【準硬式野球】強豪立命大と競るも、粘れず敗北

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ第3節◇対立命大2回戦◇10月4日◇大阪シティ信用金庫スタジアム◇

立命000 010 112=5
関大200 100 010=4

(立)二宮、卜部―藤岡、笹部
(関)増田、前川―庄中

1(中)髙品
2(二)三川
3(遊)東條
4(指)鈴木
5(左)松本航
6(捕)庄中
7(一)三ツ野
8(三)今井
9(右)吉田
先発投手 増田

強豪・立命大との一戦。1回戦が雨で延期になったためこの日が立命大との初戦となった。先制は関大。先発の増田紳吾(情1)は、追い上げられながらも粘りのピッチングを見せるが、リリーフが攻められ逆転。苦すぎる黒星となった。

初回、関大はすぐに攻撃を開始した。先頭打者の髙品吉弘(経3)が内野安打で出塁。犠打と四球で得点圏に進むと、5番松本航太(安全2)のタイムリーで2点を手に入れる。


△髙品


△松本航

さらに4回には、初回にタイムリーを放った松本航がエラーで出塁。同じく死球や犠打で着々と進み、8番今井怜央(人1)の右方向への当たりでホームイン。この時点で3点リードとした。


△松本航


△今井

しかし、立命打線も黙ってはいない。それまで無失点の投球を披露してきた増田だが、中盤の5回に走者を背負うと、タイムリーで1点を返される。さらに、エラーが絡んで7、8回にも1点ずつ失点。取っては取られての攻防が続き、8回終了時には4-3の1点差にまで迫られていた。


△増田

粘りのピッチングを続けてきた増田は8回をもって降板。2番手に、前川一輝(人2)がマウンドを引き継いだ。

なんとしても1点差を守り抜きたい大事な場面だったが、立命大の誇る打線はそう簡単には抑えられない。9回表、連続ヒットですぐに得点圏にランナーを背負うと、まさかの押し出しで同点に。さらには、代打・西本に犠牲フライを放たれ勝ち越しを許す。

その裏、なんとしても逆転したい関大だったが、途中出場の卜部に三者凡退で抑えられ、試合終了。前半こそ関大優勢のゲームだったが、強豪校の意地を見せ付けられた。

また、延期となっていた立命大1回戦は10月6日に行われ、4-8で敗北。ヤマ場であった立命大戦を勝ち取ることはできなかった。残すのは、同大戦と関学大戦の2節。関大らしい戦い方で、残る試合で必ず勝利を収めたい。【文:松山奈央/写真:勝部真穂】

▼三ツ野龍侍主将(経3)
「勝てる試合やった。僕たちがミスして僅差で負けてしまった。練習不足かなと思う。日曜にも試合があるが、その時には。今日は最後、緊迫した中でエラーが出たりした。そういうところをもっと詰めて日曜日臨めたらなと思う。(立命大に対して意識したことは)最初はエースで絶対に来ると分かっていた。そのピッチャーは攻略して、2点先制できたのでそこは良かった。でも、途中で出てきた左のピッチャーに対しては全然太刀打ちきできていなかった。ピッチャーをもっと分析をしていきたい。(雨天延期の影響は)なかった。(チームの雰囲気は)全然悪くないし、全員が勝とうと思ってやってる。そこは全然問題ないと思っている。でもやっぱり、普段の練習の詰めの甘さが出てきているので、もっと練習を詰めてやらなあかんなって思う。(次戦に向けて)日曜はまた立命館。相手はどんなピッチャーで来るかわからないが、僕たちがやれることは一つなので。一つ勝つことを目指して頑張るだけ。全員が同じ目標に向かって頑張っていくだけです」

▼増田
「(調子は)ブルペンではそんなに良くなかったが、マウンドに立つと応援とかもあって、キャッチャーは庄中さんで投げやすいので、上がっていった。阪大さんも神大さんも強いが、やっぱり立命大が今までの3チームの中で一番力あるチームだと思って。意気込みは今回が一番あった。(雨の影響で試合が1日ずれたが)投げることは変わりなかったので、とにかく準備だけはしておこうという感じだった。(関大が先制したが)3試合の中で先制取ってくれたのが初めてだったと思う。気持ち的には一番楽に投げれた。(今後の意気込みは)まだ僕が投げた試合で勝ててないので、まず1勝。自分が投げてチームが勝てるように頑張っていきたい」