【ソフトボール】好調打線で龍大戦も快勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回秋季関西学生2次部別リーグ第1節◇対龍大◇9月29日◇武庫川女子大学総合スタジアム◇

龍谷000 000 2=2
関大200 040 X=6

(龍)田原、本郷、佐々木、大津―高根
(関)萩森、杉本、髙井―日吉

1(二)今橋
2(遊)佐々木
3(左)佐伯
4(右)福嶋
5(指)石橋
6(一)鎌塚
7(三)森
8(捕)日吉
9(中)田平
FP(投)萩森

この試合も、好調打線が勝利を導いた!初回と5回に打撃陣が奮起。計6得点で2戦連続の快勝を収めた。

この日の先発マウンドを任されたのは、萩森ちひろ(人4)。今季2度目の先発登板となった最上級生は「スタートはいい感じに切れた」と、第2節での立ち上がりの反省を生かす好投を披露。2回には長打を浴びたものの、守備陣と息の合ったプレーで得点を許さない。

2番手にコントロール抜群の杉本樹菜(人4)、3番手に球威を誇る髙井菜々(人2)が登板。この継投策が功を奏し、6回まで無失点でつなげる。最終回の7回こそ、守備の粗が出て2失点となるものの、投手陣は最後まで不安を感じさせないピッチングを行った。


△杉本


△髙井

好投を支えんと、バッター陣の勢いはこの日も止まらない。前日に6-2と立命大を圧倒した打線が、またも奮起する。初回、先頭打者の今橋この実(情4)が右越打で二塁まで進むと、犠打や四球で後ろがつながる。


△今橋


△佐々木明莉(人1)

そして、今季大活躍のルーキー・福嶋七彩(人2)の右翼線ギリギリの打球で今橋がホームイン。さらに、1死満塁と続く絶好機で6番鎌塚玲美(人2)がセンター方向へ犠牲フライを放ってもう1点。2試合ぶりにスタメンに返り咲いた強打者が期待に応えた。


△福嶋


△鎌塚

その後も、コンスタントに安打を放つが、なかなか得点には結びつかないまま迎えた5回。このイニングでも先頭の今橋が、四球を選択すると、相手のミスに漬け込みながら次々進塁。2番佐伯瞳(社4)の打球がタイムリーエラーを誘って追加点を挙げると、6番鎌塚、7番森香央理(人2)、8番日吉里香(人2)と下位打線がつながり、この回4点を挙げた。


△佐伯


△鎌塚


△日吉


△石橋美奈(人2)

あと1点を取れば7点差で5回コールド勝利となったが、そこは本塁でランナーが刺され、かなわず。それでも、流れをつかむには十分なリード。全員がバットで勝利に貢献した。

納得のいく打線で今季4つ目の白星を勝ち取った。なによりも「関大らしい」プレーで勝利をつかめていることが自信につながっている。実力だけでなく、運や流れも味方につけて、満開の笑顔をグラウンドに咲き誇らせる。【文/写真:松山奈央】

▼今橋
「バットがよく振れてきている。練習や実戦でもロングが多くなってきて、ワンヒットで返せるようになってきている。それが試合で出せていた。捕手・日吉も工夫してリードしてくれて、どのピッチャーでも抑えられるくらいまできている。たまにの失投や甘さがもっと少なくなれば、ピッチャーの負担もなくなるのでは。色々なピッチャーが投げれるのはいいこと。それに、運もついている。その運を取りこぼさないようにすれば、ちゃんが広がるし、自分らのリズムに巻き込める。(自身について)春より調子は全然いい。春はオープン戦がすごく良くて、逆に力が入っていた。落ちるところまで落ちたから、開き直って気持ちを楽にいけている。1回もタイトルを取ったことがないから、狙っていきたい。(龍大について)春は嫌な負け方をしたが、特に苦手意識はない。調子に乗れている時だから、引けた気持ちはない。全日本インカレで1つになれた。あの試合で『自分らでもやれる。関西リーグを獲れる』と全員思ったはず。その強気な姿勢が練習や応援でも出ている」

▼萩森
「(第2節の)園田では立ち上がりが悪くて、そこは反省点だったから、初回はテンポ良くいこうと意識した。スタートはいい感じに切れて、初回に点も入って、いい形でつなげられそうと思えた。元々、継投と言われていたから、投げ切るよりはつなぐイメージでいった。龍大に悪いイメージはなく、みんなバッティングも良かった。相手どうこうというより、関大らしいプレーができたのでは。あと3試合、最後なのでやっぱり楽しんでいきたい。今までやってきたことをフィールドで出し切れるように」