【準硬式野球】同大に力負け 苦しい秋が続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ第3節◇対同大1回戦◇10月10日◇南港中央野球場◇

同大024 002 011=10
関大100 011 000=3

(同)鈴木、小川、小崎-善田、池田
(関)増田、土居、清水―庄中

1(中)髙品
2(二)三川
3(遊)東條
4(指)鈴木
5(左)松本航
6(三)今井
7(一)三ツ野
8(捕)庄中
9(右)吉田
先発投手 増田

ここまで1勝5敗と、苦しい戦いが続く関大準硬が今節で迎えたのは同大。全国優勝も経験する強豪チームとの初戦は、相手の猛攻を止めることができず、流れをつかみ切れないまま敗北となった。

先制は関大だった。切り込み隊長の髙品吉弘(経3)がヒットで出塁すると、犠打で得点圏へ。そして、4番鈴木成大(安全2)がバットで魅せる。振り抜いた打球は右方向へ転がり、全力で駆け抜けた鈴木は三塁へ。スタンドからは祝福の声が上がった。


△髙品


△鈴木

今季何度も力投を見せてきた先発の増田紳吾(情1)は、この日はあまり調子が乗らない。先頭打者にいきなりヒットを打たれると、打線がつながり2死二、三塁のピンチに。そこはなんとか抑えて失点こそ免れたものの、それ以降は制球が乱れ、2回と3回で6点を失う。


△増田

2番手で左腕の土居凛月(政策3)がマウンドへ。5回には三者凡退で同大打線を封じるなど、安定したピッチングを見せた。


△土居


△清水亮佑(シス理2)は7回から登板

失点を取り返したい関大打線だが、点差を詰められない。5回には髙品の当たりで、6回には松本航太(安全2)のタイムリーで1点ずつ獲得するものの、その度に突き放される。


△髙品


△松本航

同大の背中は遠かった。最後まで点差を詰め切らないままゲームが進み、あっという間に試合終了。流れをつかめず、力負けとなった。

真っ暗なトンネルの中で、光を探し続ける。あまりに苦しい新チームの出だしとなってしまったが、ここで立ち止まるわけにはいかない。何度も逆境を経験してきた関大準硬なら乗り越えられるはずだ。【文/写真:松山奈央】

▼三ツ野龍侍主将(経3)
「勢いはあるが、相手の力に負けている。要所で相手に上回られて、気持ちで負けるのがいつも通りになってしまっている。一度原点に戻って、全力プレーで一つ一つのプレーを詰めていく。ピッチャーなら一球一球、バッターなら一本一本を大切につなぐ。エラーが足を引っ張るという、エラーの重みを意識して、気持ちでも負けないようにやっていきたい」