清水

初回、リーグ戦初出場の谷村駿也(人1)のなどもあり、3人で抑える好調な立ち上がりを披露。2回は死球で走者を出しながらも得点圏は守り、後ろの守備陣に助けられながら大役を果たす。


△谷村

3回の途中からは、土居凛月(政策3)が登板。満塁のピンチを迎えた3回、6-4―3のダブルプレーで難を逃れる。しかし、4回に中堅手の頭上を越える三塁打からの犠牲フライで失点。先制を許した土居は、5回にも得点圏にランナーを背負うものの、そこは冴え渡った守備陣による華麗な併殺が失点を許さない。


△土居

事前の予定通り、投手陣をフル稼働した継投策で試合が進む。6回には前川一輝(人2)がマウンドへ。ボール先攻で制球に苦しむ様子を見せたが、最後は見逃し三振でバッターを斬って吠えた。


△前川

0-1のまま迎えた7回、内野ゴロですぐに2死に追い込まれたが、関大ナインが執念を見せる。制球が乱れ始めた同大・佐伯に付け込み、連続四球で出塁すると、代打・西本有希(情1)が右足への死球を受け満塁に。


△西本

2死満塁の絶好機でヒーローはやはりこの男だった。打席には、1番髙品吉弘(経3)。「粘った結果、カウントを相手が悪くしたのを一発で仕留められた」という言葉通り、粘った7球目、放った鋭い当たりは外野手を悠々と超える走者一掃のタイムリーに。さらに、快足を飛ばした髙品も三塁まで進むと、大きくガッツポーズ。頼れる仕事人の一打で3点を獲得し一気に逆転した。


△髙品

チャンスは終わらない。続く2番三川竜平(商3)、3番鈴木成大(安全2)の連続タイムリーで2点を追加し、7回に一挙5点をつかんで同大を突き放す。


△三川


△鈴木

7回裏には、春の優勝投手・池川尚樹(法3)がマウンドに上がる。復帰の1イニング目、ランナーを背負いながらも2死追い込んだが、なかなか投球が安定しない。タイムリーや暴投で3点を失い、1点差に詰め寄られる。


△池川

それでもなんとか立て直し、打たせて取るピッチングで8回を三者凡退とすると、9回を最後はセンターフライで仕留めて試合終了。ホッとした笑顔で選手たちはベンチから飛び出した。

ようやく2つ目の白星を挙げ、同大にリベンジを果たした。最終節では、相性の悪さに何度も泣かされてきた関学大と相まみえる。「実力は向こうの方が上。どれだけ気持ちでいけるか」と、三ツ野龍侍主将(経3)も強く警戒する。もう失うものは何もない。勝利のために這い上がるのみだ。【文/写真:松山奈央】

▼三ツ野
「終盤のチャンスで、いつもだったら1本で止まるところが流れが続いて5点取れた。今日はうまくいっていた。守備もエラーなくいけて、勝てて良かった。(次節・関学大戦に向けて)実力は向こうの方が上。どれだけ気持ちでいけるか。チャレンジャー精神でいきたい」

▼清水
「昨日の試合後に先発と連絡が来て、正直『マジか・・・』となった。めちゃめちゃ不安や緊張はあったが、いっても3回でつないでいくから先発でも気負わず、と先輩に言われていた。池川さんや内川(大輔=文2)が春すごくて、秋も出るのはその2人だと思っていたが、ベンチ入りや試合出場を諦めず練習してきたからこうして投げられたんだと思う。リーグ前の9月はコントロールもバラバラで、練習試合とかでもストライクが入らないと自分から言っちゃうくらいで、正直ベンチは遠かった。でも、開幕戦の後にベンチに入れてもらえて、いざ投げてみたらいけた。勝っている試合に絡めるのは嬉しいし、こんな状況だからこそ逆に開き直れているんだと思う。三ツ野さんからも『開き直って思い切り投げて』と言われていたし、ビビっててもあかんなって。あと2試合、自分は少ないイニングのリリーフ型だから、役目はリリーフとして、あとは声を出したり、色んなところですべて貢献して笑って終われたら」

▼谷村
「チームが負け続きで、とにかく思い切りやってこいと言われていた。とりあえずピッチャーに声を掛けて、ピッチャーが思い切り投げられるよう心掛けた。(初リーグ戦は)最初緊張したが楽しめた。勝ててとにかく嬉しい。来年庄中さん(庄中亮太=政策3)がいなくなったら自分はもっと頑張らないと。自分にとっていいスタートが切れたので、あと2試合流れに乗って、次の春につながるようにいきたい」

▼髙品
「(7回の三塁適時打について)満塁だったし、とにかく粘ろうと。粘った結果、カウントを相手が悪くしたのを一発で仕留められた。カウント2-3で真っ直ぐが来ると思って狙って打った。打った瞬間、抜けるな、と。点を取るだけでなく、さらにチャンスを作ってもう1点取れる状況作りたかった。(今日の達成度は)70くらい。最後のバントミスが悔しかった。ああいうとこで自分が決めないと、流れが変わってくる。そういうところをもっと詰めていかないと」

▼三川
「打ててはいなかったが、タイミングは合っていたから、打てそうと感じていた。『ダメ押し、あと1点』という声も聞こえてたし、その1点が大事なのは分かっていたから。絶対にヒットを打とうと思っていた。いつも守備陣が投手に声をかけるが、今日はいつも以上に投手からもかけてくれて、守っていて雰囲気も良かった。バッティング内容が守備につながると思うし、野手もしっかりと守れたら失点は抑えられる。目指していたゲームができた」

▼鈴木
「バット自体は振れていてたから、相手投手の球が良かっただけと思って。丁度左ピッチャーに変わったところだったが、あまり意識せず、逆に燃えていた。打ったのは多分甘めの真ん中のスライダー。積極的に振っていけた。あそこで打っていなかったら流れが向こうにいってしまうし、流れを渡さないためにも打ちたかった。(4番を務めているが)全然4番は意識していない。4番目のバッターという感じで。自分的には3番の方がしっくりはくる(笑)。1つ勝つ難しさや、1球の大切さを感じている。当たり前のことからやっていく。今季は本当にキャリアハイを目指していて、打率は3割ちょっととかで厳しいかもしれないが、頑張りたい」