【野球】執念で延長戦制し、3つ目の勝ち点つかんだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第5節◇対同大3回戦◇10月4日◇南港中央野球場◇

同大000 000 010 0=1
関大010 000 000 1x=2x

(同)髙橋恭―栗林
(関)高野、香川―久保田拓

1(中)安藤大
2(三)久保田有
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(左)吉川
7(二)坂之下
8(捕)久保田拓
9(投)高野

延長の10回裏、途中出場の里泰成(情4)が、内野ゴロかと思われた当たりを俊足でヒットにし、逆転のランナーとして出塁に成功。1番安藤大一郎(経2)、代打・関本英実(政策4)も連続バントで執念を見せると、無死満塁の絶好機で打席に向かうのは、この日4打席無安打の上神雄三(法1)。持ち前の打撃センスで幾度もチームを救ってきたスーパールーキーに全てが託された。


△里


△安藤大


△関本

同大エース・髙橋を見つめ、2つのボール球を見送る。そして選んだ3球目。全力で振り抜いた白球はセンター方向へ。「(感触は)良くなかった。それでもいいところに落ちてくれた」。上手い場所に落ちた打球で、里がホームベースを踏むと、今か今かと痺れを切らしたチームメイトがベンチから飛び出す。延長戦に及ぶゲームを、劇的サヨナラで勝ち取った瞬間だった。

1回戦で快勝を収め、2回戦は雨の中敗北を喫して迎えた3戦目。春にサヨナラ負けで勝ち点を献上している苦い相手から勝ち点を奪えれば、ヤマ場である近大戦へ弾みを付けられるだけに、必ず勝ち取りたい試合だった。

リーグ最多の4勝を挙げている高野脩汰(商3)が先発マウンドに立つ。2日前の1回戦では不調を訴えた左腕は、この日も先頭打者に四球を与えるなど、なかなか思うような投球ができない。それでも、ランナーを背負いつつも無失点で抑え、スコアボードに0を刻む。

苦しむ高野を救う先制点を挙げたのは2回のことだった。4番野口智哉(人2)がヒットと犠打で二塁へ進むと、6番吉川周佑(経3)の右前打でホームイン。しかし、後が続かず、得点できたのは1点のみ。その後も、出塁こそするものの、あと一打が出ず、1-0のまま試合が進む。


△吉川


△野口

ゲームが動いたのは8回表、同大の攻撃。エラーも絡み、三塁まで走者を許すと、3番小川が空振りした球を取りこぼし、振り逃げされる。さらに、その間に三塁ランナーがホームに突撃。試合終盤での痛い失点で同点に並ばれたものの、続くピンチは連続三振で切り抜けた。

最終回を終えても1-1のままスコアは動かず、今季初の延長戦に突入。9回から登板の香川麗爾(れいじ=文2)が、安定したピッチングで10回表を無失点で抑えると、その裏、関大打撃陣の意地の出塁と上神のサヨナラタイムリーでなんとか勝利。3つ目の勝ち点を手に入れ、「最後よく粘った」と早瀬万豊監督もチームを称えた。

スタメンこそ下級生中心であるものの、ベンチで控える4年生の存在の大きさが光った試合となった。松島恒陽主将(人4)も、「苦しくなった時に4年生が出てチャンスをつくっていた」と振り返り、まさに全員で戦い抜いてつかんだ勝ち点だった。

次節では、昨年の神宮大会出場校である近大を迎える。第5節終了時点では、勝ち点こそ同じ3だが、勝率では関大を上回るため、なんとしても直接対決を制したい。聖地神宮へ続く険しい道のりは、まだ終わらない。【文:松山奈央/写真:中西愛】

▼早瀬監督
「最後よく粘った。高野があの流れで1点で止めたのが大きい。香川もゼロに教えて、しのいでくれた。ギリギリだったのかもしれないが、役目を果たしてくれた。バッテリーミスもあってチャンスを広げた部分は修正しないと。4年生が先発で出ていない中でも、しっかりとした選手ばかり。次の近大戦が大きなヤマ。その前に流れを作りたかったから、勝ち点を取れたのは大きい。近大は打撃がいいから、ロースコアに持ち込んで粘り勝ちたい」

▼松島恒主将
「ピッチャーを援護できなかった。同大は春にサヨナラ負けしている。やり返すことができた。延長戦はベンチも出て行きそうなくらい勢いに乗っていて、負ける気がしていなかった。苦しくなった時に4年生が出てチャンスを作っていた。下級生中心のチームだが、4年の力が必要になる時が必ずある。それが発揮できたゲームだった。ミスしたら自分たち4年生がカバーして、下級生にはのびのびとやってほしい」

▼上神
「(最終打席は?)4回生がつくってくださったチャンスで、ノーアウトだったので、最悪自分でアウトになっても、次の野口さんが返してくださるっていう楽な気持ちで打席に入ることができた。いい当たりではなかったが、いいところに飛んでくれた。それまで高めに手を出していたので、監督さんからは『低く低く』という風に指示があった。(打った感触は?)良くなかった。詰まって、今でも手が痛い。それでもいいところに落ちてくれた。春に負けていた同志社相手にサヨナラで勝てたことは、チームとしても勢いづくと思うし、次節に向けていい流れができたのではないかなと思う。(次節に向けて)近大は春2連敗して悔しい思いをしている。なんとしても勝ち点をとって、最終戦の関学戦でいい方向に持っていきたい。(自分の役割は?)自分で打って、後ろの野口さんにつなぐことと、チャンスで打って打点を挙げてチームに流れを持ってくること」

▼里
「夏に肩を怪我して、メンバーと一緒に練習ができなかったので、自分としてはすごく焦った。それでも準備してきた。試合出たいという気持ちはあるが、チームが勝つことが1番。その中で、自分ができることをしっかりやりたいと思っている。(10回に打席に立ったときは?)自分たちは後攻だったので、とりあえず自分が出たら何か変わるかなと思って、出ることだけを考えて行った。自分には足しかないので。自分たちの代もメンバーに入っていて試合に出ていない子が多い。そういう選手がしっかり準備しているのを見てきたので、自分もその思いに答えられるようにやったし、そういうのを見ていた上神とか下回生が最後決めてくれたので嬉しかった。ただ、本当に嬉しい気持ちはあるが、まだここから。優勝を決めて、いま頑張っている4回生、メンバーに入っていない子もいるし、そういう子たちに喜んでもらえるように、自分がやることはちゃんとやりたい」

▼関本
「転がしたらなんとかなる。里だからなんとかなると、4年間仲もいいし、足の速さも信頼していた。打った時は一瞬ヒヤッとしたが、相手のミスもあった。プレッシャーのかかる場面だったが、チームに貢献できたのは素直に嬉しい。4年生がなかなか出ていない状況だが、何か力になれれば。近大戦は大事な試合になる。みんなで一丸となってやっていきたい」

▼香川
「「やるしかない、という感じだったので、特に何も考えてなかった。ベストではないが、必要最低限、勝てるピッチングができたんじゃないかなと。(ほかの選手から何か声掛けは?)ずっと『ナイスピッチ』と、あの展開で投げて抑えたことに対して。守備にも何個か助けてもらった。ありがたかった。(登板については?)同志社戦が始まる前から、監督とはずっと話をしていた。絶対こういう競っている、勝ってても1点、2点とか。高野さんがああいう状態なので。ずっとあると思っている。まだ終わっていない。気持ちだけは切らさず。なんとかなるという気持ちで。できれば自分が先発して、2戦目とか投げていきたいが、自分がそういう立場ではないので、やれることを目一杯やる」