【ソフトボール】リーグ初戦は引き分けに。次戦は勝利をつかみ取る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回秋季関西学生リーグ戦1戦目◇対阪大◇9月29日◇サザンスタジアム

1(遊)粟井
2(左)吉野
3(一)中岸
4(捕)鈴木
5(指)髙濱
6(右)尾崎
7(投)辰巳
8(中)忽那
9(三)藤井
FP(二)吉田

(阪)高橋-畠
(関)辰巳、杉本-鈴木

阪大001 111=4
関大001 030=4

今春、リーグ優勝を果たしたソフトボール部。9月初旬に全日本インカレを終え代替わりし、中岸健登新主将(経3)率いる新チームはリーグ初戦で阪大と戦った。新体制になり初の対外試合で、「緊張感もあり、思うようにプレーできなかった」(中岸主将)と、白星発進とはならなかった。

マウンドに上がったのは、エース・辰巳大樹(情2)。投球が安定せず、1、2回ともに得点圏までランナーを進めてしまうが、なんとか無失点で切り抜ける。一方、攻撃では相手投手の緩急をつけた投球に苦しめられ、三者凡退が続いた。


△辰巳

3回表、4番打者に単独本塁打を打たれ、先制点を奪われる。しかし、その裏、1番粟井朋弥(環境3)のセンター前ゴロにより、先に出塁していた忽那崇幸(人3)が二塁から一気にホームへ。すぐに試合を振り出しに戻した。


△粟井

しかし、4、5回とエラーが絡み、相手に1点ずつ奪われ、3-1とリードを許す。そんな時でも持ち前の明るさで、全員で声を出し、盛り上げ続けた。それが功を奏し、流れは関大へ。相手のエラーが続き、2点を返し、同点に追いつくと、さらに、1死二塁から2番吉野翔太(社2)のライトゴロで藤井浩貴(経2)がホームイン。1点を追加し、勝ち越しに成功した。


△藤井


△吉野

そのリードを守り切りたいところだったが、そうはいかなかった。辰巳が先頭打者に出塁を許してしまう。ここで調子が上がらない辰巳に代わり、杉本優太(安全1)がマウンドに上がった。大事な場面でマウンドを任されたルーキーが三振を奪い、アウトカウントを1とする。しかし、その後、守備がバタつき、進塁を許す。1死二塁としたところで、7番打者にセンターゴロを打たれ、二塁ランナーがホームに帰還。再び同点となり、関大の最後の攻撃を迎えた。

辰巳と忽那が出塁し、無死二、三塁のチャンスを作るも、勝利を決める一本が出なかった。春リーグではコールド勝ちした相手に引き分けに終わり、白星はお預けとなった。次戦まで一週間と時間はないが、練習に励み、必ず勝利をつかみ取る。【文:遠藤菜美香/写真:高木満里絵】

▼中岸主将
「新チームにはなったんですけど、先輩が1人だけで守備が変わったりとかはあんまりなかった。雰囲気自体は悪くはなかったけど、対外試合がこれが初めてで、緊張感もあって、思うようにプレーできなかった。ピッチャーも球が走ってなかったんですけど、カバーしきれなかったのが敗戦の原因かなと思う。でも、普段、僕たちは先制したら勢いに乗って勝つことが多いんですけど、逆に相手に先制されると負けてしまうっていうところで、途中で逆転できたのは今までにほとんどないので、取り切れたのは良かったと思う。ベンチのみんなも盛り上がって、点を取りに行こうとしていた。初めてやる相手ではなくて点を取れるイメージはあったので、「負けんとこう」と思ってプレーしていた。(次戦に向けて)今日は引き分けてしまったけど、まだ優勝の可能性はあって、春は勝っているので、2季連続優勝を目指して頑張ります」