【テニス】信州大に完封勝利!準決勝で慶大と激突

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本大学対抗王座決定試合◇2回戦◇対信州大◇愛媛県総合運動公園◇

○D1大野(菜)・鈴木2(6-0,6-0)0征矢・丸山
○D2中塚・中村2(6-0,6-1)0高輪・藤原
○S1沈2(6-1,6-0)0丸山
○S2鎌田2(6-4,6-2)0征矢
○S3大野(菜)2(6-4,6-0)0高輪

○ 関大5-0信州大

1年間の集大成である王座がついに開幕。鎌田琴衣主将(社4)率いる女子チームは、信州大との初戦に臨んだ。ダブルスを2連勝で終えると、シングルスでも全選手が実力を発揮し、5-0で完封勝利。準決勝へ駒を進めた。

D1には全日本インカレ以来の出場となった大野菜々子(社3)・鈴木理子(文2)組が登場。試合序盤こそ硬さからミスする場面も見られたが、すぐに修正する。高校時代から互いを知るだけに、不安は一切なし。約1カ月半のブランクをものともせず、2セットとも6-0で奪う圧巻の内容で試合を制した。

D2は夏関を制した中塚桃子(人3)・中村天音(文1)。第1セットから打ち合いとなり、何度もデュースにもつれ込む。だが要所できっちりと得点し、大量失点は許さない。第2セットでは先にゲームを奪われるも、そこからギアを上げ、フォアハンドストロークを軸に責め立てる。セットカウント2-0でストレート勝ち。ダブルスを2連勝で飾り、シングルスへつないだ。

シングルスで1番最初にコートに入ったのはS3の大野菜。第1セットは緩急の使い分けに苦心し、なかなか調子が上がらない。それでも強さを発揮しこのセットを奪うと、「セカンドでは修正できた」。相手のショットのコースを読み、的確に対応。第2セットはベーグルで制し、ダブルスに続くストレート勝ち。この時点で3勝0敗となり、チームの勝利を確定させた。

S2を務めたのは主将の鎌田。序盤からゲームの奪い合いとなり、一時は2-3と先行を許す。だがここで崩れないのが主将だ。2ゲームを奪い返し逆転すると、6-4で第1セットを制する。第2セットでは調子を取り戻し、終始安定した内容でストレート勝利。最上級生の意地を見せた。

S1に登場したのは沈清河(法4)。今年の個人戦では思うような結果が残せなかったが、リーグ戦からは好調をキープ。この日もストロークがさえ、ファーストセットを6-1で奪う上々の滑り出しを見せる。ここから1ゲームも落とすことなく、迎えたマッチポイント。沈が放ったサーブはサービスエースとなり、チームは5-0で完勝。幸先の良いスタートを切った。

「次につながる」と鎌田も納得の試合内容だった。準決勝では、慶大との対戦が決定。関東大学リーグ戦では、絶対王者の早大に勝利しており、一筋縄ではいかない強敵だ。悲願の王座制覇に向け、何としても勝利がほしい。今こそチーム全員の力を結集させるときだ。【文/写真:長尾洋祐】

▼鎌田
「ダブルスは確実に2-0で入りたかった。ミーティングではみんなに言ったけど、『出だしは5-0でいこう』というのを守ってくれた。目標通りだったから、次につながると思う。(大野菜・鈴木について)すごく良い内容だった。インカレ以来で、ブランクもあったと思うけど、短期間で頑張って調整してくれた。(次戦へ)慶大は一人ずば抜けた選手がいるけど、全体的には自分たちとほぼ同じ。自信を持って戦うことが大事。絶対に決勝に進む。ファイナルに行ったら初めてのことだけど、そうなって当たり前という気持ちで頑張ります!」

▼大野菜
「ダブルスはリーグで組んでいないペアだったけど、やることをきっちりと決めていたから、今できる最大限は出せたかなと思います。シングルスは、最初の方は緩急がはっきりしていなくて、相手の調子を上げてしまった。思ったより球際が強くて、攻め急ぐ時があったんですけど、セカンドからは修正できたかなという感じです。コートの真ん中を上手く使って、ループ系のボールも生かしながらできました。相手のコースも次第に読めてきました。(次戦へ)シングルスもダブルスも勝ちにいかないといけないし、絶対に2本取ります。実力を出せば勝てると思っている。インカレとは戦い方を変えて、絶対決勝に進みます」

▼鈴木
「ダブルスは全く違和感がなかったです。コンビネーションもしっかり取れていました。練習もほとんどしていなかったけど、大丈夫でした。インカレもベスト4で、引っ張ってくれた菜々子さん(大野菜)に感謝です。今日も菜々子さんについていきました団体戦は初めてで、今回サポートしてくれる仲間の気持ちがよく分かりました。リーグ戦では出番がなくて悔しかったけど、練習して、今回チャンスをいただけた。緊張はなかったし、楽しめました。(内容は)6-0、6-0だったので、正直そこまで悪いところはなかったかなと思います。準決勝では、多分インカレで負けたペアと戦うことになると思うけど、しっかり分析して、絶対リベンジを果たします!」