【準硬式野球】「やっと勝てた」待望の今季1勝目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ第2節◇対神大2回戦◇9月27日◇大阪シティ信用金庫スタジアム◇

神大200 000 0=2
関大600 000 3x=9x

(神)窪田、今岡、東野俊―吉川
(関)前川、清水―庄中

1(中)髙品
2(遊)三川
3(一)三ツ野
4(指)鈴木
5(左)松本航
6(捕)庄中
7(右)田中
8(二)野村
9(三)今井
先発投手 前川

「やっと勝てた」。試合後、選手たちは安堵(あんど)の表情を浮かべた。悪夢の開幕3連敗を喫し、7回サヨナラのコールドで、ようやく待望の勝利をつかんだ。

先発投手は、大学初先発の前川一輝(人2)。同じく県立加古川北高出身である捕手の庄中亮太(政策3)との「加古北バッテリー」で、不調からの脱出を狙った。

神大先頭打者・高田に初球を捉えられると、後を止められず、初回から簡単に先制を許す。「緊張はなかったが、ずっとフワフワしていて地に足がついていなかった」。四球やミスがありながらもなんとかアウトを3つ取り、2失点で堪えた。

早いうちに逆転したい関大打線。1回裏、2番三川竜平(商3)がヒットで勢い付けると、4連続安打と2つのエラーで、なんと6得点。相手の隙も見逃さず、気を緩ませることなくチャンスを狙い、打者一巡の猛攻ですぐに勝ち越しに成功した。


△三川


△鈴木成大(安全2)


△庄中

その後は、出塁こそするものの、なかなかホームが遠かった。しかし、リードを守るべく先発の前川が力投を見せる。コントロールに苦しみながらも、バックの守備と息の合ったプレーを披露。毎イニング得点圏に走者を許しながらも、本塁は死守し続ける。初回以降は無失点とし、前川は5回をもって降板。「加古北バッテリー」はその大役を全うしたのだった。


△二塁手・野村勇人(安全2)


△右翼手・田中寿和(情2)


△一塁手・三ツ野龍侍(経3)

6回以降は、リーグ戦初登板の清水亮佑(シス理2)がマウンドを引き継ぐ。6回に三塁までランナーを許す緊張の場面をなんとかしのぐと、7回は三塁手・今井怜央(人1)の好守による鮮やかなダブルプレーもあり、しっかりとホームベースを守り抜いた。


△清水


△今井

さらに点差を広げたい打線だが、初回以降は決定打が出ない。ゲームが再び動いたのは、2点差のまま迎えた終盤の7回裏のこと。5番松本航太(安全2)が左中間への特大の三塁打を放つと、代打西本有希(情1)のタイムリーでまずは1点。


△西本

7回コールドの条件の7点差まであと2点の中、状況は2死満塁。一打サヨナラの大チャンスで打席に向かったのは、前日に好調の様子を見せた2番三川だった。1球目を見送り、振り抜いた2球目。リラックスして放った打球は、左中間を切り裂いた。「打ったらコールドとは考えていなかった」と、夢中で二塁まで駆け抜けると、ベンチから飛び出したチームメートに笑顔で迎えられる。「バッティングキャラじゃない」男の劇的サヨナラタイムリーで、待望の1勝目を手に入れた。

長く暗いトンネルに、ようやく一筋の光が差した。しかし、厳しい戦いはこの先に待つ。次なる相手は、強敵・立命大。さらに、その後には同大、関学大と、手強い私立校が待ち受けている。この1勝に気を緩めることなく、死力で戦い抜く。昨季王者の逆襲は、ここから始まる。【文:松山奈央/写真:松浦智】

▼三ツ野主将
「やっと勝てた。ここから勢いに乗りたい。ここで緩めたくはない。実力では相手に劣っているから、気持ちの面で相手に勝つ。一試合一試合、一球一球を大切に戦っていきたい」

▼前川
「緊張はなかったが、ずっとフワフワしていて地に足がついていなかった。でも周りの人の声が聞こえて、そのおかげで踏ん張れた。どの回もしんどかったが、バックが支えてくれたおかげで最後まで投げ切れた。先発登板を知らされたのは前日。動揺はあったが、ゲームを経験してどんどん投げないと。ピッチャーのけがが多くて、しっかり投げれる人が少ない中で自分が選ばれた。切り替えるための初勝利を目指してやっていった。内容としては全然良くない。初回に打たれたが、その後抑えられたのは自信になった。修正してまた次も投げたい。チームが勝てばそれでいい。自分のことよりも、チームのためのピッチングを。勝ちを重ねられるよう、勢いづけるピッチングがしたい。(バッテリーについて)庄中とは高校でも公式戦では組んだことがない。一番信頼できるピッチャー。肩が強いし、盗塁も刺す。ピンチで声を掛けてくれるから、気が楽になれた」

▼三川
「チャンスには全然強くない。打ったらコールドとは考えていなかったから、全力疾走で、髙品を追い越しそうになった(笑)。セカンドを回った時に、前の人がゆっくり走ってるのを見て『コールドか!』と気付いた。あまり意識しすぎず、集中できた。ピッチャーの足元に強く打つことを意識している。(今節からのスタメン入りについて)夏から頑張ってきたけど、メンバーは外れて、でも声出していたのとかを評価してくれたのかなと。バッティングキャラじゃないから、バントとかで頑張らないと。1回生はリーグで勝つことをまだ知らなくて、負けてばかりで楽しくなかったんじゃないかと思う。やっと勝てて良かった。試合前から、今日から7連勝と言っていた。あと6試合、気を引き締めていきたい」

▼髙品
「(好調の要因は)試合前の準備がしっかりできて、いい緊張感で試合に臨めているので。ピッチャーの対策もしっかりできているのがいい結果につながっていると思います。(先頭打者として意識していること)今節に関しては、とにかく流れをこっちに持ってこようという意識はありました。あとは、2アウトランナーなしで打席が回ってきた時も、粘り強く塁に出ることを意識してやっていました。(今日の出来は)個人としては、最後にもう1本、勝負所だったので打ちたかったんですけど、全員がつなぐ意識を持ってできたというのは勝利につながったと思います。(今後について)課題は最初に点を取った後とか、ピッチャーのテンポとかはまだまだやと思うので。次から私学が相手になってくるのでそういうところもやっていかないと、勝てないと思うので、しっかり練習でこの1週間でどう変わるかはわからないが、意識してやっていきたい。ずっと1番で出してもらっているので、とにかく得点に絡む。何点でもいいから得点に絡むことを意識してやっていきたい」